2006年01月04日

2006

http://blog.livedoor.jp/artiful/

新しく始めかけのブログです。

今は去年に書いたものを少しずつアップしてる感じです。

こっちは書き物だけにするか日記も入れるか考え中です。

mixiの日記はそろそろこっちに変えるつもりです。

 

朝までパソコンと格闘しながら文章を書く生活が続いていました。

相変わらず読み直すと一度落ちてしまいますが、

村上春樹の文章も初期のものはまだ未成熟さを感じる部分も

あるので、これから自分のスタイルを築いていくしかないなと

Positiveに受け止めています。

こちらの文学の主流はどうしてもStoryを通しての主人公の成長、変化

を主眼と置くものが多く(まあ日本も大半はそうなんだけど)、

学校でもそうした展開を求められるのではと危惧してます。

言葉遊び的、人生のワンシーンの描写が好きな自分のスタイル

が認められるのか不安ですが、今年は”自己中”に自分を突き詰めて

行こうかと思ってます。

本といわず音楽、絵、映画、日常生活、最近色んなものから

様々な刺激を受けて、毎日考えることが山ほどあります。

貪欲に色んなことを吸収する生活を一年続けます。

Be Artiful 今年のテーマです。

 

久々に人間らしい生活に戻ることが出来ました。

ずっと朝9時寝の生活が続いて、1〜5時時起きの生活になってました。

朝の風はほのかにつめたくて、それだけでどこか幸せな気分になれます。

 



canadian0701 at 04:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Diary | Diary

2005年12月31日

去りゆく年

久々に更新します。

今年も残すところあと1日。

今年は自分の人生の中で一つの転機になりそうです。

色んな挫折も味わって、精神的に強くなれた気がします。

一人で考える時間がほしくて、人間関係がわずらわしくなった時期も

あったのですが、今思えばやっぱりそういう自分をどっかで支えてくれてたのも

家族や友達なんだろうなと思います。

来たる年2006が誰にとっても素晴らしい一年になりますように。

2006年は夢に向かって真剣に進む覚悟です。

もう立ち止まりません。

P.S.

来年一年の目指すべき方向が定まったので、このブログは閉鎖して

新しいブログをそのうちはじめようかと思ってます。

Mixiの人はあまり関係ないだろうけど。

また、アドレスをここに載せます。

 

 

 

 



canadian0701 at 20:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月23日

Scotch mist

(きり)とは水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点に

達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。

英語では霧雨のことをScotch mistやDrizzle, Mizzle, Skiffleというそうです。

どうしてScotch mistと呼ばれるのか気になるところです。

 

今年の冬のバンクーバーはずいぶん冷え込みそうな予感です。

一日中霧に覆われて10m先を見通すことも困難な状況で

数日前まで見えていた紅葉で染まった木々が見えなくなってしまいました。

霧のせいで歩いていても視界の先より自分の足元に目をやる機会が増え、

歩きながらつい物思いに耽ってしまいます。

人生において20代とはちょうど今のように目前に霧が立ち込めている状況

じゃないかと。

実際、一年後、うまくDouglasを卒業できたとしてその先の道筋が全く見えない

状況で、親からも就職はどうするのかと催促される中で、真剣に文章を書く

仕事がしたいと思う今日この頃。

今の自分が出来ることは何かと考えて、日常生活で常に小さいノートを

携帯して印象に残ったものをメモに取るようにしています。

これまでメモってきた言葉をいくつか紹介します。

 

A true artist fears a blank canvas.

白紙を前に文章を書こうと決めたときいつも感じることです。

無限の可能性を持つ真っ白なキャンパスに筆を入れるたびに

実はその可能性を少しずつ奪っているような気がして怖くなります。

 

Dog-eat-dog

食うか食われるかという意味だそうです。

平和な世の中だけど、ノホホンとしてたらどんどん

他の人間に抜かれていくのだろうと思うと

頑張らなきゃと思います。

 

Solly's "East & be Happy"

189 East 28th Avenue

バンクーバーのMain駅近くのおいしいBagel屋さんの住所です。

 

Enter into the life of the trees, know your relationship and understand their language, unspoken, unwritten talk.

