オリンパスXA2

2013年10月17日

カメラ修理 OLYMPUS XA2(オリンパスXA2)

こんにちは。

1ヶ月以上ぶりの更新となりました。
あまり間が空きますと、同業から「廃業した?」と心配されてしまいます(笑)
せめて2~3週に一度と心掛けているのですが・・・


きょうは、OLYMPUS XA2 です。
XA2は1980(昭和55)年の発売。前年に発売された「XA」を、AE専用、距離計連動なしのゾーンフォーカスにして、誰でも手軽に使用できるようにした機種です。
デザインはXAそっくりですが、実は微妙に丸さが強調されています。

カラーバリエーションも用意され、ブラック以外にホワイト、レッド、ブルーの3色が選べました。


総合整備一式を行ないました。

1)ブザー断線

ブザー配線が、腐食により断線していました。
このような断線は、電池室に液漏れや腐食があると、その影響でよく起こる症状です。



RIMG0033

RIMG0034

距離計がないのでファインダー内はスッキリした構成です。
XAではガラス製でも、XA2では軽量化あるいはコストダウンのためが樹脂レンズに変わっている部分があります。(ロットなどにもよるかも知れません。)
接眼レンズに、過去の分解時に溶剤で拭かれたらしい拭き傷があり、磨き布で研磨しました。



RIMG0035

RIMG0036

ファインダー下の、電子基板。



RIMG0038

絞り兼用のシャッター羽根。



RIMG0039

撮影レンズも全て外してクリーニングしました。



RIMG0041

レリーズ感度が悪かったので調整し、ストロボ発光も確認しました。
なかなかオシャレな「アーバンホワイト」のXA2です。


次回機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 12:56|PermalinkComments(0)

2010年04月27日

カメラ修理 オリンパス XA2 其の五(最終回)

こんにちは。

OLYMPUS XA2の続きです。


DSC04651

ファインダーのレンズ類を丁寧にクリーニング。



DSC04652

ファインダーには、黄緑色のLEDが組み込まれています。

これは、スローシャッター時に点灯し、手振れを警告します。

ファインダー内の表示は、ブライトフレームと、このLED。

そしてストロボON時に見えるマークのみです。




DSC04637

AE露出のズレを適正露出に調整。

組上げて完成です。



DSC04655

DSC04653



次回からは、RICOH AUTO HALF S をご紹介する予定です。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました(^_^)


店主


camera_repair_minoha at 10:35|PermalinkComments(0)

2010年04月26日

カメラ修理 オリンパス XA2 其の四

こんにちは。

OLYMPUS XA2の続きです。


DSC04648

レンズベゼルと密着して、ボディー側に付着したモルトを除去します。




DSC04649

ベゼル部分を取り外し、劣化モルトを除去。

もちろんレンズも外してクリーニングします。




DSC04650

ベゼルに、新しいモルトを貼りこみます。

このあとファインダーをクリーニングすれば、メイン作業は終了です。



続きは次回と致します。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました(^_^)


店主


camera_repair_minoha at 10:30|PermalinkComments(0)

2010年04月23日

カメラ修理 オリンパス XA2 其の三

こんにちは。

OLYMPUS XA2の続きです。


DSC04643

あらかじめレンズを保護して作業します。

レンズ後玉をクリーニングする必要などがあるため、レンズボードを取り外します。




DSC04645

数ヶ所のハーネスのハンダを切り離します。




DSC04646

レンズボードが浮きました。




DSC04647

これで後玉ユニットに十分アクセスできます。

本体フレームとの間にあるモルトが、劣化してベトベトになっていますので交換の必要があります。



続きは次回と致します。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました(^_^)


店主


camera_repair_minoha at 10:58|PermalinkComments(0)

2010年04月22日

カメラ修理 オリンパス XA2 其の二

こんにちは。

OLYMPUS XA2の続きです。

XAの時にも感じましたが、樹脂製のカバー類は分解に結構気を遣います。

隠れたツメの位置などを、メモに残しておくといいですね。

最近は、樹脂を再生できる補修材もあるようですが。




DSC04641

レンズバリアー、フロントベゼル、トップカバーを外します。

スマートな筐体から露出したメカ部分が、キカイダーみたい(古いっ!)




DSC04636

中央のデンとした白いカタマリはファインダー。

白いのは要するに蓋ですが、裏側が黒い粘着シートになってます。

トップカバーからのハーネスは、レリーズボタンと電子ブザーのためのもの。




DSC04642

ファインダーを外しますと、可変抵抗器が複数組み込まれたプリント基板が現れます。

この辺はXAに比べると、かなり整理されている印象を受けます。

まあ、機能的にも部品点数は減っているわけですから当然ですけど。




続きは次回と致します。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、カメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

これは、皆様に代わって内部の構造などをご紹介するという趣旨でありまして、カメラの分解をお勧めしているわけではございません

また、当ブログの記事を参考に分解等された場合の不具合等につきましては、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承お願いいたします。

カメラの修理は、是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました(^_^)


店主


camera_repair_minoha at 10:45|PermalinkComments(0)