2013年03月03日

新宿区立障害者福祉センターアンサンブルコンサート

P1030151ご依頼をいただきまして、先日2月28日、新宿区立障害者福祉センター様でヴァイオリンとピアノのアンサンブルコンサートをさせていただきました。

前日まで、北風の吹き荒れる寒い日が続いていたのですが、コンサート当日は突然春がやってきたかのようなぽかぽか陽気で、視覚障害の方、車椅子の方、知的障害をお持ちの方、多目的ホールに入りきれないほどたくさんの方にお集まりいただくことができました。

プログラムは、だれもが一度は耳にしたことのある、ヴァイオリンの名曲と、事前に皆様からリクエストいただいた曲目を、ヴァイオリンという楽器の紹介を交えながらお聴きいただきました。
リクエストいただいた曲は、みなさんもご一緒に歌を口づさんでいただけ、途中には質問コーナーを設けて、皆さんとの交流もさせていただきました。

メモを取ってくださった方、うんうん、と笑顔で聞いて下さった方、後ほどセンターの方にお聞きしたのですが、赤ちゃんもいらっしゃったようで!

センターの方にお話を伺ったところ、バリアフリーのホールだと言っても、トイレが階段下にあったりと、なかなかコンサートホールに足を運ぶことのできない方々がたくさんいらっしゃることがわかりました。
私たちのささやかな演奏で、喜んでいただけたようで、私たちもとてもうれしかったです♪

どうもありがとうございました!


20130228















アンサンブルカンフリエの次回のコンサートは
・2013年3月20日(祝) 12:30〜
ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店にて ランチコンサート

2013年3月23日(土) 12:00〜
ルヴェ・ソン・ヴェール南大沢店にて ランチコンサート

を予定しています。
皆様のご来場をお待ちしています!


ピアノ 堀家徳子



cammember at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月12日

2月9日 ルヴェ・ソン・ベール南大沢店 ランチコンサート報告

まだ風は冷たいですが、すがすがしい青空の広がる中、
ルヴェ・ソン・ベール南大沢店にてランチコンサートをさせていただきました。

お越しくださったお客様、ありがとうございました!

クラシックの名曲の演奏が多いカンフリエですが、今回はクラシック・ポップス・タンゴ・・・と、様々なジャンルの作品をお送りしました。また、初めて(?)パーカッションにも加わってもらい、普段とは違ったコンサートになったのではと思います。いかがでしたでしょうか?


【第1部】
H.エクレス/ヴァイオリン・ソナタ 第1・2楽章
R.ヴィードフ/ヴァルス・エリカ
R.ヴィードフ/サクソ・ドゥードル
A.ピアソラ/アディオス・ノニーノ
わらべうたメドレー
A.リード/バラード
C.ボーリング/チェロとジャズピアノトリオのための組曲より 「バロック・イン・リズム」

【第2部】
スティービー・ワンダー/Sir Duke
uzu/Tea Break - お茶しましょ -
uzu/churrasco - シュラスコ -
uzu/oui-  - イエス!-
uzu/湧水の流れ
uzu/soRa
uzu/Tierra seca - 乾いた土地 -

saxophone 松岡麻美
piano 堀家徳子
percussion 穴山昴


素敵な空間で演奏をさせていただき、
お客様から演奏中や演奏後に笑顔をいただき、
私たち自身とても充実した時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

カンフリエの次回のコンサートは、
3月20日12:30〜 ルヴェ・ソン・ベール駒場店ランチコンサート
3月23日12:00〜 ルヴェ・ソン・ベール南大沢店ランチコンサート
となっております。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。



saxophone
松岡麻美

cammember at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レストランコンサート 

2012年09月20日

9月9日 第1回旧前田侯爵邸サロンコンサート報告

9月9日(日) 旧前田侯爵邸洋館にて
第1回サロンコンサートを開催させていただきました

残暑厳しい中、足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございました

思い起こせば、このコンサートは今年3月
「旧前田侯爵邸洋館という場所でクラシックのコンサートができるらしい」
ということを知り、まずは建物探訪から始まったのでした。

調べてみれば、場所は駒場東大からほど近い、駒場公園内

「こんなに近いとは

カンフリエがよくコンサートをさせていただいている駒場のルヴェから
歩いて10分ほどなのに、 これまでまったくその存在を
知りませんでした

前田侯爵邸は旧加賀百万石・前田家第16代当主、前田利為の本邸として建てられ、
「東洋一の邸宅」と歌われた洋館で、現在は東京都の有形文化財です。
チューダー様式の大邸宅のサロンは、グランドピアノも置かれていて、
まさに室内楽をやるのにちょうどいい広さに見えます

さっそく洋館内の事務所の人にコンタクトをとり、
東京都の文化財保護課の連絡先を教えてもらい、
使用許可基準や企画概要を教えてもらう・・・
こうして、第1回サロンコンサート企画が始まりました


洋館内は足元には分厚い絨毯が敷かれ、天井は少し高く、
壁は石造りという構造のため、音響面でやや不安がありました。
「でもプロもここでサロンコンサートをやっているみたいだから、とにかくやってみよう〜
ということで下記曲目でのプログラムに固まりました。


ドヴォルザーク:ピアノ三重奏"Dumky"より1,2,6楽章
シューマン:ピアノ四重奏より1,3,4楽章
ロンベルグ:フルート五重奏曲より1,3,4楽章
ハイドン:交響曲"ロンドン"(室内楽版)全楽章


9月9日に本番を設定し、それまでに、7月に2回、9月の本番1週間前に1回、
計3回、みんなで合わせたのですが、
余裕のある曲と、ひやひやする曲と、直前まで曲によってかなり差が出てましたね。


さて、当日は、自分たちで会場設営⇒リハ⇒本番までほとんど時間がなく、
あっという間に開演という運びになりました

第1回ということで、FACEBOOKやオケ専でも宣伝していましたが、
場所柄「ふらりと立ち寄った」というお客様が多かったような気がします。
建物自体の見学も無料で、しかもこの日は快晴だったので、
お天気に助けらた部分も大きかったと思います 。


演奏していると冷房が入っていないのでは、と思うほど暑くなり、
シューマンのカルテットを弾き終えたときには 私は大汗をかいていました

演奏する前の水分補給、エネルギー補給はかかせません
リハの前に全員でコンビニで食料、飲み物を調達しておいたのは、
大正解


真剣に聞いてくださるお客様のおかげで、
私たちも集中して演奏することができました

最後の曲、ハイドンの「ロンドン」は、もともと交響曲だったものを
フルート+弦4+ピアノ用に編曲されたものです。
今回は、チェロがもう1本加わって2本になり、
最後にふさわしく7名全員での演奏になりました

練習のときから楽しい曲でしたが、お客様からも
「ロンドンオリンピックを思い出しました」「迫力のある演奏でした」
と楽しんでいただけたようで、何よりでした。

また近いうちに旧前田侯爵邸洋館 第2回サロンコンサートを企画したいと思います。

カンフリエの次のつぎのコンサートは
2012年10月13日(土)12:30〜
駒場ルヴェソンベール

にて行われます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております


Pf 岡本沙矢子



cammember at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他のコンサート 

2012年09月02日

9/1ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店ランチコンサート

ルヴェ9月になり、まだまだ残暑が厳しいながらも、時折秋の空気を感じる今日このごろです。

9/1に、ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店でランチコンサートをさせていただきました。
お越しいただいたお客様、ありがとうございました!
今回は、タイプの異なる2人のサックス奏者とピアノでお届けいたしました。
楽しんでいただけましたでしょうか?