Emily Carrの言葉です。自然との付き合い方を考えさせられます。

Sex and Environment(Mixiのコミュニティ)

 

Forgiving is giving your hate just a little room in your heart

世の中がLove & Peaceで埋め尽くされればいいのになと思います。

 



canadian0701 at 19:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月21日

おもしろバトン 

MixiでMomoちゃんからバトンを戴いたのでやってみました。


1:理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。

とりあえず横に座って相談に乗ってみる。

2:歩いていたらサインを求められた。

イチローと書くべきか春巻と書くべきか聞いてみる。

3:引き出しからドラえもんが出て来た。

とりあえず引き出しを閉めて心を落ち着かせてからこれ以上Gayに街でナンパされないようにイカつい顔に変えれるような道具を出してくれと頼む。外人みたいに目と眉毛の間を狭くして欲しい。


4:殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。

”Imagine”を聞かせてそんな馬鹿なことはやめようと説得する。それでも駄目なら今度は映画の”If only”を一緒に見て、もっと一日を大事に生きようと訴える。

5:見知らぬ大富豪に遺産を遺された。

悩んだ末に全額貧しい国に寄付してLove&Peaceを訴える。持ってたら自分が腐りそうなので。

6:初対面で「B型?」と聞かれた。

間違いなく言われない。

7:預金残高が増えていた。

おかんやっと授業料振り込んでくれたのかなと思う。


8:カモシカの様な脚にされた。 

生まれつき体毛が薄いので思い切ってショートパンツを履いて街を歩き回ってみたい。

9:前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。

「すいません」と言ってちょっと横にずれて立つ。


10:「犯人はあなたです!」と言われた。

普通にテンパって何の犯人だろうか考える。

11:鏡を見たら目がヤギ目になっていた。

小説のネタにする。

12:尻の割れ目が消えた。

飯をがっつり食べてちゃんと用が足せるか確かめる。

13:偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。

内容がおもしろくなかったらこれは俺じゃないと言い張る。

14:モナリザがこっちを見ている気がする。

微笑み返す。

15:次に回す人

Hiro、Pumpkin、Kenji お願いします。



canadian0701 at 14:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Imagination 

2005年11月15日

Tasting Wine

8d63967a.jpg

木曜日テイスティング会の準備をしようと今日は朝からGranville Islandへ。

久しぶりに空は気持ちよく晴れ渡り、

「さあ出かけよう」と目にやった時計は11:11

・・・ご機嫌でした。

 

Granville Island

料理に使う食材を探してきました。

Public marketは平日でも相変わらず賑わっており

チーズやハム、パスタなどを店員と話しながらチョイスしてきました。

Downtown

今度はおいしいパンを探しにRobson st.を端まで渡り歩き、

何軒か廻った結果で、購入のお店を決めました。

Beaujolais Nouveau

肝心の主役はどうやらカナダでは関心薄らしく、

探すのが大変でした。

B.C. Liquor ではまだ出荷の連絡が確定してないとかで、

Burnaby店へ行ってくれとさじを投げられ気味。

これだと企画倒れになる可能性があるので、Webリサーチ。

カナダでは本当に数が少ないらしく、必死に探した結果、

ダウンタウンに一軒リストアップ。

電話で確認を取ったので、なんとか木曜日に購入できそうです。

 

あとは自分の料理の腕次第。明日から、練習と仕込みに打ち込もう

かと思ってます。積極的ひきこもり。

一人あたり$10−になるかと。

 



canadian0701 at 12:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月14日

Beaujolais Nouveau

ようやく解禁だそうです、ボジョレ・ヌーボー。

その名の通りフランス・ボジョレ地区で作られており、

毎年取れたての新鮮なブドウを使って作られるワインです。

全世界一斉に毎年11月の第三木曜日の解禁日に

一斉に封切りになるのが恒例で、まあ日本では大人気です。

去年はテイスティング会を開けなかったので、

今年は是非是非試してみたいなと思ってます。

俺の未熟な考えで言えば、その年とれた新鮮なブドウを使ってるから

2005年のフランス全体でのブドウの出来っていうものが

(気候や降雨量に影響されて味は変わるので)

