>>レンジファインダー

2016年01月02日

カメラ修理 YASHICA LYNX-1000 ヤシカリンクス1000

こんにちは。

2016年が明けました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

修理の仕事はじめは6日からですが、年初めの更新をしてみました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



きょうは、YASHICA  LYNX-1000 です。

本機は1960(昭和35)年発売の露出計付き距離計連動レンズシャッターカメラです。

レンズはYashinon45mm/F1.8

シャッターはコパルSV、1/1000~1秒、シンクロ接点、セルフタイマー付き。

露出計はセレン光の定点合致式で、指針が中央に来ると適正を示します。

絞りリングとシャッター速度リングが連動するライトバリュー方式です。

なので露出値(LV値)一定で絞りとシャッター速度の組み合わせを変えることが出来ます。

もちろん連動距離計内蔵。



距離計内の部品欠落、各部不具合の修復を含めた、総合整備一式を行いました。

距離計ミラーの修復を中心にご紹介いたします。


image

トップカバーを外すと、黒くて丸く見えるのは露出計メーター。

そこから左側に出っ張っている部分は、トップから確認用の指針と、ファインダーに露出計情報を送る部分です。



image

シャッター、ヘリコイド、その他不具合修理のため、前板を取りはずしました。

この後、シャッターユニット、各リング類、摺動抵抗やコンタクト部分など各所の整備をします。



image

距離計内の欠落部品は、ミラーでした。

さらに悪いことに、中央から二つに割れていました。

とりあえず、透明な接着剤で直してはみたものの、ファインダー内の露出表示部真ん中に亀裂が見えてしまいNG。

新しく表面鏡を切り出して製作しました。



image

上側のは割れていた元のミラー。

下は同じサイズに切り出した表面鏡。保護用にフィルムが貼られていますので、それをマスキングに利用し蒸着部分を剥がす作戦です。

透明にする部分のフィルムをカッターナイフで切り、剥がします。



image

セリウムを、湿らせた綿棒に付け、その部分を気長に磨きます。



image

磨きにちょっとコツが要りますが、何とか同じものを複製することが出来ました。

上部の角状の透明部分は、露出計情報が透過するところです。

中央の小判形は距離計像の透過部分になります。



image

ミラーを組み込んで距離計の調整、露出計情報の見え方等を確認します。



image

露出計は抵抗体を入れ替え適正に。外装も磨かれて綺麗に仕上がりました。

まだまだ活躍できそうです。



次回機種は未定です。お楽しみに。





*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主
続きを読む

camera_repair_minoha at 22:00|PermalinkComments(2)

2013年07月20日

カメラ修理 MAMIYA PRESS UNIVERSAL BLACK

こんにちは。

きょうは、MAMIYA PRESS UNIVERSAL BLACK です。

本来、中判カメラは専門外でありますが、ファインダーを中心としたクリーニング/調整/モルト交換一式ということでお引き受けしました。

発売は1971(昭和46)年、BLACKボデイはこの機種の最終型です。
本機はレンズ交換式の中判(6×7)レンジファインダーカメラで、10種類余りの交換レンズが用意されていたそうです。
特徴は交換式のフィルムバックで、汎用ロールフィルムホルダー(6×4.5、6×6、6×9)、ピールアパート(引き剥がし)式ポラロイドフィルム用のホルダーはじめ、多彩なアクセサリがシステム展開されていました。

RIMG2161


RIMG2477

クリーニングのためにファインダーユニットを外します。
全てがおおづくりな印象(当たり前か)。


RIMG2478

コニカC35のファインダーユニット(手前)と比べたところ。かなり大きいです。


RIMG2480

100/150/250mm各レンズ対応のパララックス補正付きで、もちろん距離計も連動します。

普段35mmカメラに慣れていると、スケールの違いを思い知らされます。
それもそのはず、6×9判で35mmサイズの5.5倍弱(撮像面積比)だそうですから。


RIMG2479

ファインダー接眼部のレンズもご覧の通りのサイズ!
モルトの使用量もハンパないです(笑)


RIMG2165

ファインダーのクモリが取れなかったのが心残り。
付属の127mmレンズも分解/クリーニングしました。
交換レンズ毎にシャッターが付いていることも新鮮。

完成後、小さなPENと並べてみました。

 

次回機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 09:43|PermalinkComments(2)

2013年05月27日

カメラ修理 YASHICA ELECTRO35(ヤシカ エレクトロ35)

