ある一日の、春の風

August 18, 2012

「会いたい」の4文字


『人恋しくなる写真たち』



気分が乗らないと片付けられない質であり、
気分が乗っても日頃こまこまと片付けないひとであるからして
放っておいたままでいたのだが、えいやと重い腰をあげて少しだけ整理をしてみた。


1月に行った写真展の感想メモのなかで
1枚飛び出していたものがあったので、読み返してみたら、
そう書いてあったのだ。


そうか、私の写真は人恋しくなるのか。

写っているものは様々なものだけれど、 
何にせよ、そこに流れる空気のような、気配のようなもの。
確実に私が込めていたものは、そういうものなのかも知れない。



人恋しさ=切なさ

か、どうかはわからないけれど
私を形成しているものとして、なくてはならないものであるのは確かである。

いつだって、叙情的なものが好きなのだ。



camerria99 at 20:31│Comments(0)TrackBack(0) おもいごと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ある一日の、春の風