2005年のボジョレ・ヌーボーからある程度推測できるんじゃないのかなと。

つまり、今年のボジョレ・ヌーボーがうまければ、ほかのブドウの出来も

いいんじゃないかと・・・。・・・I guess

さっそくこれからリカーショップに予約しに行って来ようかと思います。

カナダではボジョレ・ヌーボーどうなんだろ。

予約して飲む人とかいるのかな?

ワインに合う料理を作って、ひそやかにTasting 会を開こうかなと

思ってます。良かったら是非ご参加を。



canadian0701 at 12:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

☆Happy Birthday☆

ae362549.gif

☆Happy Birthday Hitomi☆

 



canadian0701 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)Diary 

2005年11月08日

A Picture with A Message in A Day

雨アガリのサイモンフレーザーリバー

 

 

 

 

男のこだわり

 

 

 

 

 

Forgiving is giving your hate just a little room in your heart.

- in "A moment to remember"

 



canadian0701 at 11:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月03日

Simple

Novienbre -

今、少しずつ自分自身や自分の身の回りのモノを”処理”してます。

C. DickensやThomas Hardyのように人間に対して、悲観的で

何か色んなシガラミに絡められて身動きが取れなかった9,10月は

ひたすら”自由になりたい”と思って、色んなことから逃げてるうちに

明後日の方向へ行き過ぎて、ここまでくる間に、

色んなモノを失ってしまった気がする。

 

先週のSociologyのInstructor曰く、

C.Wright WellsというSociologistはSociologyとは

Private TroubleとPublic Issue(の関わり方の把握)

という表現で説明しました。

つまり、個人的にずっと抱えてるPrivate Trouble(例えば、最近どうも口臭が気に

なる)があって悩んでたけれど、

実はお隣の矢野サンも、蓮向かいの川瀬サンも同じ悩みを抱えてた。

じゃあ、これは案外ワタシが悪いんじゃなくて、どっか他に問題(Public issue)

があるんじゃないか(例えば水道水に変な物質が含まれてるとか)

ってことになる。

社会の大きな問題も個人的なトラブルに帰結する。

電気の発明も、(たぶん)暗闇で本が読みたいって個人的願望から始まった。

何が言いたいかといえば、要点は単に”問題はすごくSimpleだな”ってこと。

         自分 − 口臭

         社会 − 水質汚染

 

それを聴いて(まずこの解釈が正しいのか微妙になってきてるけど)、

今の生活のシガラミを全部解いて、すべてSimpleにしてみようと思った。

部屋を綺麗に片付け、身の回りの入らないものを容赦なく捨て、

見もしないMixiコミュを消し、I-tuneのMusicを整理した。

 

次はMind・・・

今、やらければいけないことは?

- 文章を読む、書くことです(in English)

失ってはいけない大切なモノは?

- 家族、トモダチ、自分の夢です。

明日が地球最後の日だとしたら?

- 人に優しく、感謝を忘れず、後悔せずに精一杯。

 

これだけココロに留めておけばもう道から外れない。

 

次に、毎日これだけは欠かさず続けようを5つ 

― 朝一番に作るコーヒー

― 読書 

― その日のうちに宿題を

― 部屋を綺麗にKeep

― トモダチを大事に

 

これをキチンと守れば、否が応でも毎日、充実する気がする。

やっっとテンションが上がってきそうな予感です。



canadian0701 at 14:52|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年10月17日

反攻のOctubre3

先週はずっと一人、先が見えない闇の中を下向いて歩いてるみたいでした。

誰しもが堕ちて、腐ってるなって感じがずっとDouglasに漂ってた。

Cafeteriaがどっか格闘場の控え室に見えて仕方なかった。

Cafeteria出て、図書館へ向かう奴は闘う決意をした人間、

残ってるのはその勇気を持てない人間。そんな雰囲気を感じてた。

 

