カテゴリ

カテゴリ:修理・整備・改造

【クルマ】パンク修理、自分で対応するドライバー激減…6割強がロードサービス依頼

カテゴリ:
SLIME-REPAIR-KIT
1: 2017/02/22(水) 19:26:47.77 ID:CAP_USER
http://response.jp/article/2017/02/20/290929.html

JAF(日本自動車連盟)は2月20日、JAFホームページ内で実施した「タイヤのパンクに関するアンケート調査」の集計結果を発表した。

調査は1月16日から2月6日の3週間、パンクのほか、搭載品や点検のタイミングなど、タイヤ全般について行い、4万6379件の有効回答を得た。

調査結果によると、パンク経験者は60.0%、未経験者は40.0%。未経験者に「パンクしたらどうするか?」
と聞いたところ、41.4%が「他者(社)に依頼する」、58.6%が「自分で対応する」と答えた。年代別では、
29歳以下の64.3%、30代の67.8%が「他者(社)に依頼する」と回答。50代の50.5%、60代の54.4%、70代の52.1%が「自分で対応する」と答えている。

一方、パンク経験者がどのように対応をしたかという質問では、20年以上前に経験した人の77.2%が
「自分で対応した」と回答しているのに対し、1年以内に経験した人の64.1%が「他者(社)に依頼した」と回答。
保険会社などを含むロードサービスへの加入率増加に伴い、「他者(社)への依頼」が増加しているようだ。

また、普段のタイヤ点検については、79.8%がしていると回答。点検間隔は「4-6か月」(33.8%)が最も多く、
「2-3か月」(27.4%)、「1か月以内」(15.3%)、「6か月-1年」(12.7%)と続いた。車載しているパンク対応策はスペアタイヤが57.5%、応急修理キットが35.6%だった。

何この車wwww怖すぎる・・・・

カテゴリ:
1: 2017/02/08(水) 08:44:32.60 ID:aMlZABdL0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
千葉がマジで怖くなった。ブレーキ連動してるんだ…
外見ノーマルなのに…
no title

115,951リツイート
133,577いいね
https://twitter.com/N_Raiha/status/827772163302182912



かつての「不動の王者」は再び輝くことができるか。

スズキは軽自動車の基幹モデル「ワゴンR」を4年半ぶりに全面刷新し、2月1日に発売した。かつて車名別販売ランキングで首位に君臨していたワゴンRはその座から陥落して久しいが、再び奪還できるかが注目される。

発売に合わせ都内で記者会見した鈴木俊宏社長は、「ワゴンRは軽自動車の真ん中にある車。大変重要な車種であり、大きな期待をしている」と語った。
大幅刷新したデザインや室内空間の広さとともに、カメラと赤外線レーダーで歩行者や車を検知してブレーキが作動する安全システムなどをアピールした。このシステムの軽自動車への搭載は、スズキとして初めてだ。

また、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドシステムを搭載したほか、新型のプラットフォーム(車台)で20キロの軽量化を実現し、燃費は最も良いモデルでガソリン1リットル当たり33.4キロメートルを達成した。
軽ワゴンの分野ではトップだという。価格は107万円~177万円。
http://toyokeizai.net/articles/-/156563

このページのトップヘ

見出し画像
×