1部では、松岡麻美のサックスでクラッシックの作品を、2部はオリジナルの作曲も手がけるuzuのサックスで、彼の作品3曲お聴きいただいた後、彼が今回のためにアレンジをしてくれた3重奏を3人で演奏しました。

1部

・ヴィードフ:ヴァルス・エリカ
・プッチーニ:オペラ《トゥーランドット》より   「誰も寝てはならぬ」
・リード:バラード
・ベダール:ファンタジー
・ダマーズ:ヴァカンス

2部

・uzu: 「湧水の流れ」、「乾いた土地」、「お茶しましょ」

・ラモー:コンセールによるクラヴサン曲集より「タンブラン」
・uzu:トロピカル・フレーズ
・ピアソラ:アディオス・ノニーノ
・大野雄二:ルパン3世‘80


sax 松岡麻美
sax uzu
piano 堀家徳子



お客様の温かい拍手に、私たちもとても楽しく演奏させていただきました。
「夢を与えることのできる人は、どんどんこうやって夢与えてくださいね!」
と、帰り際に笑顔で声をかけて下さったお客様の言葉にも、とても励まされました。
本当にありがとうございました。

また、お店のスタッフさんの中にも、バリトンサックスを吹いていたというスタッフさんがいらっしゃることが判明しました♪
松岡さんもuzuさんもバリトンサックスを持つことが夢なんだそうです。
いつかカンフリエでもバリトンサックスが登場できる機会があればいいですね。



次回のカンフリエのコンサートは、
2012年9月9日(日)14:00〜(13:30開場)
旧前田侯爵邸洋館1階でのサロンコンサートです。
詳しくはカンフリエのHPをご覧ください!

みなさまのご来場心よりお待ちしています。



 堀家徳子












cammember at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レストランコンサート 

2012年08月27日

8月19日ルヴェソンヴェール駒場ランチコンサート

皆様、こんにちは


Ensemble Camphrierフルートの高島真由美です。
まだまだ暑い日が続いておりますが
皆様は元気でお過ごしでしょうか。




今回は8月19日のルヴェソンヴェール駒場店での
ランチコンサートの報告をさせていただきます

お暑い中ご来場いただきました皆様
ありがとうございました!



今回は

フルートデュオとピアノ連弾で世界一周の旅

というコンセプトで演奏させていただきました。


【メンバー】

フルート 白崎哲哉 
フルート 高島真由美 
ピアノ  堀部良子  
ピアノ  森千登世  


【プログラム】
1.ドビュッシー: 小舟にて
2.ラヴェル:マ・メール・ロワ(ピアノ連弾)
3.フォーレ:シシリエンヌ(高島ソロ)
4.服部良一:蘇州夜曲
5.寺島尚彦:さとうきび畑
6.いずみたく: 見上げてごらん夜の星を
7.ガーシュイン: サマータイム
8.賛美歌:アメイジング・グレイス
   
〜15分休憩〜〜

9.グリーグ:トロールハウゲンの婚礼の日(ピアノ連弾)
10.モンティ:チャールダーシュ(白崎ソロ)
11.ドップラー: アンダンテとロンド 作品 25


※カッコ書きの無いものはフルートデュオ演奏です。



世界一周旅行ということで、フランスからスタートし、
中国、日本、アメリカ、ノルウェー、ゴールがハンガリーと
非常に豪華な旅となりました。



窓の外は青空と美しい緑の森、
おいしいお料理、そして私達の演奏で、
少しでも暑さを忘れられる素敵なひとときを
過ごしていただけたでしょうか。



ポピュラーな曲の演奏が始まると、お客様の肩の力が抜け
リラックスして聴いていただけているのがわかりました。

夏の暑さで疲れた身体には、
そうめん等ライトなお料理が食べたくなるのと一緒で
音楽も軽めのノリの曲の方が楽しんでいただけるのでしょうかね。



いつでもお客様のニーズに合った音楽をお届けしたい
と改めて感じました。




私自身はルヴェソンヴェール駒場店で演奏させていただくのは
初めてだったのですが、ランチがとてもおいしかったです♪
ついつい、食べ過ぎてしまいました。



それでは次回の9月1日のランチコンサートも
どうぞお楽しみください





〜高島 真由美〜

cammember at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月18日

東日本大震災チャリティーコンサートシリーズ第2回のご報告

当日は、あいにくの天気でしたが、
沢山のお客様に来ていたくだことができました
皆様より、東北の被災者支援のために10万8610円もの募金が寄せられました
有難うございました