今週は火曜から”悟り”の一週間と決めて頭の中でずっと瞑想してたけど、

そういう姿が人のテンションを落としてるっていう指摘を頂いて

ほんとそうなんだろうなって思った。

今一緒にいるグループって色んなモノがすぐ伝染する。

禁煙運動も、風邪ウィルスも、腐った生活も、とにかく何でも。

お互いが高いモチベーション保ってれば、どんどん相乗効果になるし、

誰かが甘えたり、堕落すると簡単に他も落城する。

 

気付けば、ここしばらく”笑えない”人間になってました。

人間関係こそ人生の一番の宝だろうって思ってた自分の中に

そういう”人の網”から抜けて一人になりたいって感情芽生えてました。

三島由紀夫の「金閣」の中に確か”一人で生きる程簡単なことはない

みたいな一説があります。

最近、ほんと一人で生きるのって楽だなって感じてました。

他人を心の中で排徐すれば、甘える必要も、頼られる必要もなくなり、

自分のことだけ考えて堕ちたり上がったり、

孤独や寂しさを言い訳に自分を甘やかして生きればいいんだから。

 

すべてを”諦め”てしまえば、すべては無力化する。一喜一憂しないで済む。

鬱陶しい雨も、”諦め”てしまえば、どれだけ濡れようが構わなくなる。

テストだって、”諦め”てしまえば結果なんてどうでもよくなる。

だってそれは諦めたんだから悪くても仕方ないって言い訳が出来るから。

そんな生き方、考え方が少しずつ自分の生活を蝕んでた気がする。

 

そろそろ現場復帰しようかと思います。

今までほんと楽に生きようとしてた気がする。

自分の事だけしか考えないのではなく、

周りの皆が幸せになってもらえるように。

ピエロでもいいや

翌朝になっても冷めない、このテキーラで満たされた熱い胃袋のように、

熱いハートを持った人間になろうと思います。

心から笑える人間になりてぇ。

 

はいっ、Disrespect myself  終了!!!



canadian0701 at 03:27|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年10月02日

腐ったリンゴ1

079b7da7.jpg

10月に入りました。冷蔵庫の中にお肉をしまい忘れても大丈夫な季節に

なりましたが、一つずっとしまい忘れて出しっぱなしになってたモノがありました。

だいぶ腐ってます。 腐敗してます。 ・・・自分自身です。

しっかり自分を見つめてみた結果、今の自分が不信任決議されたので

今週末にしっかり身辺整理して、再スタートを切ろうかと思います。

人間楽をしようと思えばいくらでも楽できる生き物。

でも、ぬるま湯に浸かってる間に、

実は自分自身という可能性をせっせと擦り減らしている。

この1ヶ月そうやって腐ったジュースをせっせと作ってた様な気がします。

 



canadian0701 at 20:03|PermalinkComments(11)TrackBack(0)Diary | Diary

2005年09月30日

☆優勝☆

B-クイックな感じで阪神・優勝が舞い込んで来ました。

狂喜乱舞したいけど、カナダにいるとその時間差攻撃で

なんとも実感が湧きにくい。

03年の優勝時は朝まで徹夜で祝杯あげて

朝市でコンビニのスポーツ新聞買占めに行ったのにな。

サンスポ読みてぇ。試合のビデオが見てぇ、ビールかけしてぇ。

 



canadian0701 at 07:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年09月26日

子供に夢を。

<小学生自動車盗>家出しようと32キロ運転か 滋賀・草津

 25日午後4時15分ごろ、滋賀県草津市内で「子どもが車を運転している」という110番通報があり、急行した草津署員が通報のあった車が同市新浜町の県道を走っているのを発見。拡声機で停車するように命じ、運転席から助手席に移ろうとしていた同県彦根市内の小学5年男児(10)を補導した。
 男児はこの車を24日夕に、約32キロ離れた彦根市内で盗んだことを認めており、「家出しようと思った」、「外へ出たら風が強く、自転車だとしんどいと思って車を盗んだ。(抜粋)

