July 2012

July 19, 2012

展示メモ:と、


川内倫子 5/12-7/16「照度 あめつち 影を見る」東京都写真美術館 

土曜日。
他の予定に合わせて、行く日を決めていたら最後の土日に行くことになってしまった。
会期前からまわりの色々なひとたちから「いいよ」と言われていた展示。

前回、FOILギャラリーで行われていた「Illuminance」をみていて、
好きか嫌いかと言われれば『好き』なんだけど、
至近距離でガツンと面食らってしまうような
女性ならではの色々を感じ取ってしまって、 あんまり味わえなかったので

今回、それ プラス 撮りおろされた作品たち(動画含む)を合わせてみたことで
まとまったような、すとんと腑に落ちたような、そんな気がした。
(それでも“照度”ゾーンは、至近距離でのあの作品たちに
迫られている気分ふたたび、で、ずっとそわそわしていた) 

けど、でも。

追えるんだけど、沿えなかったなあ。
あくまで、その時の私が、だったのかも知れないけれど。


広い、白い、黒い、空間に、大きいものが、
おさまるべきところにおさまっていた姿や、空気は好きでした。


----------




公として、触れることがなくなった今、
自分のなかの『写真』の在り方を再認識している。

撮影ペースは変わらず、プリントするタイミングは遅れていくけれど
触れる時間が少なくなって、自分のものとして在るもの、と認識してからは
別の角度から『やっぱり好きなんだよね』と、思っている。

無意識に気になる展示をチェックしていたり、
雑誌を定期購読しようと目論んでみたり

何に対しても触れ合い方、は人それぞれで
『好きなもの』としての関係性は変わらずそこにあるのだなあ、と思って
少し、安心した。


camerria99 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) しゃしん