March 2009

March 27, 2009

名刺を作りました


先日のセミナーで名刺交換をするのに、
当日東京駅にある即席の名刺作成機で名刺を用意しようとしたところ…

機械の故障で作ることが出来ませんでした。
名刺を持つ肩書きではないので、今まで作ってこなかったのですが、
やっぱり、あると次のアクションが起こしやすかったり、覚えていてもらえることが多いのだと思います。

今度は余裕を持って作成しよう…と試みて、吉祥寺駅構内にある作成機をいじって、作ることが出来ました!

こちら♪

name

デザインが幾つか選べたのでシンプル且つカラフルなものにしました。
出来上がるのも早いし、1シート8枚で400円。
レイアウトも少し工夫するとお洒落になって、自分好みのものが出来ました。

今回用意したのは写真関係のイベントで使用するかも知れないため、だったのですが
果たして名刺交換は出来るのでしょうか…!!


渡せなくても、持っているといざ使用する際には便利ですね。
名刺、を持つだけでなんだか背筋がピンとします。

ゆくゆくはもっと凝って、自分スタイルのものが作れたらいいな、と思います。



camerria99 at 21:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) わたしのこと 

March 24, 2009

職場の環境づくり


時代の進化と共に、変わるものがあります。
変わらなければ、進化していきません。


私のいる会社も昨年度から動きがあり、本年度、社長が変わりました。
前社長である現会長が設立された会社ですが、この時代のなか
36年黒字営業で続けてこられた会社なのだ、ということを先日知りました。

現社長はこの会社に約30年いらっしゃる方なのですが
時代を読み取ることに優れ、人望が厚く、とても温厚な方に見えます。

本年度の社長自らが考える会社の営業方針を読んだのですが、
とても共感出来る、したくなるものでした。

現場の好きな社長で、本部にいる友人の話では週に1日も本社にいない、と聞きます。

本社が沿線上にあることもあり、私のお店にも定点観測として週に1度いらっしゃるので名前を覚えて頂いてるのですが、昨日、嬉しかったことがありました。

現在の会社のスタンスは、各店舗の店長の意志を尊重していくスタンスです。

ですが、人事異動の関係で今の私のお店には一時的に店長が3人居ます。
その中では私が一番経験の浅い店長なので、レイアウトや運営に関しては殆ど
お任せしている状態でした。

この状態になって気付いたのですが、
店長にはそれぞれの成功パターンやクセ、お店づくりに対する意識があるため、今まで自分がやってきた動きでは動けないのです。

これからこのお店で運営される次期店長の方針に従っていて、
お店をお任せすることで気が楽になったり、吸収出来る部分もあるのですが
多少なりとも窮屈な想いをすることがありました。

そんな中、昨日私が出勤する前に社長がいつもの様に定点観測しにいらっしゃいました。
1年ほど私の作ったお店を見られていたので、ディスプレイの変化に気付かれ

「今は誰がお店を作っているの?○○さん(私)は?」

と、スタッフに声を掛けたそうです。
スタッフは今現在店長が3人在籍していることと、私が異動することだけを告げたそうなのですが、数時間後、直属の上司から電話がかかってきました。

なんと、社長が今現在のお店の状況に疑問を感じ、
早く次のお店で私が店長として動けるように掛け合って下さったというのです。

事情が事情なので異動日程を変えることは難しいため、変更はできなかったのですが
その電話で上司からもその環境を作ってしまったことを謝られてしまいました。


社長の行動の早さにも驚きましたが、
何よりもスタッフが働きやすい環境づくりに対する気遣いにとても感動しました。
全国で170店舗ほどあるなかで、このお店に居ることが出来て本当に良かったです。



camerria99 at 13:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0) おしごと 

March 23, 2009

はじめてのセミナー


普段、土日祝日は滅多にお休みが取れないのですが、
必然的な偶然のもと、堀口ひとみさん播磨弘晃さんがタッグを組まれた
“行列の出来るコーチ”おふたりのセミナーに行ってきました。

