July 2011

July 27, 2011

建設的で健やかなこと


3連休。
ライブ2days + 友人からのお誘いで急遽お得意様セールへ。

ライブに行く前はもやもやしていた頭も、
1日目に見事に唄に、音楽にノックアウトされてふわふわと酔わされ、 
2日目にはしあわせな気持ちになり大満足。

今日は今日で10年来の友人と近況を語りつつ、歩きつつ、お洋服をみつつ、
ああでもないこうでもない、と云いつつも収穫があり、いつの間にか元気に。


そう、元気に。
なりました。漸く。





好きなものに触れる時間、沢山作っているつもりだったけれど
今月はずっと、頭の片隅にもやもやを抱えたまま過ごしていたんだなあ、と再確認。

もやもやして、考えて、成長するような結論が出るものならよいけれど
事実よりも感情が覆いかぶさってしまって、必要以上に臆病になってたなあ。


ただただ、楽しむこと。
本当に大事で。

あと、ただただ純粋に、素直な気持ちで人と接すること。

これはきっと、やさぐれた気持ちになっていると忘れてしまって
そういう時は戻すことが出来ないのだけれど。



純粋な気持ちのある、素直な気持ちで接してくれる/接している場所、物事、ひとに触れると、
思い出せるものですね。

たとえそれが、1対1でなくとも
自分に向けられている、と感じることが出来れば。



選びとることも大切だけれど、
開いていれば必ず、うまい具合に進んでくれるのだな。





休日で活力を養うことは、とても建設的で健やかなこと。
お仕事は、好い意味でもそうでない意味でも、「お仕事」なのかもしれない。





camerria99 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おもいごと 

July 25, 2011

バランス、エンジン


見事に三日坊主…



お仕事から帰ってきて、頭を休めたりほぐす時間を作らないと
残す、ところまでいかないのが私という人間でした、そういえば。


疲れ、が残っていると何もしたくない、という気持ちが最優先で働く。
ぐうたらにんげんの思考なのでしょうかね。



ご飯を。
食べるのが好きで、美味しいものを食べるのが好きだから、
美味しいものを作ることが、好きで。

そういうひとはごまんと居ると思うのだけれど
それらを職業にしているわけではないから、そういう気分になった時にしか作れなくて。

全部気分で動いているんじゃないか、と思うと、気まぐれな分、
何処にも力が入らずに、ゆーらゆーらふーらふーら物事を決めずに動いている気がしている。




「今」を過ごしていかなければいけないのは勿論だけれど。
ちょっと、最近はそこばかりを見過ぎている気がするなあ。

というのを気付いた時に軌道修正出来れば、ね。



最初は、何を思って向き合おうと思ったのか。
そして、今後どういう風に動くのか。


少し、ブレ始めた時に、周りからの情報に色々と感化されて揺らいでしまうと
見失いがち。






もう少し、ああしたい、これがしたい、それもしたい。
そう思うなら、そう出来るように動くしか、ない。
と、「わかっている」だけの、頭のなか。


疲れに身を任せておざなりになっている。
バランス、バランス。




心に栄養と、力をもう少し注げるようなことが必要なのかしら。

腰が重いのはいつになったら変わるかな。
自分のなかのひとと相談しながら、まだまだなのかもしれない、とぼんやり思っている。





今日、明日と大好きなひとのライブなのだけれど。
なんだかエンジンが掛からないままだなあ。






camerria99 at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おもいごと 

July 22, 2011

三日坊主にならないために


2010年、動けるままに動いて、そうしたら突然の出来事が起こって
2011年は出来る限り、逃さないように、と思っていたら。




見事にライブ三昧ですよ、
好きなひとたちは多くないのに、同じひとのを何度も、何度も。

ライブは生ものなので、同じものはないから。
その空気を知ってしまった以上は、足を運べる限り、運べる時は運ぼうと。



2010年の切っ掛けがあってか、久し振りに色々な音楽を漁っている。 
ここ5年くらい忘れていたものたちを、再びPCに取り込んだり。

今日はTMGE。
ベストを買っていたのだけれど。
ずっと通して聴くことはなかったのだけれど。



チバさんの声が若くて、なんだか照れる(わたしが)。


 


奇しくも、2年が経って。
先日、生ウエノさんを観ることが出来たりして。

(♪ カルチャー) 

リアルタイムに騒げる世代ではなかったけれど、
切っ掛けとなったバンド。

格好よい。





22:37追記。






camerria99 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おんがく 

展示と音楽と、


歩いた、歩いた。

予定としては川内倫子さんの「illuminance」をみに行くのと
予約していたサカナクションの『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』を引き取りに行く、
というふたつだったのだけれど。
(あと、一の丑だったので、鰻を食す、というささやかなる願望) 


