北京の新空港を紹介したばかりで最近ザハばかりのような気がしますが気にせず進めます。以前ザハハディドの建築「凌空SOHO」を紹介しましたが、定点観測的にメンテの状況やへたり具合を見に行くと何と名前が変わっていました。
前回UP↓↓↓


HQ (2)HQ (3)HQ (15)HQ (71)HQ (68)HQ (83)HQ (84)HQ (86)








HQ (72)HQ (50)HQ (57)HQ (49)HQ (45)HQ (41)HQ (22)HQ (20)HQ (19)HQ (29)HQ (17)HQ (10)HQ (7)


















名前が変わった理由は調べていませんのでよくわかりませんが入り口の看板は変えられていましたがビルに取り付けられている電照看板はさすがに修正できていません。高速道路からよく見えるので今後変更するかもしれませんが大きいので大変そうな感じです。


ー広告ー
B-GLASS 型板調高透過デザインガラス
B-PLUS  新たなガラスの提案
CAMSA  ガラスコンサルティング&エンジニアリング


HQ (11)HQ (25)HQ (35)HQ (42)HQ (43)HQ (59)HQ (60)



























HQ (81)HQ (80)




正直まずまずな状態です。もっとひどいことになっているかと思っていました。と言いながら施工が悪いところが随所に見られるので数年後どうなるかはもう少し定点観察してみようと思います。
現在の入居率は半分強ではないかと思います。当初地下階はショッピングセンターの予定でしたが飲食街になっています。この地区は少し辺鄙なので住民が多い場所ではありませんのから今日のような休日には飲食店にお客様は入らないのは当然かと思いますし飲食テナントもいやいや入れられているのかもしれません。それから現在隣に巨大なショッピングセンターを施工中ですので、そこがオープンしたらすぐ寂れてしまうでしょう。こういった中途半端な大型建築物がこれからどんどんさびれていくのは見えています。このブログでも紹介している通りBUNDではまだまだ大型建築物が施工されていますので、近いうちに逆回転が始まるのではないと思えてしまいます。少なくとも不動産バブルはすでに弾けていて、多くの人は借金だらけです。さあこれからどうなるのでしょうか。

mapこの地区は虹橋空港の拡幅に伴った広範囲な開発エリアになります。空港の関係で高さが抑えられているので中国国内でもあまり多くない低層の大型建築が多くデザイナーも腕を競っている感じです。




関連バックナンバー↓↓