アパレル出身のおふたりのセミナー、ということで
タイトルはその名も『2009  春のコミコレクション』。


昨年仕事に行き詰まりを感じて、その悩みを解決するために
必死にインターネットで探していたところ、堀口さんのHPに出会いました。

はじめは元アパレルのカリスマ店長、というキーワードで引っかかり
毎日更新されているブログや以前のブログランキング1位になったという
お店のブログを全ての記事を読んでいたのですが、
気付けばアパレル店長のこと、を知るだけでなく
堀口さんの毎日をブログにて読むことで、自分が元気づけられたり
深く考えさせられたり、と自分と向き合えるようになっていたのです。

最近もまた、職場環境が変わったことで気付かされた
『同僚とのコミュニケーション不足』という悩みがありました。

「コーチングも気になるし、お願いしたいけれど1度セミナーに参加したいなあ…」

と思っていた矢先のセミナー告知。
しかもテーマは『本当の会話』、コミュニケーションについてのこと。
そして初の試み、というところで私の心は更にくすぐられました。
(新しいもの、に弱い私です)


参加してひとこと。
『これは夏も出ないと!』

とにかく楽しかったのです。
話をすること、話を聞くことが楽しかったのです。
“会話をする”ということに今までどれだけ焦点を合わさずに仕事をしていたんだろう、と思ってしまいました。

通常のセミナーとは違ってライブ感たっぷり、実践たっぷりの3時間半。
3時間半はあっという間でした。


“沈黙にときめく”という播磨さんの言葉とその時の表情が頭から離れません…(笑)


invi

今回のセミナーで頂いたツール。

自分の言葉ではない、コーチの「問い」を使用して話を聞いていく。
するとどんどん話が深堀りされて…凄いことになりました。

夏コミコレのテーマは『フィードバック』。
鋭いフィードバックが出来たら更に凄いことになりますねー
今から楽しみです。

今回はセミナー告知から2週間での開催だったので
参加者は13名でしたが、私的にはとても居心地の良いものでした。
夏は倍以上の人数になってしまうかもしれませんね。
その位、魅力的なセミナーだと思います。


懇親会にも参加して、皆さんと交流を深められたのもとても良かったです。
アパレル業界の実態について「そうそう、あるある〜」という話から
自分の今後やりたいことの話、話を聞いた全員からの感想オンパレード。

気が付けばセミナーの時間よりも長い時間お店に居ましたが、
話は尽きることなく続いていました。

お店の方を巻き込んで、“岩中豚”とは何の豚なのか?で熱くなったり。


lightwine

堀口さん、播磨さん、
参加した皆さん、
楽しい時間を有り難うございました!!

次回、
夏コミコレは6月6日。
勿論参加予定です♪






camerria99 at 10:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0) まなんだこと 

March 20, 2009

楽しむことを忘れずに


先月より一時的に先輩とお仕事をしているのですが
先日、休憩を一緒にとりながら色々とアドバイスを貰っていた際に
「それはだめだよ〜」と突っ込まれたことがあります。

“純粋にお洋服のショッピングをすること”。

ファッションが好きでアパレルに就職して早6年。
シーズン毎にお店の商品を購入して制服として着ているため
毎月手持ちのお洋服が増えているのはもちろん、なのですが
特にここ1年、自分のお店以外のお洋服をあまり(というか全く、に近いくらい)買っていなかったのです。

経済的な理由が一番、ですが休日は気力・体力を回復するためにお家でのんびり過ごすか、ご飯を食べにいくか、趣味のほうに目がいってしまい
お洋服=仕事道具、というだけの意識になっていました。

仕事中にほかのブランドのお店を偵察しに行くことはあっても
純粋にショッピングを楽しむ、ということでお店に行くことから遠ざかっていました。

これじゃあお店側の打ち出したいものや流行は分かっても、
今現在のお客様のニーズは把握出来ないですよね。

お客様のニーズが把握出来なければ、自分のお店の中だけのニーズは把握出来ても
今、自店では何が足りないのか、どうしていけばお店はもっとよくなるのか、答えが出ず行き詰まってしまいます。

ということに気付けたのも
今日、久し振りに自分が純粋にウインドーショッピングを楽しんで
買い物をしたからなのですが…

『お客様目線で考える』には
お客様だったらどう思うか、と想像で考える、のではなく
実際に“お客様”にならないと分からないのですね。

当たり前のことがわからなくなる、ってこわいなー
と、反省しています。

ちょうど22日に初めてセミナーに行くので、その日に着ていこうと思います。
小物は手持ちのもので…

スタイリングはこちら♪


おようふく


お仕事で春服に飽きてしまったのか(贅沢な悩み!)、
インナーは早くも2枚ともノースリーブ。
ボトムスはデニムをロールアップして履きます。

講師のおふたりがアパレル経験者の方、ということなので
気取らずさり気なくお洒落をしていこうと思います。


----------

[shop list]

bulle de savon
http://www.ambidex.co.jp/bulledesavon/index.html

PAR ICI
http://www.ambidex.co.jp/parici/index.html

LOWRYS FARM
http://www.point.co.jp/lowrysfarm/navi.html




camerria99 at 10:33|PermalinkComments(0) おしごと | おみせ

March 18, 2009

“好き”に向き合うということ


90日経つ前に再開出来ました、よかった。

毎日更新出来なくなって気付いたこと。

毎日更新するには無理せず自然と書ける気分でいられること、
そして書きたくなる環境であること。

意識し過ぎてしまい、自分で自分にとって息苦しいペース・口調(言葉遣い)で
続けていく形になっていました。ブログを書くこと。


方向性も定まらないまま始めてしまったこともあり、ブレにブレてしまいましたが、ここでまたひとつリセットしたいと思います。

書きたい時に書きたいことを書く。

それが毎日続けば素敵なこと。


そう思って更新していこうと思います。
気分新たに、初めて本格的にスタイルシートをいじったりして
ブログの基盤を変えてみました。自分のココロにしっくりくるように。

思うようにうまくいかず、半日ほど費やしてしまいましたが
心機一転、続けるためのリセットが出来たと思います。


“好き”に向き合うということ。

3月に入り、職場環境が5月までコロコロ変わることになりました。
変化があるということは、それだけ色々と学べることがあるのですが
『自分らしさ』というものを見失いそうになることがあります。

アドバイスを貰うのはいいのですが否定されてからだと受け止めにくいです。


仕事のことだけでなく、パーソナルな部分にまで話が飛んでしまい、
自分の考え、がわからなくなってしまいました。

そんな日々を過ごしながらの今日、
某SNS主催の映像ワークショップに出かけました。

映画が好きで、映像は撮ったことがなくて、今後、8ミリで映像が撮れたらいいな、という考えはぼんやりとありました。

何をするかわからないけれど、何か引っかかるものがあって応募しました。

用意するものは、自分の好きな本1冊(フィクションもの)。

私はこちらの本を持っていきました。

ふりむくふりむく
著者:江國 香織
販売元:マガジンハウス
発売日:2005-09-15
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

松尾たいこさんの絵、1枚を見て江國香織さんが1節のストーリーを添える、
という本です。


久し振りに読み返して思い出したのですが、この本はお話であって、
お話じゃありませんでした。

ワークショップでは、参加したひとりひとりが、
持参した本の1節を1カット撮る、もしくは
その本を誰かに渡す、というシチュエーションを1カット撮る、ということをしました。

もちろん、台本や設定は即興です。
そして登場人物や役者も、初対面の参加者で決めて行う、というものでした。

構想25分、撮影1人約10分
あっというまの2時間半でしたが全員が全く違うテイストの作品を撮っていました。

集中して好きなこと/興味のあることに取り組む、

久々にワクワクドキドキが止まりませんでした。


終えてみると、
人の強い意見によって少しずつブレてしまった自分の考え、が
元に戻っていました。

人それぞれ、経験することは全く違います。
自分の考えにない、ものを否定する権利はありません。
ひとりひとりの思いがあって、ひとりひとりの幸せがある。

話に耳は傾けるけれど、自分の心に響くものを大切にしていきたいと
改めて思ったのでした。
自分の“好き”、に向き合っているときほど輝けるものはありません。


一歩、踏み出したことによって広がるコミュニティ。
とても素敵な体験をしました。
嬉しいことに、ここからがスタートになるようです。




camerria99 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おもいごと