- - - - -

東日本大震災チャリティーコンサートシリーズ第2回
<春への祈り 弦楽四重奏>
日時:2012年4月14日(土)14:30開場15:00開演
場所:日本基督教団西片町教会

[ 演奏プログラム ]
   サミュエル・バーバー 弦楽のためのアダージョ
   ベドルジハ・スメタナ 弦楽四重奏「わが生涯より」 第一楽章
   ヨハネス・ブラームス オルガン 11のコラール前奏曲 より
   ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 弦楽四重奏 「不協和音」第一楽章
   ヨハン・ゼバスティアン・バッハ "今日、神のみ子は凱旋する"
   アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク 弦楽四重奏のための「糸杉」より
   ピョートル・.チャイコフスキー 弦楽四重奏 「アンダンテカンタービレ」
   A.ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 「四季」より"春"第三楽章
   ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 主よ、人の望みの喜びよ

[ 演奏者 ]
   ヴァイオリン   永徳 丈
   ヴァイオリン   稲垣 智彦
   ヴァイオリン   野村 直子
   ヴィオラ      杉田 絵里香
   チェロ       小田嶋 成徳
   オルガン・司会  斉藤 はる奈


[ 主催 ]
日本基督教団西片町教会
アンサンブル・カンフリエ

- - - - -


DSCF1304



演奏者全員で。
IMG_0933


今後も、どうぞアンサンブル・カンフリエをよろしくお願いいたします。

cammember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 教会コンサート | その他のコンサート

2012年02月17日

東日本大震災チャリティーコンサートシリーズ第2回 -2012年4月14日(土)-

皆様こんにちわ。

おかげさまで昨年度に行いました第一回の震災チャリティーコンサートは大成功し、
ちょうど一年となります今年の春に第二回を行う運びとなりました。

演奏プログラムは「冬から春へ」をイメージして、
人生、愛、絆、生死などにまつわる曲から構成いたしました。

皆様で、あの一年前のことを思い出し、
その上で先に進もうという想いを共有できればと思っております。

多数の皆様のご来場と暖かいご支援を賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。
                            
- - - - - - - - - -


チャリティ第二回チラシ完成表ウェブ用 チャリティ第二回チラシ完成裏ウェブ用

PDFファイルはこちら

東日本大震災チャリティーコンサートシリーズ第2回
<春への祈り 弦楽四重奏>
日時:2012年4月14日(土)14:30開場15:00開演
場所:日本基督教団西片町教会(東京メトロ南北線 東大前駅より徒歩約3分)
料金:入場無料
*東日本大震災被災者支援のための募金箱を設置いたします。

[ 演奏プログラム ]
   S.バーバー 弦楽のためのアダージョ
   J.ブラームス オルガンコラール前奏曲
   P.チャイコフスキー 弦楽四重奏 「アンダンテカンタービレ」
   W.A.モーツァルト 弦楽四重奏 「不協和音」
   A.ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 「四季」より"春"
   ほか

[ 演奏者 ]
   ヴァイオリン   永徳 丈
   ヴァイオリン   稲垣 智彦
   ヴァイオリン   野村 直子
   ヴィオラ      杉田 絵里香
   チェロ       小田嶋 成徳
   オルガン・司会  斉藤 はる奈


主催:アンサンブルカンフリエ日本基督教団西片町教会

問い合わせ先:
TEL:03-3811-3801(西片町教会)
e-mail:ensemble.camphrier@gmail.com(カンフリエ)

cammember at 00:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 教会コンサート | コンサート案内