こんにちは。

きょうは、YASHICA ELECTRO35 です。

エレクトロ35は、1966(昭和41)年の発売。

「ロウソク1本の光でも写せるカメラ」と宣伝された、絞り優先EEのレンズシャッターカメラです。
ICを内蔵した国産初の電子シャッター(COPAL)を搭載しており、長時間の自動露光が可能でした。

エレクトロ35には多くの機種が存在しますが、本機はあまり見ない(個人の感想です)初期型です。
偶然でしょうが、このところなぜか本シリーズの修理依頼が多く、続いています。


シャッター不動修理を含めた、総合整備一式を行いました。

RIMG1990

レリーズダンパーの腐食は、エレクトロ35シリーズのウイークポイントですね。
本機も腐食して機能していませんでしたので、交換しました。


RIMG1992

シャッターユニットの整備を行います。
左下に見えるコイルが、露光時間を制御するソレノイドです。


RIMG2004

抵抗値の制御など摺動部分が多く、クリーニングとグリスアップを行います。


RIMG2021

ひと通り仮組みして通電したところ、オート露出が働きません。
各部点検ののち露出基板の不良と判断し、他機より部品を移植しました(左が良品)。
後期型の部品を使用することにより電子部品の信頼性がアップし、レリーズスイッチの摺動部も金メッキが施されたものとなり、まだまだ長く活躍出来そうです。


RIMG1980

外装も念入りに磨き上げました。



次回機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 12:22|PermalinkComments(0)

2011年10月04日

カメラ修理 Kowa KALLO35(コーワ カロ35)

こんにちは。

きょうは、Kowa KALLO35 をご紹介します。


RIMG0447

コーワとは、「コルゲンコーワ」や「ウナコーワ」でおなじみの、コーワ(現在の興和株式会社)です。

前身は繊維問屋でしたが、その後(現在も)総合商社として医薬品光学機器分野に進出、当時はカメラを製造していたんですね。(出典:ウィキペディアより)

なかなかレアなカメラではと思います。本来修理のお取り扱いをしていないメーカーですが、レンズシャッター機でしたので、全般整備をさせていただきました。



RIMG0448

シャッターはSEIKOSHA-MX。



RIMG0449

シャッター粘りの症状がありましたので、ユニットの点検・整備、シャッター羽根のクリーニングを行ないました。



RIMG0457

ファインダー周りが大変汚れておりクリーニングしましたが、ハーフミラーの蒸着がほとんど剥れていました。

距離計の二重像がほとんど判別できない状態でしたので、他機種からハーフミラーを移植することに。



RIMG0458

オリジナルのハーフミラー(斜めのガラス板)。厚みがあります。



RIMG0460

RIMG0461

交換したミラー。

サイズがかなり大きかったので、砥石で研ぎ出しサイズを揃えました。

これで見違えるように視界もバッチリ。

二重像も十分判別できるようになりました。



RIMG0486

レンズ、外装もクリーニングされて輝きがよみがえりました。



次回機種は未定です。お楽しみに。






*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

どうかご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主



camera_repair_minoha at 10:55|PermalinkComments(0)

2011年06月06日

カメラ修理 ヤシカ35

こんにちは。


さて今日は、Yashica 35 です。

DSCN1304


これは1958(昭和33)年に発売された、ヤシカ最初の35mmレンズシャッター式レンジファインダーカメラです。

お客様からのご依頼は整備一式。特にシャッターの「B」が不調でした。

DSCN1292

レンズボード取り外し。



DSCN1295

DSCN1296

絞り羽根は一部サビも浮いていました。

1枚1枚外して清掃します。



DSCN1298

リング類もできるだけ磨いてピカピカにします。



DSCN1300

この絞り羽根、組み直すにはチョッとコツがいります。

心を鎮めて。イライラしてると出来ません。



DSCN1299

DSCN1302

シャッター羽根も清掃。



DSCN1301

綺麗になったところで組み直し。



DSCN1293


DSCN1305

ファインダーもきれいになり、シャッター音も軽やかに復活しました。



次回機種は未定です。お楽しみに。





*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ご利用感謝「クーポン券」につきまして

当工房では現在、お客様のご利用に感謝し、修理代金割引「クーポン券」を差し上げております。

額面は¥1,000-で、1回の修理代金が10,000~20,000円未満ご利用で1枚、20,000円以上ご利用で2枚差し上げます。

ご使用は次回以降、修理見積り代金が10,000円以上の場合に限り、何枚でもご使用いただけます。

有効期限はありません。

どうぞご利用ください!(^_^)




ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 11:13|PermalinkComments(0)