校内暴力:全国の公立小学校で1890件、過去最悪

小学校の校内暴力

 全国の公立小学校の児童が04年度に起こした校内暴力は1890件で、前年度(1600件)に比べて18.1%増えて過去最悪となったことが、文部科学省の調査で分かった。小中高校を合計した校内暴力の件数は前年度より4.0%減っており、「キレやすくなっている」と指摘される小学生の突出ぶりが目立っている。

 「小学校で感情のコントロールがきかない子が増える傾向にあるようだ。忍耐力や自己表現力、人間関係を築く力が低下しているのではないか」と見ている。

 

最近の子供は、歩くのがしんどいからと車を盗み、ムカつく教師にキレる。

”ブっ飛んでる子供”や”キレる子供”ばかり紙面を飾り、モラルや学校教育のあり方が問わ

れる。

けれど、根本的な問題は(おそらく)この記事を書いている記者や子供を補導した警察署員

、40歳前後の”わたし自身がバブル期に甘やかされて育ったので、言う事を聞かない自

分の子供をどうやってしつけたらいいのかわかりません”世代 にある。

 

「家庭内で子供のコントロールの出来ない親が増える傾向にあるようだ。親の忍耐力や自己

表現力、人間関係を築く力が低下しているのではないか」

吐いた言葉を自分にそのまま返してみて欲しい。

 

教師の子供が不登校だったり、警察官の子供が万引きしたり・・・。

いつも思う、今の幼い子供は満足に将来の夢も描けない。夢を魅せるべきオトナたちは子供

のしつけがうまくいかず援交に走り、家庭のストレスを職場の新人にぶつける。

そんな大人たちが未来の上司になるかと思うと、つくづくウンザリする。

そんな境遇にある子供たちにつくづく同情する。

親は自分のことしか考えてない。子供が悪さをすれば、育てた自分の評判が悪くなる。

子供がいう事を聞かないんですよと、すべての責任を子供になすりつける。

不登校の他人の子供を見て、うちの子供は毎日学校に通ってるから安心と安堵する。

安堵する理由は”自分が批判されなくてすむから”。

そんなオトナになってませんか。

生涯教育や週休2日制の是非など教育に対する見直しが論議されているけれど、

再教育されるべきはそういう子供を育てるオトナでしょう。

 

 

続きを読む

canadian0701 at 06:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年09月16日

消えたレンズ、ずれた首、割れた小指、そして見つけたモノ。1

何でも物事を離れてみることは大事だ。

大きな茶色い壁が行く手を遮り、途方に暮れているとき、

二歩、三歩下がってみれば、案外それは

とても大きなチョコレートバーだったりするかもしれない。

見慣れた小さな街灯だって、山の上から見渡せばダイアモンドに見えたりする。

「距離」

先日、ある教授が、教育とは何かについて1時間休むことなく論理を展開し、

一つの答えを導いてみせた。

物事への新たな視点を獲得し、自己変革を促すこと。

追い詰められるとつい視点が狭くなり、周りが見えなくなる。

距離を置き、物事を遠くから見つめてみる。

 

コンタクトレンズをなくした。相棒を失った右目は行き場を失い

虚ろ虚ろしている。

痛めている首でヘディングをした。首の違和感は肩にまで転移し、

久しぶりにエレキバンのお世話になっている。匂いで卒倒しそうだ。

小指をぶつけた。身をよじりながら悶絶していると、小指の先がぱっかり

割れ、血が噴き出していた。

細木和子なんて信用しないが、人間、大人しく殻に閉じこもる時期も

必要なのかもしれない。

 

