キヤノネット

2013年03月31日

カメラ修理 Canonet (キヤノネット)

こんにちは。


きょうは、Canonet(初代) です。

1961(昭和36)年に発売されました。

キヤノネットは、キヤノンの35mm判レンズシャッター機シリーズです。

初代機は、さすがに時代を感じさせる外観で、以降のQL機などよりサイズもひと回り大型です。

レンズ周囲のセレン用レンズや、底部の巻上げレバーが特徴ですね。


全般整備一式を行いました。

RIMG1466

レンズボードの、本体からの分離は容易ですが、シャッターユニットとその前側は機構的につながっており、注意が必要です。


RIMG1474

シャッター羽根や絞りに粘りがありましたので、分解・洗浄いたしました。


RIMG1479



次回機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 12:24|PermalinkComments(0)

2009年12月26日

カメラ修理 キヤノン キヤノネット 其の四(最終回)


こんにちは。

Canonet の続きです。

ファインダーやレンズ、カメラ内外装のクリーニングと並行し、鏡筒ユニットの点検、調整をします。

DSC04263

絞りに粘りがあったため、洗浄を行ないました。

また、シャッターのスロー側不調のため、スローガバナを取り外し、洗浄のうえ注油し、調整しました。

DSC04264

DSC04265

取り外したスローガバナ。

腕時計の中身を見るようです・・・・・原理は同じですから。

特に錆びなど認められなくても、不調で直らないと交換しかありません。

良品部品のKEEPは、どれもなかなか大変です。


DSC04254

さて、修理が完了、見違えるようにきれいになりました。

お客様からご要望のあった、取説をコピーして差し上げました。

たまたま手元にありましたが、当時の取説も全て揃えるわけにもいきません。

当店では、修理依頼時にご希望があれば、基本的な使い方の説明程度ですがお付けするようにしています。


続きは次回と致します。



*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 10:20|PermalinkComments(0)

2009年12月25日

カメラ修理 キヤノン キヤノネット 其の三

こんにちは。

Canonet の続きです。

DSC04257

鏡筒ユニットを外した状態。

メカニズムは非常にシンプルで、目で追うことが出来ます。


DSC04261

ファインダーには、パララックス矯正機構が付いていますが、鏡筒距離環に連動してブライトフレーム枠がナナメに上下する仕組みです。


DSC04262

ファインダーは、各レンズをクリーニングすることで非常にクリアーになりました。これでお客様にも喜ばれると思います。

ファインダーはハーフミラーの腐食さえなければ、クリーニングでかなり甦らせることができます。

二重像合致の調整は、本体に仮組みしてからとなります。


続きは次回と致します。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 10:10|PermalinkComments(0)

2009年12月24日

カメラ修理 キヤノン キヤノネット 其の二

こんにちは。

Canonet の続きです。

DSC04255

まずトップカバー、ボトムカバー、張り皮を外します。

このあとファインダー、鏡筒(前板ごと)を外します。

幸いにしてセレンの起電は正常、レンズもひどいカビはなかったのですが、鏡筒に分解された痕跡があり、一部ネジも紛失、鏡筒ガタツキの原因だったようです。

DSC04342

DSC04341

ユニットの裏側です。

レンズ右にあるバー状のレバーが、シャッターレリーズと連動します。

レンズ下のレバーはシャッターチャージで巻上げに連動します。

レンズ右上のしゃもじ状のレバーは鏡筒のシャッタースピード環と連動し、AUTO時にメーター指針位置を機械的に読み取って絞り値を変化させ、同時にファインダー内に絞り値を表示させます。


DSC04256

メーターの針と、その位置を読み取る機構部。


当時のカメラの機械的なカラクリは、とても良く考えられていていつも感心させられます。

ブラックボックスじゃないところがいいですね。



続きは次回と致します。




*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 10:00|PermalinkComments(0)

2009年12月22日

カメラ修理 キヤノン キヤノネット 其の一

こんにちは。

今日は Canonet をご紹介します。

このカメラは、レンズシャッター機としてコストを大幅に下げて開発され、当時2万円を切る低価格で発売されました。

懐かしく思い出される方も多いのではないでしょうか。

DSC04254

シャッタースピード優先の完全自動露出EEでしたので、誰でも気軽にパチパチ撮れました。

セレン式ですから電池いらず。

そして立派な距離計連動式です。

トップカバー上がとてもスッキリしています。


DSC04258

何といっても特徴は、底部に付いたこのトリガー式巻上げレバー。

右手でカメラをグリップし、左手で巻上げる仕様。

ファインダーから目を離さず巻上げることが出来る、速写性を追及したとか。

そのためフィルムの装填が普通とは左右逆になっています。

しかし使ってみると、意外と違和感ありませんでした。


DSC04259

では簡単に諸元を。

発   売   :1961(昭和36)年

レ ン ズ   :キヤノンSE45mm/F1.9

シャッター   :コパルSLV B、T、1~1/500秒、セルフタイマー付

絞    り  :AUTO、マニュアル切り換え可(F1.9~16)

ファインダー :二重像合致式連動距離計兼用のパララックス自動矯正式

フィルム感度 :ASA10~400

巻 上 げ  :左手用100°回転、底部トリガーレバー

カウンター  :自動復元式

寸    法 :140×78×64mm
 
重    量 :700g




お客様のご依頼は、シャッター不動、鏡筒ガタつき、レンズ/ファインダー汚れ等でした。


続きは次回と致します。




*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 11:15|PermalinkComments(0)