KONICA_C35FD

2016年11月30日

カメラ修理 KONICA C35FD コニカC35FD

こんにちは。久々の更新となります。

きょうは、KONICA  C35  FD です。

本機は、1973(昭和48)年に発売された35mmのコンパクトカメラです。

シャッター速度優先EE、距離計連動式で、ファインダー内に絞り値が示されます。

「ジャーニーコニカ」の最上位機種で、セールスコピーは「すご腕ジャーニー」だったそうです。

他のC35は完全自動EEですが、自分でシャッター速度が決められ、しかも38mm/F1.8の大口径ヘキサノンレンズを搭載している本機は、今でも人気が高いようです。


メーター不動修理を含む、総合整備一式を行ないました。

IMG_2185

ボトムカバーを外し、電池室裏側を点検しますと、もう既に黄色い線は半田部分が腐食して外れ、もう一方の黒い線も今にも外れそうです。

これは、過去の挿入電池の液漏れが原因の腐食と思われます。

残っている配線も、見た目では判りにくいですが、被服の内側まで腐食が広がって、硬くなっており、半田付けも出来ない状態ですので、新しい線で引き回し直します。



image1

ひと通り分解した様子。

ヘリコイドの動作がスムーズでなかったため、シャッターユニット及びレンズをレンズボード(前板)から外し、それぞれ整備すると同時に、ヘリコイド部の点検・クリーニング・グリスアップも行ないます。

レリーズ機構も、スムーズに押下出来るようクリーニングと注油等行います。

ファインダーの接眼レンズ、ハーフミラー板、距離計ミラー等も丁寧にクリーニングします。

鏡筒のリング類もクリーニングして、必要に応じてグリスアップ。組んで滑らかに回転するようにします。



image2

先の、電池室の接片はステン製なので、古い半田を落したらステン用フラックスを使って半田を流し、良く洗浄しておきます。

メーター不動は配線修理で復活。あとは精度をカメラテスターで確認し、調整します。



image3
ブラックで精悍なC35FDですね。なかなか人気の高い機種です。



次回機種は未定です。お楽しみに。




*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 23:50|PermalinkComments(0)

2014年07月21日

カメラ修理 KONICA C35FD(コニカC35FD)

こんにちは。

きょうは、KONICA C35FD です。

本機は、1973(昭和48)年に発売された35mmのコンパクトカメラです。

シャッター速度優先EE、距離計連動式で、ファインダー内に絞り値が示されます。

「ジャーニーコニカ」の最上位機種で、セールスコピーは「すご腕ジャーニー」だったそうです。

他のC35は完全自動EEですが、自分でシャッター速度が決められ、しかも38mm/F1.8の大口径ヘキサノンレンズを搭載している本機は、今でも人気が高いようです。


ファインダー窓の外れ修理を含む、総合整備一式を行ないました。

RIMG0943

前玉レンズ群やCdSなどを外したところ。52.11.9のスタンプが見えます。製造された日付でしょうか?


RIMG0949

RIMG0959

本体、ヘリコイド部、レンズ鏡筒を分離。

シャッターユニットの粘り修理、ヘリコイドのグリスアップなど行ないました。


RIMG0963

露出計は2段程度アンダー(振り過ぎ)でした。CdSの経年によるものと思われます。抵抗を入れ替え調整しました。

ファインダー内に、指針により絞り値が示されますが、実際の絞りとの整合性に気を使います。
出来る限り調整しますが、絞り値は、あくまで目安とお考えいただいています。


BlogPaint

シャッター速度を選ぶ目安のシールが貼られていますね。これも他のC35にはありません。


RIMG0965

もともと綺麗な外観の個体でしたが、より美しく磨き上げました。

良い写真がたくさん撮れるといいですね。



次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 10:00|PermalinkComments(5)