小指を必死に止血しているとき、ふっと頭の中を何かがよぎった。

恐ろしく寒々しい暗いものが目の前を過ぎていったかと思うと、

なぜか急に寂しくなった。

そして、僕は改めて「距離」というものを考えた。

離れてみようと言った。

小さな石を手に取り、右から左から、色んな方向から

その石を見つめていたつもりだった。

その特徴を掴み、その重みを手に感じているつもりだった。

大事に抱えているつもりだった。しかし、

その石が手元からコロコロと転がり落ち、

僕の手の届かないところへ行ってしまったとき

その石が眩しい光を受けてキラキラ輝いているのを見た。

 

焦点の合わない目で、小指の痛みに耐えながら、

首の違和感をJazzで紛らわせながら

僕はたぶん大事なことに気付けたのだと思う。

何が必要で、何が大切で、何を守るべきなのか。

近くにいて見えるもの、見えないもの。離れてみて初めて気付いたもの。

 

度の合わないコンタクトレンズ。

きっとこのコンタクトレンズでしか見えないものだってあるだろう。

 



canadian0701 at 15:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0)Diary | Diary

2005年09月10日

Danny Boy in Jazz Bar5

Friday night in Jazz Bar

 

Fall semesterも1週間が過ぎたところでHiroとJazz Barに行ってきました。

たまには洒落たところで大人の飲み方をしてみようってことで・・・。

ハットを被って、ちょっとFormalな格好で出かけると

(結局ハットの色が気に入らなかったんだけど・・・)

6th streetを上った所に親しみやすそうなJazz Bar発見。

堅苦しい場所ではなく、友達と語りながら

音楽を聞くような入りやすい雰囲気のお店。

一杯目はGlen Libetのシングルで、大人の気分を満喫。

ゆっくり舐めるように飲みながら、Jazzの音色に耳を貸す。

二人目の女性シンガー(たぶん店主の奥さん)が歌い始めたところで

Hiroと二人して、そのハスキーボイスと声量の大きさに感動。

Emotionalな歌い方に二人して目の色を輝かせながらJazzに陶酔。

とっさに脳裏にインスピレーションが・・・

この人にDanny Boyを歌って欲しい

リクエスト出来ますかと尋ねると、事もなげに快諾。

そのフィリピン系のママは綺麗な笑顔で

俺を見つめながら☆Danny Boyを熱唱してくれました。

なんか、自分のためにLove songを歌ってくれてるようで

(まあ自然について歌った歌なんだけど)

最後のフレーズ"I love you so"で完璧にノックアウト。

惚れてしまいました。

これから月に2度ほどHiroと通おうかと思ってます。

良かったら一緒にママに貢ぎませんか?

 



canadian0701 at 19:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0)Diary 

2005年07月25日

Remake Clothes

mixiコミュニティの"Sex and Environment"企画
 
 
Remake Clothes作成計画が浮上しました。
 
不要な衣類をRemakeすることで、ClothesをReuseしようってことです。
 
Sex with Natureをテーマに今、Project進めてます。
 
協力お願いします。
 
 
今日はAkira家を昼過ぎに出て、Vancouver Downtownに新しく出来た
 
Book Offに行ってきました。品揃え、接客の掛け声や対応など、
 
まるで日本に戻ったような気分になりましたが、
 
異文化排他的な雰囲気もやや感じました。
 
村上春樹を2冊、村上龍を1冊、絵本を2冊、総計で$19
 
基本的には日本での定価価格でしたが、$2コーナーもあり
 
日本でもカナダでも$20近くする絵本が$5くらいだったので、
 
おっ!と感嘆の声を上げてしまいました。
 
 
ジリジリと陽の光にハゲ頭を照らされながら、
 
時折吹く心地よい夏の匂いのする風を感じながら、
 
Art GalleryそばのカフェでPsychologyと格闘しつつ、
 
文章を書きつつ、久々に優雅な休日を過ごせました。
 
 
Commercial Drの街並みはCreativeなイメージを掻き立てて
 
くれるような雰囲気で、おしゃれなカフェも多く、
 
また、勉強の合間を見つけて通おうかなと思ってます。
 
カフェでコーヒーを飲みながら至福の時間やわなんて浸りながら、
 
ふと数年前はカフェなんて洒落た店は男にゃ似合わねぇ
 
なんて考えてた自分を思い出して、この数年で価値観、結構変わったな
 
と懐古してました。
 
今セメスターも残り数週間、勉強とArtをうまく両立しつつ
 
明日からもうちょい頑張っときますか。
 
 
 
