おんがく

August 25, 2011

ラブレター


少し抜けた感じ。

多分、食べ物と、衝動買い(という名の以前からのもやもや)のおかげ。



「食べたいと思うものが食べられない時が続くと、他のものを食べ続けてしまうし、
ずっと物足りない感じが続くよ」
 
だなんて聞いたものだから、「はて?」と思って、心の声にしっかり耳を傾けてみたら。
どんぴしゃり。

無事にまず、ひとつすっきり。
素直に聞けるひとの言葉は、大事だね。




衝動買い、とはいえ
ずーっと、頭のすみにあったことを、この機会・タイミングが合ったから
一歩踏み出した感じで。

運命、とまではいかないけれど、フィーリングって大事だね。
あと、手が大きいこと忘れてはいけない、と思った。
ぼんやり思っていた理想の形を口にすることも。



今日の、恒例のシャワータイムにつき1結論。
1結論というか、ずっと引っ掛かっていた、最近のかなしさの原因というか。

私が動かなければ進まないことであって、
徐々に、徐々に、と思わなければいけないこと。

考えだすと息苦しくなって、呼吸すら侭成らなくなりそうだったけれど
(そういうところ、本当に不器用というか、子供というか)
そういう時は何処かに残して、一時、忘れるのが私の対処法。

忘れないとフラットに物事が考えられなくなって、『ただしい』判断が出来なくなるから。


『ただしい』というか…
『ただしい』というか、客観的というか、建設的というか。

そういう、考えに至る判断。




星野源くんのラジオを聴くのが習慣になってきていて
今夜も生唄を聴くことが出来て。

「歌を歌うときは」、が妙に沁みた。


ひとつひとつが、しっくりくる。
うたごころ、というより、彼の『ひとごころ』が、そうさせるのだと思う。

じっくりと、いま考えていること、その断片でもいいから聞いて
語り合ってみたいと思うひと、だ。




どんな頭のなかになっているのか、を知りたいひと
素性や普段の生活、を知りたいひと

それぞれ、居るけれど
語り合ってみたいし、ちゃんと話してくれそうなひとだな、と思う。


(ラブレターになっちゃった) 






明日は舞台と、ときめきのギターレッスンである。



camerria99 at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 22, 2011

三日坊主にならないために


2010年、動けるままに動いて、そうしたら突然の出来事が起こって
2011年は出来る限り、逃さないように、と思っていたら。




見事にライブ三昧ですよ、
好きなひとたちは多くないのに、同じひとのを何度も、何度も。

ライブは生ものなので、同じものはないから。
その空気を知ってしまった以上は、足を運べる限り、運べる時は運ぼうと。



2010年の切っ掛けがあってか、久し振りに色々な音楽を漁っている。 
ここ5年くらい忘れていたものたちを、再びPCに取り込んだり。

今日はTMGE。
ベストを買っていたのだけれど。
ずっと通して聴くことはなかったのだけれど。



チバさんの声が若くて、なんだか照れる(わたしが)。


 


奇しくも、2年が経って。
先日、生ウエノさんを観ることが出来たりして。

(♪ カルチャー) 

リアルタイムに騒げる世代ではなかったけれど、
切っ掛けとなったバンド。

格好よい。





22:37追記。






camerria99 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

展示と音楽と、


歩いた、歩いた。

予定としては川内倫子さんの「illuminance」をみに行くのと
予約していたサカナクションの『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』を引き取りに行く、
というふたつだったのだけれど。
(あと、一の丑だったので、鰻を食す、というささやかなる願望) 


展示をみて、少し出るのが遅くなったにも関わらず妙に時間が空いてしまって
帰る気分ではなかったので、また別の展示に出向いた。ふたつ。

出来るだけお財布のひもを緩めないようにしている昨今なので
なるべく電車代のかからない場所/経路を調べて、歩く、歩く。

新橋から銀座、東京は徒歩圏内なんだな、 ということを知る。



途中うな丼を戴き、ふらりとお店に立ち寄ったり。
東京駅に行くと必ずGRANSTAをひと通り見てしまう。
あのキラキラしたデパ地下みたいな場所、に惹かれてしまう。
“新しいもの”に触れられる、そんな場所。


お腹が空いていなかったので自分お土産を買うこともなく、 
2週間後に仙台に行くのでその下見として駅弁は何処で、何を買おうか、とか。

出掛ける名目があると、「そんな時くらいは気にせず楽しまなくちゃ」精神のひとなので
その時に散財することを見込んで、大人しく帰路へ。





新宿でCDを引き取った際に、
「お人形が展示されているのでまだご覧になっていなければ、どうぞ」
と、お姉さんに言われたので、三郎(MVのお人形)を帰りしなにみた。

スペースが狭いので格好いい感じに座らされてた。
写真は撮れなかった。


帰りに、ミスドさん。
数ヶ月行かない間にセルフでドーナツを運ぶお店になっていた。 

涼しいから早めに眠ろうと思う。
また眠れない日々がやってくる。


そうそう、渋谷Last Waltzでのライブがあるみたいで、直ぐに予約を。
waltzという言葉には無条件で時めくのです。それも「最後の」て。泣ける。 


ライブ三昧の、夏。

やりくりしていても、ただやりくりしているだけかも知れない。
あーはん。







----------


川内倫子:illuminance
金瑞姫:ether
上田義彦:火山の島


女のひとの、写真。写真集をみ続けていたら吸収し過ぎて目眩がした。
すとん、と落ち着く。今回の展示の写真集が上質な冊子で作られたのなら、欲しい。
記録の写真。

 


何処の展示に居ても、静かだからか、会話が丸聞こえである。
慎む内容では無いにせよ、 私語は他人の居ない場所で行うのがよい、気がする。展示なら。
(ご本人の内容だったり、関係者のお話だから聞こえてきても面白いと言えば面白いのだけれど) 
(だから、こそ) 


『みること』のプロでも、なんでもないから、思ったことの覚え書き。
なんでもいいんだ、と思えた。勉強してみようかな、とも。





bach


右から:初回版、歌詞の誤植による訂正版、タワレコさん限定版。
一路さんの自室、コンセプト写真ではなく、ドキュメンタリー写真なんだとか。お洒落。 


camerria99 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)