2006年07月11日

認知的不協和の理論

こんな経験はないだろうか。

----------------------
友達に「あのラーメン屋、めちゃくちゃおいしいよ。」と教えてもらった。そして、ウキウキしてそのラーメン屋に行くが、全然おいしくない。
----------------------

ここで人の心には「友達がおいしい」と言った事実と「自分がおいしくない」と思った事実不協和が生じる。

ここで人の心はこの不協和をなんとかして解消しようとする。

「そういえばラーメン屋は他の客でいっぱいだった。」
「それだけ人気があるのだから、おいしくないはずがない。」
「客が多すぎていつもの味じゃなかったのかもしれない。」
「自分の味覚が少しおかしかったのかもしれない。」
「きっとあのラーメン屋はおいしいに違いない。」

この結果、自分が「おいしくない」と思った事実が、相反する事実を説明し自分を納得させるため、正反対の結論を導き出すことになる。

これが認知的不協和の理論である。

不協和とは心理的な緊張状態のことであり、人はこれに耐えられない。自分の状態(気持ち、経験)にそぐわない状況に置かれた場合、居心地の悪さが生じる。この居心地の悪さが認知的不協和なのである。

その居心地の悪さ「認知的不協和」を避けるために、人は不協和の理由を自分に説明しようとする。
目的は以下の二点。

自分を納得・安心させる
自分の状態(現状・過去・欲望)を正当化する

これらを全て自分の心の中で完結させようとする。

この認知的不協和は誰にでも当てはまるものである。

次のような実験結果がある。
-------------------------
認知的不協和を立証する『1ドルの報酬実験(1959)』

あるつまらない単純作業を1時間被験者に行ってもらい、報酬を「1ドル」与えたグループと「20ドル」与えたグループにその単純作業のすばらしさを語ってもらう。「20ドル」もらったグループの人はそれなりに良い仕事だったと説明するが、なんと「1ドル」しかもらっていないグループの人のほうが遥かに熱心にその単純作業のすばらしさを語ったというのだ。つまり「1時間ものつまらない作業」が「1ドル」の報酬では自分の心を納得させることができず、「自分のためになるすばらしい仕事だ」と考えることにより、不協和を解消させていたのだ。
-------------------------

事実は簡単に変えられないのなら、自分の考えを変えてしまうほうが楽なのだ。

あなたは、自分が正しいと思うことや、自分の好みにしたがって、日々行動をしていると考えているだろうか?実は、行動しちゃったことをあとから「正しいからやったのだ」と思うようになったり、選んだ対象をあとから「好きだから選んだのよ」と考るようになったりしてしまっていることが多いのではないだろうか。

たとえ自分の本心と違っていても、自分が楽な心理状態でいるために、全く本心と違う考えを自分の考えだと思い込んでしまうことになるのだ。

この認知的不協和こそがマインドコントロールの根源である。

考えを捻じ曲げるのは誰もがすることだ。

・好きなアーティストのCDがイマイチな曲だった→「何度も聴けばけっこういい曲だ」
・タバコは寿命を縮めるがやめられない→「医学的に完全に証明されたわけじゃない」
・ダイエットすると決めたが、おいしそうなチョコが食べたい→「これを食べたら最後にしよう」
・好きな人が宗教をやっていた→「悪い子じゃないし、宗教なんて人の自由だ」
・学会活動をしても一向に幸せになれない→「活動がたりないんだ。題目がたりないんだ。」

つまり誰もが自分の考えを簡単にすり替えながら生きているという事だ。

創価学会の矛盾を納得するためにこの心理状態が使われている。

・なぜ折伏や新聞啓蒙を嫌がる人に勧めて自分も嫌われないといけないのか
・財務で財産を取られ、選挙で票をかき集めないといけないのか
・なぜ会合・活動で貴重な時間を奪われて、幸せを感じないといけないのか
・池田大作の同中でのしゃべり方と書籍の内容のレベルがあまりにも違うのはなぜか
・創価学会の「これからの100年を決める戦い」や「10年分の功徳が得られるお得なキャンペーン」が毎年あるのはなぜか

これらの納得できない教えを、受け入れるためには自分の考えを単純に変えれば良い。
創価学会は正しい
こう思い込むだけで、多くの矛盾が綺麗に解消される。
一般人に敬遠されたり、友達が離れていったりしたら、彼らを「真実がわからないかわいそうな人」だと思い込めば、自分の心は保たれるのだ。押し付けられるポイント制の布教活動も「世界平和への貢献」だと思い込むことができるし、まわりの人間が誉めてくれる。
創価学会に囲まれた環境で「楽な心理状態」へ逃げるようになると、「盲信」という局地的領域に引き込まれてしまう。
そこから抜け出すのは容易ではない。

一番の強敵は自分自身の心なのだから。

自分の選択を正当化させるために植え付けた心を変えることは簡単ではないだろう。
この植え付けられた心は長い年月をかけてより強固な心へと成長し、修復が困難になっていく。

この心が間違った方向へ向かっていたとしても自分ではもうどうすることもできない。

この心を救えるものがあるとすれば、それこそが
本当のだ。
自分の人生の全てをかけて愛してくれる人のだ。


トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by メグ   2006年07月11日 11:02
先日少しばかりお邪魔させていただいた者です。その後も時々ブログ見させていただいています。色々方の意見の交換場所で、私自身も勉強になります。その後彼とは緊迫した状況です。会合に出なくなった私と両親、姉妹の間で、彼の事も含めて問題になっているからです。当然といえる結果ですね。彼も当然の流れだと思っているようです。ここで、私の答えが求められているのです。姉には疑問点や活動に参加しない旨伝えました。母は何も触れてきません。彼を取るか、今までの環境をとるかなんです。彼の存在はどんな事にもかえられないのに・・・
このどちらかを選ぶのは苦しいです。
2. Posted by canary_wind   2006年07月11日 20:04
>メグさん

おひさしぶりです。
疑問を持たれて、会合に出なくなるというのはいろいろ思うところがあったのでしょうね。当然ご家族は彼のせいで信心が揺らいでいると考えるでしょう。
彼が一番大切だというのは変わらないでしょうから、ご家族に彼との関係を認めてもらうのが一番だと思います。

ご家族を説得するのは大変だと思います。でも彼を選び、家族も捨てないためには必要なことですね。
メグさんが感じた疑問をご家族にも考えてもらうべきでしょうか。
3. Posted by かずこ   2006年07月11日 23:37
こんばんは
未活動の学会員です
度々拝見させていただいております。

本日の内容から外れますが
…いつも思うのですが、アポ無しの訪問にはいつも辟易します
実は、昨日も今日もありました。寝込んで会社を休んでいたところに

実家の組織にいたときは嫌でも部員さん周りをさせられました。アポ無し訪問される不快感をわかっているのに、婦人部にとっ捕まって同行させられる…辛かったです

最大級に不愉快なのは人の予定を聞かず、アポ無し訪問をする、そしてさせられる。

本日、精神的に弱って病院にお薬を処方してもらったばかり。学会員にばれたら「信心をちゃんとしてたら精神病にはならない!」と囲まれるのがオチ(苦笑)うちの親が良い例で、欝になる人は特別心が弱いと偏見を持ってますから(泣)
すみません。思わず書き込んでしまいました。
4. Posted by canary_wind   2006年07月11日 23:57
>かずこさん

こんばんは。
相手の都合を考えて行動するというのは人として最低限のマナーですよね。
アポなし訪問は人格を疑われても仕方ない行為だと思います。

部員さん周り・・・ほんと、自己満足でしかなくて、果てしない迷惑行為です。でも、活動家は「疲れてもちゃんと部員さんを気にかけてあげなくちゃ」と思い込んでるんですよね。

組織を衰退させられない責任を負ってしまった役職をつけられた人は夢遊病のごとくアポなし訪問してるようです。

弱っている人を追い込むような学会員は許せません。人の気持ちになればわかることなんですけどね。
5. Posted by メグ   2006年07月12日 09:52
早々のお返事有り難うございます。姉に自分の疑問点をぶつけたことによって、流れが変わり、お互いにとって良い方向へ行くことを願うばかりです。
私はcanaryさんの彼女と同じ立場になるわけですが、これだけは分かって下さい。誰よりもcanaryさんの幸せを願っているのは彼女だということを・・・。私も誰よりも彼の幸せを願っています。彼の幸せに私がいれたら良いと思っています。だから、誰がなんと言おうと彼の味方なんです。ただ、肉親の間と、自分が正しいと信じてきたもの否定は簡単に行かないんです。新しい自分になる勇気が必要なんです。
6. Posted by メグ   2006年07月12日 10:07
その力をつけてくれるのは、私にとっては彼です。彼女にとってはcanaryさんだと思います。それは容易ではない道です。お互いに信頼しきれなかったり、弱腰になったり、色々な事がたくさんあって、二人で生きていくことが嫌になったり〜それは、もう経験されていると思いますが・・・。嫌な思いを二人でどれだけ乗り越えることができるかなんだと思います。私はちなみバツ一ですから、結婚というものがどんなものなのか、少しは分かります。良いときは誰でも一緒にいれるんです。でも嫌な時でも一緒にいれることが大切だと思うのです。だから、canaryさんも嫌な思いをたくさんしても、彼女と居たいと思えるのだから、きっと良い方向へ行くと思います。私もそうでありたいと思います。長々すみません。
7. Posted by 愛   2006年07月13日 01:27
お久しぶりです。
お仕事、今もお忙しいですか?疲れていませんか?
私はやっと、青年部大会を終え一気に疲れが・・でも明日また東京です。またゆっくり来ますね。おやすみなさい。
8. Posted by canary_wind   2006年07月13日 23:43
>メグさん

そうですね。誰よりも彼女が僕のことを大切に思ってくれていると信じたいです。

僕も彼女にもっと疑問をぶつけたい・・・けどそれは彼女を深く傷つけるのだということもわかっています。

もっと愛を深めてお互いがこの人よりも大切なものなんてないと思えるようになれば・・・なんて考えてしまいます。

本当になにがあっても一緒にいたいと思える気持ちが大切ですね。メグさんも大切な彼のために良い方向に進んでいってほしいと思います。
9. Posted by canary_wind   2006年07月13日 23:49
>愛さん

お久しぶりです。
心配していただいてありがとうございます。仕事は結構忙しいです。先日も午前0時まで残業でした。彼女と会う時間も少なくなっています。でも疲れはたまってないので全然大丈夫ですよ。

愛さんも相変わらずお忙しそうですね。
大会などで責任も重くて大変ですよね。何よりも自分の体を大切にしてくださいね。
東京は僕の地域からも遠いですが、東京に行くとなぜか疲れます。

疲れたらのんびり、ほのぼのしましょうね。
10. Posted by UGG ブーツ格安   2011年12月14日 16:18
無知で素直な信者は可哀想です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
最新記事
Profile