 
なんとなく人気Blogランキングに登録してみました。
 
気が向いたらクリックどうぞ。
 


canadian0701 at 15:20|PermalinkComments(5)TrackBack(1)Sex and Environment 

2005年07月22日

Sunny Daylight Make Me Delight music:Falling Ben Kweller

もしも今、自分の心を天気で表すなら、
 
一つ無い快晴、晴れ渡る青空
 
特に理由もない。何ヶ月ぶり?に差し迫った宿題がないってだけ。
 
吹く風がいつもより心地よく、
 
日差しがいつもよりまぶしく、
 
聞こえる音楽がいつもより胸に響き、
 
人の顔がいつもより表情豊かにみえる。
 
 
きっと、普段よっぽど追い詰められて生活してたんだと思う。
 
ちょっと宿題に追われてるくらいなのに、「負けず嫌い」が
 
相当自分にプレッシャーをかけてるのかもしれない。早死にするぞ・・・。
 
楽しいことをしてても、頭の片隅に「やらなきゃいけない事リスト」
 
がこびり付いてることもしばしば。。。
 
 
 
最近、暇が出来ると何度も何度も観て号泣する映画があります。
 
If only
 
(Hiroにも話したけど)
 
もしも、今日が大切な人(達)と過ごすことが出来る「最後の日」
 
ならば、あなたはどう過ごしますか?
 
 
毎日、これを胸に留めて生活するようにしています。
 
遠距離してるから、連絡あんまりとれないからではなく、
 
今日が一緒にいられる最後の日だとしたら、自分は何をしたいのか、
 
何をしてあげなければいけないのか。
 
そう考えたら、日本に電話しようと思う回数も増えました。
 
一日を満喫するためには朝早起きしなきゃだめだと思うようになりました。
 
 
要は今という一瞬を一生懸命、大切に生きようってことです。
 
夜寝る前に、ほんの1分間だけ
 
「明日が大切な人(恋人、友人、家族でも)と過ごせる最後の日なら・・・」
 
って考えれば、
 
一日の過ごし方が変わって来ると思います。
 
大切な人にちゃんと感謝の気持ちを伝えなきゃって思います。
 
そして、一日の終わりに自分に問いかけます。
 
「今日一日一生懸命生きたんだろうか?」「後悔はないか?」
 
Yesとはっきり言えるような生活を送ることが俺の夢です。
 
 


canadian0701 at 12:08|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2005年07月19日

Hip-Hop-Rap-Down

最近、めっきり"文章"を書く機会もなく、日記ばかり書いてる日々ですが
Creativeには過ごしてます。Rap始めました
 
軽いノリで、”ヤス”と一緒にリリック書いてみようかってとこから
とんとん拍子に曲作成までたどり着きました。
Brandsingle release間近です(笑)。
 
小説だろうが、絵本だろうが、Rapだろうが
伝えたいことはLove&Peaceです。
 
ロンドンの同時多発テロやいまだ解決し得ぬイラク問題、
日本の憲法問題、北朝鮮問題、そんな社会事情の中で、
俺らのPartyは何てPeacefulなんだろうってそんな気持ちを
込めてます。
 
最近、自分の時間を全然Manage出来なくて、落ち込み気味です。
やりたいことも、やらなきゃいけないこともあり過ぎて、
成績も前のセメスターよりも落ち気味で、
どうしようもない状況に陥ってます
先週末は5分も一つのことに集中できなくて、授業中も違うことを考えてばかり・・・。テスト中も違うこと考えて、問題に集中できなかった
ストレスManagement出来てないな・・・。
何かいいストレス発散方法あれば、教えてください。
 
ちなみに秘密をお教えすると、俺の今の発散方法は
一人のときにこっそりPunkを爆音で聴きながら、
演奏してるフリしながら頭フリながら思いっきり踊ることです・・・
 
"The Glory of Love" from New Found Gloryで結構癒されてきた。。。
 
癒されるようなお洒落なカフェ、New Westにないかな?
 
もっとCreativeな人間になりたい・・・。
 
脈絡のない愚痴と戯言でした。


canadian0701 at 15:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)Diary 

2005年07月14日

Love & Peace

最近、Mixiの方で、Sex and Environmentってコミュニティ始めました。
 
テーマは地球の環境問題です。
 
はい、ダルいよって思った人、そんなあなたがターゲットです。
 
 
先日、バンクーバーの山間部のRaveに参加しました。
 
感じたのは自然の大切さです。
 
Love & Peaceを謳う仲間が多いからこそ、俺は言いたい。
 
隣にいる相手とのLove  Peaceだけじゃなくて、
 
自然とのLove  Peaceも考えようぜって。
 
Love & Peaceに必要なものって俺はRespectだと思う。
 
自然にRespectしてる??
 
 
俺の根底にずっとある考え方は、
 
人間が地球上に生まれてから、色んなものを
 
創造してきたけれど、そのすべては同時に破壊でもあるってこと。
 
何かを造るためには自然を破壊しなければ、
 
その材料を得ることはできない。
 
破壊することをやめろとは言わない。
 
でも、せめてRespectしようよってこと。
 
別に山や海に行ってゴミ拾いしようって言ってるわけじゃない。
 
1.水を飲むときに使う紙コップをグラスに変えてみる。
 
2.を残さず全部食う
 
3.コピーした紙の裏をメモ帳に使う
 
4.タバコの吸殻を路上に捨てない
 
5.ペットボトルはペットボトル用ゴミ箱にダンクする。 
 
みたいなごく簡単なこと。
 
 
で、本題のSex and Environmentってコミュニティは
 
そういう若者の無関心を変えようってことがテーマです。
 
でも、環境保護のボランティア団体をやりたいわけじゃない。
 
もっとCoolでArtに攻めたい、自由にLove & Peaceを表現したい。
 
とにかく、どっかにNatureLoveな意識を持とうってこと。
 
それをLyrics、Picture、Novel、Melodyとにかく自由に表現しようってこと。
 
気分がCool downするような落ち着くMusicを書くとか。
 
 
Natureは俺らの尻拭いするために毎日、毎日身を削ってんだよ!
 
 
Check it out!
 
 


canadian0701 at 18:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Question 

2005年07月11日

Love&Peace Forever

闇に覆われてた生活にやっと光が差し始めた今日この頃、
どうも阪神タイガース独走中です
 
学校の課題もうまくいかず、バンクーバーの空も曇りがちで
LowテンションHighストレスな日が続き、
阪神タイガースの試合結果だけに救いを求めてる時期が続きましたが、
最近、Artful Daysしてる上に、昨日の、K君のBirthdayで
梅雨のような気分も一気に晴れました
 
そのK君のBirthday、計画通り"狙い撃ち"させていただきました。
ご馳走様ですしっかり流れ弾も頂きましたある意味勲章です
何よりMagicに驚愕したり、Danceしたり、トランプしたり、みんなが楽しんでくれていたようなので、気分は上々です
 
最近は文章も書いたり、Lyric書いたり、Love&Peace考えたり
勉強の合間に旨く“自分の夢”を織り交ぜれてるので、
結構、充実した日々です。・・・とか言って先週の金曜までは
Englishの成績がどうしようもなくてめちゃくちゃ落ち込んでたんだけどね。
 
この調子で上がっちゃいましょう
 
P.S. オカチ結婚おめでとう!連絡先がわからなくなってるので、この場で
   気持ちだけ伝えときます。お幸せに
 
 


canadian0701 at 15:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Diary