【クルマ】メルセデスベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を国内4台、4420万円で受注開始

カテゴリ:
1: 海江田三郎 ★ 2017/01/17(火) 16:56:40.40 ID:CAP_USER
https://trafficnews.jp/post/63330/
no title

no title


 メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は2017年1月16日(月)、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」の受注を開始しました。
全世界300台、日本国内向けには4台の限定生産モデルで、価格は4420万円(税込)です。締切は同年1月31日(火)。

●「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」のポイント
・2015年のロサンゼルスモータショーで世界初公開。
・ベースモデルは4シーターオープンのメルセデスAMG「S65 カブリオレ」
・ルーフはソフトトップで3層構造。閉じると「クーペのような静粛性の高い室内空間を作り出します」(メルセデス・ベンツ)。
時速50km以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。
・ヘッドライトに片側47個のスワロフスキークリスタルを埋め込む。ウィンカーには30個のクリスタル、車幅灯には17個のカットクリスタル。
・トラベルバッグ2個とライフスタイルバッグ2個の「トラベルラゲッジセット」、および「マイバッハ」エンブレム付き「キーホルダー」が付属。
「オーナーとしての特別感を感じていただける希少性の高いアクセサリー」とのこと。
・パワートレインはメルセデスAMGによる、6.0L V型12気筒ツインターボエンジン。
・ステアリングアシスト、ブレーキアシスト、歩行者検知機能など、メルセデス・ベンツの先進運転支援技術「インテリジェントドライブ」搭載
・国内限定4台のうち1台は写真と同じ外装色。残り3台については、外装16色、内装10色、4種のインテリアトリム(装飾)、
5色のソフトトップからオーダーメイド。その組み合わせは3000とおり以上。

「マイバッハ」は現在、メルセデス・ベンツ傘下のブランドですが、もともとは1909(明治42)年にドイツで創業したエンジンメーカー、
マイバッハ社のことで、1920年代には高級車を設計、販売していました。ツェッペリン社などの飛行船に採用されたエンジンメーカーとしても知られます。

バイク好きの19歳になったばかりのちょいポチャ女だけど質問していい?

カテゴリ:
1
1: 2017/01/18(水) 21:03:13.050 ID:AxEkIGBk0
って本当は30歳過ぎたちょいポチャ系男子だけど最近リトルカブに惚れて買おうかと思うんだけど
乗り心地ってどうなのさ?スーパーカブの方がいいの?
今はビーノ乗ってるからこれを売って少しでも足しにしようかと思ってるんだわ

無免許の中学生がバイクでひき逃げ 後ろに乗ってた高校生が現場に残っていたので話を聴くなどして男子生徒を特定・広島

カテゴリ:
1
1: 2017/01/14(土) 11:52:56.17 ID:CAP_USER9
無免許の中学生ひき逃げ容疑

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4003004171.html?t=1484362027000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

11日、広島市の市道の交差点で、14歳の男子中学生が無免許で小型バイクを運転し、
自転車に乗った小学生をはねてケガをさせ、そのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは広島市西区に住む14歳の中学3年生の男子生徒です。
警察によりますと、男子生徒は11日午後7時40分ごろ、広島市西区中広町の市道の交差点で
無免許で小型バイクを運転し、自転車で道路を横断していた9歳の小学生の男の子をはねて
肩を打撲するなどのケガをさせ、バイクでそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれています。

男子生徒は当時、後部座席に知人の男子高校生を乗せて2人乗りをしていたということで
警察は現場に残っていた高校生から話を聴くなどして男子生徒を特定したということです。

警察によりますと男子生徒は「まちがいありません」と容疑を認めているということです。
バイクは男子生徒や高校生のものではないということで、
警察はバイクを入手した経緯についても調べています。

01月13日 19時43分

東京オートサロンのコンパニオンエロすぎだろ・・・

カテゴリ:
1: 2017/01/15(日) 08:57:39.25 ID:kvu+OCH80 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」が1月13日に開幕した。ギラギラまぶしいド派手なカスタムカーに負けじと、ブースに華をそえるのはキュート&セクシーなコンパニオンたち。
毎度過激さで1・2位を争う「ごんた屋」の彼女たちは今年も刺激的だ。ギリギリセーフか、アウトか…ぜひその目で確かめてほしい。

http://response.jp/article/2017/01/14/288399.html
no title

no title

no title

no title

素人A「レカロシート最高!」素人B「BRIDEもいいぞ」 俺「1番重要なのはシートレール」

カテゴリ:
82_dl0000631516
1: 2016/12/30(金) 11:23:39.67 ID:DGNFjw+F0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
 日本自動車販売協会連合会が発表する2016年11月の乗用車車名別販売台数において、およそ30年ぶりに日産自動車が「ノート」で販売台数トップを獲得した。
そのワケはe-POWERが新たなるユニットとして加わり、今までになかった世界を提示したことにほかならない。ただ、その勢いはまだまだ収まらないだろう。なぜなら、「ノート e-POWER NISMO」が新たに追加されたのだから。

 専用のエアロパーツにインテリア、シャシーチューニング、さらにはe-POWERの制御変更まで行なって登場したNISMO仕様は、一見するとこれまでのNISMOの世界観がそのまま展開されたように感じる。
もともとノートにはNISMO仕様(ガソリンモデル)があったため、ハッキリ言ってしまえば新鮮さはそれほどない。

 乗り込んでみると、インテリアもまたNISMOらしさが光る。ステアリングはグリップの一部がスウェード調となっており、触れただけでスポーティなイメージを感じさせてくれる演出がなかなか。
スピードメーターの中心部には赤いリングとnismoの文字が刻まれている。シートはクッション性を保ちながらもホールド性を確保しているノーマルタイプと、
座面も背もたれもカチッとしたフィールが味わえるセミバケットタイプのレカロシートを用意。e-POWERとはいえ、抜かりない仕上げが施されている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1035393.html

このページのトップヘ

見出し画像
×