ASAHI

2009年11月20日

カメラ修理 アサヒペンタックス ES 其の四(最終回)


ASAHI PENTAX ES の続きです。

先回ゴソッと外したプリズム周りを分解します。

指針を傷めてはいけないのでメーターを初めに外しておきます。

DSC04167


次にスクリーンとコンデンサー(集光レンズ)を収めた枠を外します。

スクリーンのクリーニングは、ミラー側から取り出せる機種以外ではここまでバラさないと清掃出来ないわけです。

これ以降の機種では、コンデンサーがプリズムと一体になってきますので分解も少し楽になります。

DSC04168

開けてみると・・・・・緩衝材のスポンジがボロボロベトベト状態。

丁寧にはがして薬剤でクリーニングし、新しくモルトを巻きます。

この手のスポンジは古いペンタックス系に多く見られますが、プリズムとボディーの緩衝に使われているものは無理に剥がすと蒸着を剝がしてしまうので注意が必要です。

本機は、外も中も特にひどい汚れも無く、大切に使われていたことが分かりました。


さて、次回機種は未定につきお楽しみに。




*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 12:01|PermalinkComments(0)

2009年11月19日

カメラ修理 アサヒペンタックス ES 其の三


ASAHI PENTAX ES の続きです。

トップカバーを外しますとこんな様子です。

シャッタースピードダイアル周囲に、プリント基板に取り付けられた半固定抵抗器が並んでいます。

DSC04164

プリズムの左に見える黒い円筒は露出メーターです。

その手前に、バッテリーチェックボタンの接点が見えます。

PENTAX SPとさほど変わらない寸法に、よく収められていると思います。でもさすがにこちらが全高6mmほど高いようです。


DSC04165

ファインダーの接眼レンズとCds基板は一体となっています。

レンズ左右の白丸がCdsですね。


DSC04167

プリズム/コンデンサー/スクリーンをゴソッと外したところ。


続きは次回に。





*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 11:21|PermalinkComments(0)

2009年11月18日

カメラ修理 アサヒペンタックス ES 其の二


ASAHI PENTAX ES の続きです。

シャッターや、ミラーが時々戻らない症状は、起きてしまうと次の撮影に移れませんから、事実上使えなくなってしまうということになります。

お預かりしておきながら、やはり電子回路が原因でしたでは面目が立ちません。

ESは、底板を外すとすぐに電子基板があり、いかにも手仕事で丁寧に半田付けされた跡を見ることが出来ます。IC導入以前なので。

DSC04162

その下からメカニズム部分が見えてきます。

本機の場合、要所の油固着の除去と、注油によりシャッターとミラーは復活出来ました。ホッと一安心です。

シャッタースピードは、遅い後幕をテンション調整しましたがバランスが難しく、結構難航しました。

最後には何とか基準値に持っていくことが出来ました。

自動露出の調整及び指針(オート時のシャッタースピード表示)の調整も済ませると、あとはファインダー周りのクリーニングが中心になります。


続きは次回と致します。




*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 12:00|PermalinkComments(0)

2009年11月17日

カメラ修理 アサヒペンタックス ES 其の一

こんにちは。

今回は、ASAHI PENTAX ES をご紹介します。

これは、世界で初めてT.T.L開放測光で絞り優先AEを搭載したことで有名なカメラですね。

製造年は1971(昭和46)年。


しかもKマウントではなく、当時世界標準であったM42(スクリュー)マウントでそれを実現したところがスゴイことだといわれています。

PS(プラクチカスクリュー)マウントとも呼ばれます。

ペンタックスは、この後のESIIを最後にKマウントへ移行しました。


現在、中古カメラとして目にする機会が多いのはESIIの方かも知れません。

これはESの後継機で、露出制御にICチップが導入されて計算速度が高速化され、信頼性もアップされたようです。

スローシャッターが1/8秒まで延長され、セルフタイマーも装備されました。


ESではセルフタイマーが省略され、その位置に電池室が設けられ、4SR44もしくは4LR44を使うようになっています。

BlogPaint

このカメラには電子制御の横走り布幕フォーカルプレーンシャッターが搭載されていますが、ダイヤルにより機械式(B、1/60、1/125、1/250、1/500、1/1000秒)、電子式(1~1/1000秒・無段階)を選択できる仕組みです。

電子式でシャッタースピードをコントロールする方法は難しいことは分かりませんが、露光情報を電圧として記憶させ(コンデンサー?)それをもとにシャッター後幕の起動タイミングを制御して実現しているそうです。

お客様のご依頼は、シャッターが時々切れない、ミラーが時々戻らない、露出計が正確か分からない、ファインダー内の汚れ等でした。

ESやESIIの場合、電子回路の不具合は修理不能に近いのですが、お客様のカメラの場合、時々でも正常に作動するのであれば機械的な不具合ではないかということで、修理をお受けすることになりました。


続きは次回と致します。




*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************

camera_repair_minoha at 11:19|PermalinkComments(0)

2009年10月15日

カメラ修理 アサヒ ペンタックス SV


今日は、ASAHI PENTAX  SV をご紹介します。

このカメラは、私が中学1年生の頃でしょうか、父親から「使ってもいいぞ」とか言われて、PEN-Sしか持っていませんでしたし、初めての一眼レフということで大変嬉しかった覚えがあります。

DSC04094

暫くの間は、父と共用していたと記憶しています。

55mmの標準しかありませんでしたので、私がお小遣いから捻出し、SMCタクマー135mm/F3.5を購入しました。

これ、一番買いやすい望遠だったんです。
専らこれを付けて鉄道写真を撮っていました。

DSC04095

後になって、ケンコーのテレコンバータ、三ツ星カメラでデッドストックだったタクマー200mm/F3.5(AUTOでなく、プリセット絞りタイプ)を見つけて、望遠撮影を楽しむ普通の少年でした。

DSC04096

その後、私が譲り受けてから、一度清掃に出した覚えがありますが(30年近く前)、さすがにシャッター幕に巻きぐせ(巻き跡)はあるものの、レンズともカビひとつ無く、良好な状態を保っています。

SVの「V」は、ドイツ語でセルフタイマーを意味する頭文字だそうです。

DSC04098

マウントはスクリュー(M42)式。
とてもシンプルです。



ASAHI PENTAX  SV

 発  売     :1962(昭和37)年
レンズマウント :M42(スクリューマウント)交換式
 シャッター   :横走布幕フォーカルプレーン・シャッター(機械式)
           T,B,1~1/1000秒
サ イ ズ    :144W×92H×51D(mm)
 重 量     :585g
 価 格     :23,500円(当時)


*********************************************

当店では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、誠意を持って修理致します。

              カメラ修理工房 ミノハ

*********************************************



camera_repair_minoha at 10:31|PermalinkComments(0)