2017年05月20日

Glass 上海APPLE STOREのガラス

RIMG0027














できた当時は衝撃的でしたが今見るともう当たり前になった感があります。でもあまりに衝撃的でしたのでここで取り上げないわけにもいかないのでトピックスとしてUPしてみました。全面高透過合わせガラスでできています。

ファサード面のガラスは強化合わせガラスですが世界でも天津の工場以外は製造できません。日本では技術的にも製造は無理です。この会社はアップルの世界プロジェクトのために工場の建屋自体も改修したほど。ガラスの加工技術の面から言ったら日本製が世界で一番ではありませんし、設備を自国で作らないだけむしろ遅れていると言えます。ちなみにこの内部にあるステンレスパネルのほとんどは日本製です。ステンレスの表面をいったん全部研磨した後ブラスト処理します。この研磨精度がポイントで、なかなか他国ではできないようです。


RIMG0037RIMG0044














RIMG0046RIMG0053














RIMG0056














2017-04-10 (1)






地図の星の横にある「阿迪达斯」はAdidasです。


IMG_20170622_172025



陕西南路



IMG_20170622_172109













陕西南路






IMG_5017




無錫店



APPLEは上海でこの浦東店以外にも南京東路駅上、陕西南路にも同じコンセプトの店を展開しています。
最近中国ではAPPLEの人気も陰りがち、三星は超下火、代わってファーウェイ、OPPO、VIVO、小米、ZTEがかなりを占めてきています。私も日本でファーウェイを買ってみましたがかなり高性能で驚いています。中身の多くは日本製。村田電子、日東電工などなど日本のサプライヤーが頑張っている証拠です。



20150704_14411620150704_143956















20150704_144028









この工場にプロジェクトとしては初めて発注してみましたが製品はまずまずでした。
ちなみにファサードのガラスは1枚1千万円を超えるとのこと。そりゃそれくらいかかるだろう。。。




camsa at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)ガラス | ☆☆

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字