展示をみて、少し出るのが遅くなったにも関わらず妙に時間が空いてしまって
帰る気分ではなかったので、また別の展示に出向いた。ふたつ。

出来るだけお財布のひもを緩めないようにしている昨今なので
なるべく電車代のかからない場所/経路を調べて、歩く、歩く。

新橋から銀座、東京は徒歩圏内なんだな、 ということを知る。



途中うな丼を戴き、ふらりとお店に立ち寄ったり。
東京駅に行くと必ずGRANSTAをひと通り見てしまう。
あのキラキラしたデパ地下みたいな場所、に惹かれてしまう。
“新しいもの”に触れられる、そんな場所。


お腹が空いていなかったので自分お土産を買うこともなく、 
2週間後に仙台に行くのでその下見として駅弁は何処で、何を買おうか、とか。

出掛ける名目があると、「そんな時くらいは気にせず楽しまなくちゃ」精神のひとなので
その時に散財することを見込んで、大人しく帰路へ。





新宿でCDを引き取った際に、
「お人形が展示されているのでまだご覧になっていなければ、どうぞ」
と、お姉さんに言われたので、三郎(MVのお人形)を帰りしなにみた。

スペースが狭いので格好いい感じに座らされてた。
写真は撮れなかった。


帰りに、ミスドさん。
数ヶ月行かない間にセルフでドーナツを運ぶお店になっていた。 

涼しいから早めに眠ろうと思う。
また眠れない日々がやってくる。


そうそう、渋谷Last Waltzでのライブがあるみたいで、直ぐに予約を。
waltzという言葉には無条件で時めくのです。それも「最後の」て。泣ける。 


ライブ三昧の、夏。

やりくりしていても、ただやりくりしているだけかも知れない。
あーはん。







----------


川内倫子:illuminance
金瑞姫:ether
上田義彦:火山の島


女のひとの、写真。写真集をみ続けていたら吸収し過ぎて目眩がした。
すとん、と落ち着く。今回の展示の写真集が上質な冊子で作られたのなら、欲しい。
記録の写真。

 


何処の展示に居ても、静かだからか、会話が丸聞こえである。
慎む内容では無いにせよ、 私語は他人の居ない場所で行うのがよい、気がする。展示なら。
(ご本人の内容だったり、関係者のお話だから聞こえてきても面白いと言えば面白いのだけれど) 
(だから、こそ) 


『みること』のプロでも、なんでもないから、思ったことの覚え書き。
なんでもいいんだ、と思えた。勉強してみようかな、とも。





bach


右から:初回版、歌詞の誤植による訂正版、タワレコさん限定版。
一路さんの自室、コンセプト写真ではなく、ドキュメンタリー写真なんだとか。お洒落。 


camerria99 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) しゃしん | おんがく

July 20, 2011

re:start


ふたたび。


また続かないかもしれないけれど、ちょっと気まぐれに写真と言葉を分けてみようと思う。
そして、もうちょっと自分のあたまの整理のために長文を残したいときに此処を使おうかと。


頭が常に回転しているものだから(休む、と言ったって休ませることが出来ない性分で) 
とっ散らかっているものを、整理整頓出来たら。


写真、もそうなのだけれど、少しでも見てもらいたい気持ちはあるのに、
いざ見られてるのがわかると「すいません!」 という気分になってしまう、あまのじゃく。
そんな今日は連休1日目。
 気温が思ったより上がっていないので、眠れた。

丸一日寝て過ごすのではなく、最低限の生活が出来ている。今現在(20:31)まで。




最近手帳には日々の出来事や思いごとなんて書いてなくて
必要な記録のみ定期的に残されている感じ。

頭のなかの整理は書くと好い、とは思っているのに向き合うまでに時間がかかる。
そんなんだったらこうしてつらつらタイピングした方がスムースだ、私の場合。 


半年前に書かれていた文字は、結構愉しそうだった。
ここ数ヶ月、写真というものに悩まされ続けている。進歩した、と思う。

変わった、のかも知れないけれど『何処が』『何が』というのがいまいち判らず。
ひとのことは判るのにねぇ。


 
まだまだ悶々としている。
ブレているような気がする。

何が?写真が?考えが?ー私が。

一時期、芯や根っこの部分を思い出して、
「自分の気の向くままに」スタイルでいいじゃない、と進めるようになったはずなのに、ね。

いや、でも、迷っていながらも、戻っていない。
進んでいるのだ。たぶん。

そう言い聞かせてみる。




ひとつ、何かを整理したら、
「どうしようもない自分」から、(少しだけ)さよなら出来た、気がした。

 



明日は、動けるうちに展示ひとつ。
あと、CD(バッハ)を引き取りにいく。



camerria99 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひびつれづれ