Ca m'est egal ブラック ハイボール
一足先にサンプリング・・・(Vol.2)

COOLでSTYLISHな大人の「HIGHBALL」

ブラックハイボール レモン&ソーダ

黄金色ではなく・・・・・
ちょっと茶色の強い感じの黄色??

やわらかい感じのレモンの風味が支配的。
香りもさることながら、
味わいにもしっかり感じます!!

個人的には、もう少し鋭角的な、
レモンの風味が好みですが・・・

ウィスキーの風味は、
全体のなかに埋もれているようで、、
あまり分かりませんでした。

ジュースみたいにごくごく飲める・・・
非常に飲みやすい・・・・でしょうかね!

ブラックハイボール ライム・コーラ

茶色が強めの色合い・・・
アモンティリャードのような色合い・・??

ああ〜〜コーラの色。。。ネ・・!!

ライムもコーラも非常に強い・・・
ウィスキーな感じは、
甘みが引いた最後に残る程度。。

炭酸が強いせいか、後味を引かない・・・!!

まだまだ、続きます。膈膈膈
ブラックハイボール サンプル缶

にほんブログ村 酒ブログへ
人気blogランキングへ
ポチッと応援よろしくお願い致します!
ハイボール(HighBall)・・・
日本では、ウイスキーのソーダ割りだけをいうように思われがちだが、もともと、スピリッツをはじめあらゆる酒がベースになり、ソーダだけでなく、ジンジャー・エール、トニック・ウォーター、ジュース類など、各種のドリンクで割ったものをハイボールという。

Highballの語源は、ゴルフ用語のハイ・ボール(High‐ball:高い球)からきたという説がある。これは、イギリスのあるゴルフ場のカウンターでウイスキーを飲んでいた人が、急に自分の打つ順が来たことを知らされ、慌ててそばにあったチェーサーにウイスキーをあけ飲んだところ非常においしかった。そこに、たまたまハイ・ボールが飛んできたので、この名前をつけたという。

他にも、かつてのアメリカの鉄道で使われていたハイ・ボール信号機からきたという説など、諸説ある。

にほんブログ村 酒ブログへ
人気blogランキングへ
ポチッと応援よろしくお願い致します!