2011年12月26日

12月23日ルヴェソンヴェール駒場店クリスマスディナーコンサート

皆様、今年のクリスマスはいかがお過ごしされたでしょうか

12月23日は、ルヴェソンヴェール駒場店のディナータイムにて
クリスマスコンサートを行ってきました

この日のディナーは常連のお客様も多くいらっしゃっていて、予約で満席とのことでした。
17時の開店とともに、続々とお客様がいらっしゃり、
演奏のはじまる18時半には、賑やかなクリスマスディナーの風景が出来上がっておりました。

クリスマスの夜、やはり外はとっても寒いですが、
入口には素敵なトナカイが迎えてくれて、
お店のなかは暖かく明るく、美味しい匂いが立ちこめています。
まるでどこかの絵本にある一ページのようですね

お届けした音楽は、
クリスマスの賛美歌にはじまり、バロックの有名な歌曲やクリスマスの曲、
そして後半にはバロック時代の大作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名曲、
最後にはまたクリスマスの賛美歌と、盛り沢山のクリスマスらしいプログラムでした。

美味しいお食事とご家族や友人の団欒のお時間のなか、音楽に耳を傾けてくださった方々、
楽しそうに聴いてくださっていた方々、アンケートにご協力くださった方々、
有難うございました
ぜひまた来年もいらしていただければ幸いです。

2011年12月23日(祝)18:30〜
「クリスマスディナーコンサート」〜クリスマスとバロックの音楽〜

【演奏者】
フルート  川原夕香
チェロ    押鐘浩之
チェンバロ 斉藤はる奈

【プログラム】
<前半>
アメージンググレイス
賛美歌「まきびとひつじを」
F.P.シューベルト アヴェマリア
G.ヘンデル 「私を泣かせてください」
G.ヘンデル 「かつて木陰は(ラルゴ)」
G.カッチーニ アマリッリ
F.クープラン クラブサン曲集より"神秘なバリケード"
D.スカルラッティ ソナタ イ長調
G.P.テレマン "音楽の練習帳" トリオソナタイ長調 より
A.コレルリ クリスマスコンチェルトより パストラーレ
J.F.ウェイド 賛美歌「いそぎ来たれ、主にある民」
賛美歌「いざ歌え、いざ祝え」
anonymous:"O du frohi"
<後半>
賛美歌「もろびとこぞりて」
賛美歌「聞け、天使の歌」
J.S.バッハ 「目覚めよ、とわれらに呼ばれる物見らの声」
J.S.バッハ ガンバソナタ1番より
J.S.バッハ プレリュードとフーガ ハ長調
J.S.バッハ ゴルドベルグ変奏曲より アリア
J.S.バッハ フルート・ソナタより シチリアーノ
J.S.バッハ アリオーソ(カンタータ156番シンフォニア)
賛美歌「あら野のはてに」   
賛美歌「きよしこの夜」     
J.S.バッハ 「主よ人の望みの喜びよ」

子供さんも結構いらしたので、
演奏終了後に、少しだけチェンバロ見学・体験時間を設けさせていただきました。
はじめて見る方も多かったようで、珍しい楽器に多くのお客様が興味を持ってくださいました。
有難うございます。


来月のルヴェソンヴェール駒場店のクラシックライブは1月29日(日)ランチコンサートを予定しております。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

(文責 斉藤)

cammember at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レストランコンサート 

2011年12月09日

「クリスマス」レストランコンサートのお知らせ

アンサンブル・カンフリエでは、
クリスマスに3回のレストラン演奏を予定しております

大切な人と過ごすクリスマス、、音楽とともにいかがでしょうか



 ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店のクラシックライブ 

2011年12月23日(金・祝) 18:30〜ディナーコンサート

〜クリスマスとバロックの音楽〜

【演奏者】
  フルート   川原夕香
  チェロ     押鐘浩之
  チェンバロ  斉藤はる奈

【プログラム】
  ・作曲者不詳 アメージンググレイス
  ・A.コレルリ  クリスマスコンチェルトより パストラーレ
  ・G.ヘンデル 「私を泣かせてください」
  ・F.クープラン クラブサン曲集より
  ・J.S.バッハ  フルート・ソナタより シチリアーノ
  ・J.S.バッハ  ゴルドベルグ変奏曲 アリア
  ・J.S.バッハ  ガンバソナタ1番より
  ・J.S.バッハ  「主よ人の望みの喜びよ」
  ・J.S.バッハ  「目覚めよ、とわれらに呼ばれる物見らの声」
  ・クリスマスの賛美歌  
  ほか

