August 2012

August 18, 2012

「会いたい」の4文字


『人恋しくなる写真たち』



気分が乗らないと片付けられない質であり、
気分が乗っても日頃こまこまと片付けないひとであるからして
放っておいたままでいたのだが、えいやと重い腰をあげて少しだけ整理をしてみた。


1月に行った写真展の感想メモのなかで
1枚飛び出していたものがあったので、読み返してみたら、
そう書いてあったのだ。


そうか、私の写真は人恋しくなるのか。

写っているものは様々なものだけれど、 
何にせよ、そこに流れる空気のような、気配のようなもの。
確実に私が込めていたものは、そういうものなのかも知れない。



人恋しさ=切なさ

か、どうかはわからないけれど
私を形成しているものとして、なくてはならないものであるのは確かである。

いつだって、叙情的なものが好きなのだ。



camerria99 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おもいごと 

August 08, 2012

ある一日の、


聴覚のひとだけれど、どうしても「ただしさ」を気にしてしまうから
どちらも受け取れるほうにしておいたら、
集中する時と、見惚れてしまう時があって
困ったなあなどと、思う。

促したり、合わせたり、追い掛けたり、引っ張られたり。

経てば経つほど実感しているあれやこれがある。


見事に世間体や理性という目に見えないものたちが頭を過るけれど
そろそろ目の前の出来事に素直に従ってもいいんじゃないか、?


言葉で、仕草で、差し出されたなら、触れるまでだ。
気持ちを沈めて抑えながら、手を伸ばさないでいることは、やめようと思う。




camerria99 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひびつれづれ