冷蔵庫の中が寂しくなってきたとき。どんな食材とも合わせやすく、少ない材料でもできてしまう、そんな万能食材がパスタです。 ソースや具材に合わせて 、数種類のショートパスタ、太さの違うスパゲティを使い分けています。 今日はキャベツとベーコン、残っていた微量の牛乳を使ってあっさり味のパスタができました。

SDIM4934

 ザクザクと大きめに切ったキャベツは、パスタと一緒に茹でます。塩を加えたお湯で茹でることでキャベツが綺麗なグリーンに発色します。パスタを茹でている間にソースを用意します。オリーブオイルでみじん切りにしたにんにくを炒め、香りが立ってきたらベーコンを投入。冷凍庫に残っていたほうれん草も入れてしまいましょう。牛乳、クリームチーズ少々を加え、塩胡椒で味を付けたら、パスタの鍋から一足早く取り出したキャベツを合わせます。
パスタは少し固いかな、という位で火を止め、ソースの中へ。茹で汁も少し加えながらソースに絡めて完成です。 
牛乳やチーズなど、乳製品を使ったパスタには黒胡椒が良く合います。粗めに挽いた黒胡椒をピリっと効かせてどうぞ。 
早くて簡単、そして経済的。 買い物に行きたくないなぁ、と感じる寒い日は、パスタで様々なアレンジを楽しんでください。