うさぎノエルの日記

2011年4月24日、享年10歳6ヶ月で月へ帰ったうさぎのノエルが綴る日記

2011年4月24日、享年10歳6ヶ月で月へ帰ったうさぎのノエルが綴る日記。
《登場人物》
☆みっこ:ノエルの秘書。鬱病ライター
☆ようちん:みっこの姉
☆ばぁば:みっこの母
☆じぃじ:みっこの父(亡き人)
☆ひいじぃじ:ばぁばの父
☆あきちん:バルセロナの語学学校で出会った女友達。
☆サンティ:みっこが二十歳からの付き合い。ゲイ。バルセロナ在住。
☆Sちゃん:高校の同級生。フィリピンマニア。
☆カフカさん:Twitterでカフカの言葉をツイートするアカウント。

!ENHORABUENA! al poeta Francisco Brines (Oliva, Valencia, 1932), de 88 anos, que ha sido galardonado con el Premio de Literatura en Lengua Castellana Miguel de Cervantes 2020, el galardon mas importante de las letras en espanol, concedido por el Minis ...

こんばんは。今夜、秘書はくたくたになって図書館から帰ってきました。「今日も大変だったよ。館長の機嫌をとらないといけないし、すぐ愚痴り始めるし。お客さんに厳しいから、優しめに通訳しなきゃならないし。あちらこちらに気を遣って、ピエロだよ。しかも、自分がミスす ...

どうにかなる不安と、どうにもならない不安がある。「不安には具体的な理由がないのよ」と生徒さんに説明したが、私にはどうにもならない不安がある。日本語レッスンは終わった。図書館の仕事も終わった。明日はスペイン語クラスで、明後日は館長の銀行口座開設のために銀行 ...

KさんやOさんは友達みんなで集まるのが楽しいと言うんだけど、私は図書館でボランティア仲間と手分けして働いたり、スペイン語クラスでしゃべってる方が楽しいんだよね。図書館長と一対一で働く日は嫌だけど。友達と集まるのが楽しいこともあるし、同僚と働く方が楽しいこと ...

新しい図書館長が働かない。ミスと愚痴が多く、威張っているためお客さんからのクレームが絶えない。私の仕事は明らかに増えた。クレーム対応、接客、事務処理。先日、とうとう館長は若い女性を泣かせた。スペイン語を強い調子でまくしたて、本の返却の件でまだわからないの ...

こんばんは。午後4時には外が暗くなるようになりました。これからは紅葉の季節。都内では「Go to トラベルへ行く?」という話題もでるようになりました。ノエル家はどうかですって?「絶対に家にいる」と秘書は言います。図書館長がまだ新しい職場に慣れていないので、自分 ...

夢。マサトシ君が笑っている。生き返って、私の家に住んでいる。まだ身体は弱いけれど、時々外出しているようだ。「ソリが死んだのは知ってる?マサトシ君の後。私、それで完全に具合が悪くなっちゃったんだ。H君はマサトシ君が死んだ時点で具合悪くなっていたけど」。「知ら ...

ノリで登録した日本語講師。突然、授業のリクエストが入り、狼狽する。あわててテキストを作り、予習をするように生徒に送信した。だが、自分が内容をうまく説明できないという事態に陥いる。さらに例文が思いつかない。日本語を勉強し、翻訳しては疲れる。授業の準備という ...

今日はスペイン語のクラスへ。図書館で働いているため、無料で受講できる。コロナは学習部に少なからず影響した。日本人スタッフがかなり減った。講師陣は変わらないが、生徒が集まらずに開講されないコースは多くある。生徒が集まらないのは、もともと高かった授業料がさら ...

図書館長の面倒を結構みてあげている。郵便物の不在票を持ってきて、どういう意味だと騒ぐ。再配達には郵便番号と電話番号が必要だと説明すると、まだ日本で電話番号を持っていないという。住所から郵便番号を調べ、私の電話番号を入力して再配達を依頼した。彼が最近覚えた ...

↑このページのトップヘ