*クリスマスのディナータイムは、「ノエル特別コース」をご用意しております。
 お席のご予約・お問い合わせは ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店までお願い致します。


2011年12月24日(土) 12:30〜 ランチコンサート

【プログラム】
花のワルツ/ケーラー
クラリネットコンチェルト/モーツァルト
ファゴットコンチェルト/ヴィヴァルディ
クリスマス・ファンタジー・メドレー 他

 ご予約・お問い合わせは ルヴェ・ソン・ヴェール駒場店まで


 ルヴェ・ソン・ヴェール南大沢店のクラシックライブ 
 
2011年12月25日(日) 18:00〜 ディナーコンサート

【プログラム】
モーツァルト ディヴェルティメントK334 
モーツァルト K.522「音楽の冗談」
クリスマス曲 他

*クリスマスのディナータイムは、「ノエル特別コース」をご用意しております。
 お席のご予約・お問い合わせはルヴェ・ソン・ヴェール南大沢店まで

cammember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コンサート案内 | レストランコンサート

2011年11月30日

11月23日ルヴェソンヴェール駒場店ディナーコンサート

こんにちは、Ensemble Camphrierピアニストの渡邉沙織です。
今回は11月23日にルヴェソンヴェール駒場店さんで行いましたディナーコンサートのご報告です。お陰様で11月の企画はコンサート情報掲載まもなくご予約で満員御礼となりました。ご来場いただきました皆さま本当にありがとうございました。


「ピアノとヴァイオリンによるロマンティックで情熱的な調べ」

バルトーク:ルーマニア民族舞曲 BB.68
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 Op.108
ハイドン:アンダンテと変奏曲 ヘ短調 Hob.XVII:6
ゴダール:コンチェルト・ロマンティーク イ短調 Op.35

アンコール
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

ピアノ:渡邉 沙織/ヴァイオリン:佐々木 一成



今回の企画のテーマは「Duo(二重奏)」
Camphrierの普段のコンサートでは弦楽四重奏や木管五重奏など1つのコンサートで5、6人が出演することが多いのですが、11月はensembleの中で一番小さなカタチであるDuoをテーマに少人数だけど熱いことを目指して企画をいたしました。

人数が少なくなればなる程、それぞれが受け持つ音の数は多くなるもので、Duoには演奏者に高度な技術を求められる作品がとても多いです。今回のプログラムはヴァイオリン、ピアノ共に大変な作品ばかりでしたが、私自身共演の佐々木さんに色々な面で引っ張っていただき最後まで演奏することができました。また、たくさんのお客様からの暖かい拍手に加え、ブラボーも数回頂戴し、さらに(演奏以上に!)熱いメッセージをたくさんいただきました。(ゴダール演奏中の会場全体の一体感は忘れられないです。)皆様本当にありがとうございました。

kazunarisaori



ここでお客様からのメッセージを紹介させていただきたいと思います。
余りに沢山のメッセージを頂いたため、一部のみご紹介するか迷いましたが、どれも大切なメッセージなので以下に全て載せていただきたいと思います。
皆さまからの温かいお言葉と、そしてご意見をもとに今後もお客様に楽しんでいただける演奏が出来るよう佐々木、渡邉共々精進していきたいと思います。
今後ともEnsemble Camphrierの応援の程よろしくお願い致します!


さて、来月のルヴェソンヴェール駒場店でのコンサートは、
2011年12月23日(金・祝) 18:30〜 ディナーコンサート
2011年12月24日(土)12:30〜 ランチコンサート
を予定しております。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
続きを読む

cammember at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レストランコンサート