2007年01月14日

彼女との年末年始

まずは、お詫びをしたいと思います。
長らく更新することができず、たくさんの方にご心配をかけてしまいました。申し訳ありません。最近仕事が忙しく、自宅のノートPCも会社に持っていったままの日が続いていたため、なかなか更新することができませんでした。2月までは仕事の山があるため、更新が難しいと思います。

改めて、コメントで心配していただいた方や、メールをくださった方の反応を見てこのブログをしっかりと続けていかなければならないと感じています。

彼女との近況について少しずつ書いていこうと思います。
---------------------

前回の記事以降、彼女との日々は極めて平穏であったと言えるだろう。一番の原因は僕の仕事の忙しさである。平日は残業の無い日は無く、休日出勤も多い。僕の生活は大部分が仕事で費やされ、残りのわずかな休日は彼女と一緒に過ごすことが多かった。

彼女は僕の忙しさを心配してくれていて、創価学会の会合や座談会に誘われることも全く無かった。そもそも誘っても平日は残業しているので確実に無理だし、休日は彼女との時間とわずかな休息に費やさなければ、仕事が続けられないという事も感じてくれていたのだろう。

この3ヶ月ほどは、彼女と勤行をあげたこともなく、座談会も会合も本部幹部会すら一度も行っていない。ただひとつ、正月の新年勤行会だけは行ってきた。彼女が新年勤行会に僕を誘うとき、
彼女「新年勤行会があるから、参加してね。」
僕「え?全く興味ないんだけど。」
彼女「・・・参加してもらう。」
僕「強制されるものではないよ。」
彼女「・・・わかった。じゃいい。」(不機嫌になり帰る)

という、わかりやすいやり取りだったのだが、正月は仕事も無くなったし、彼女にも会いたいので結局参加してしまったといういつものパターンであった。

年末には彼女の家で食事をご馳走になるという大きなイベントがあった。
彼女の父、母、祖母、姉、もうすぐ姉の夫になる男性、彼女、僕という
まさに一人残らず創価学会員という状況であった。
僕はかなり緊張していたのだが、雰囲気は和気あいあいとしていてリラックスして楽しむことができた。ただ一点、彼女の父は大きな問題があった。

彼女の父は酔うと、創価学会のすばらしさを延々と熱く語りだすのである。
しかも聞くところによると翌日には熱く語ったという事実すら全て忘れてしまっているのだという。僕は彼女との結婚を真剣に考えているので彼女の父を無視することもできるはずもなく、題目のすばらしさや学会のすばらしさを聞いているしかなかった。彼女の父以外の家族もこれには呆れていたのだが、僕が創価学会を信じていないという事も全員が知っていて、「創価学会を深く知るきっかけになるかも・・・」という期待を他の家族が持っているという雰囲気も感じた。

彼女の父は創価学会以外に趣味が無く、本当に創価学会が趣味のようになってしまっているようだ。僕以外の全員は本気で創価学会がすばらしいものだと思っているのだ。おそるべき一家である。僕はこの家族と親族になろうとしているのか・・・という不安も感じた。

しかし、僕は創価学会についていくら熱く語られても、反論できる知識を身につけているので、以前のような恐怖は感じていない。彼らがマインドコントロールされている事実を理解している。ただ、このような場で反論をした場合、全員の創価スイッチを押しまくってしまい、収集がつなかくなる事が容易に想像できるため、そんなことはできないのであった。

正月以降は、彼女と買い物にいったり、ランチを食べにいったり、うちで一緒に食事をつくったりしてのんびり過ごすことができた。彼女から学会に関する話題を聞くことも全く無かった。むしろ、彼女は姉の結婚式が近いこともあって、その準備に明け暮れているようだ。

僕はもちろんまだ、彼女にプロポーズすらできていないが、僕の仕事や、彼女の姉の結婚が一段落ついてから、少しずつ動いていけたらいいなと思っている。
彼女にはクリスマスに手編みの帽子をプレゼントされた。去年もらった手編みのマフラーとおそろいで、心に染みる贈り物だ。(クリスマスには無理やり休みをとって彼女と横浜ベイエリアへ旅行をしてきた。機会があれば記事にしようと思う。)
創価学会への関わりは薄れゆく一方で、彼女への愛は衰えることはない。

ただ、待ち受ける総選挙、彼女へのプロポーズ・・・
近い将来、創価学会にも、二人の未来にも大きな動きが訪れるのは間違いなさそうである。

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by すみれ   2007年01月14日 23:55
心配していましたよ。。。初めましてかも、しれません。すみれといいます。

私は、創価の彼とは、別れたものですが
男性の強さ、強みを男性のブログから
知る思いです。

お体に、気をつけて、心にもゆとりをもって、一年間お過ごしください。彼女とうまくいくといいですね^^
応援しています。
2. Posted by canary_wind   2007年01月15日 00:11
>すみれさん

心配かけて、ほんと申し訳ないです。

創価の彼と別れてしまったのですね。
僕のまわりには男子部は強烈な信者は少ないことがあり、女子部のほうが楽しんで学会活動しているように感じます。それが余計に不安でもあります。

応援ありがとうございます。
すみれさんもお体に気をつけて本当の幸せをつかんでくださいね。
3. Posted by サクラ   2007年01月15日 04:16
5 初めましてサクラと申します☆ 私は先日創価学会の彼と別れました。私は学会について軽く考えてました…しかし付き合いが長くなるにつれ、多々疑問が生じ別れました。そんな時にこのブログに出会い、学会のことを知ることができ心をうたれて書き込みさせて頂きました。
彼女さんとぜひ幸せになってもらいたいと願っています☆★☆
4. Posted by すみれ   2007年01月15日 20:07
そうです、男性は女性のように、のめりこむような感じはないですが、精神的な信仰の強さは結構強いと思います。女性は、どうしても、相手の家に入る身ですから、なかなか難しいです。今、男性の独身が多いのも創価のせいじゃないかなって思います。ちょっと極論ですかね。。何もかも、ぜーんぶ捨てて彼と結婚したかった。本心はそうです。けど、それができるほど、自分は強い人間ではなかった、と思います。

サクラさん、私は彼と別れて、半年強経ちます。だいぶ、外に目がいくようになりましたよ。無理に忘れようと思わなくても、時間!!!ズバリ、これが全てを洗い流してくれます。素敵な出会いもお互いこれからありますよね^^笑顔でくらしましょ☆
5. Posted by やん   2007年01月15日 21:08
はじめまして。やんと申します。
私は創価学会に入ってます…。ちゃんと活動もしています(^ー^;)嫌ですか!?こんな私のコメントは(笑)
彼氏は学会には入っていません。2年半付き合ってきて、そろそろ結婚も考えています。
私は彼を学会に入信させようとはまったく考えていません。嫌だと言えば、断固として彼を守ろう!と考えています。もちろん子供にも強要はしません。ただ、自分は死ぬまできっと創価学会をやめることはないです。みなさんも、お正月には初詣に行って一年の願いを祈るように、私は題目をする。『困ったときの神頼み』と言うように、私は唱題をあげる…そーゆうことだと思います。解りにくい??
6. Posted by やん   2007年01月15日 21:31
つづき…しつこい!?
私は、一度も会合に連れて行ったこともないし、勤行をしてる姿も見せた事がありません。一緒に…なんてめっそうもございません(笑)彼には彼の生きてきた環境がある。自分も変えるのに抵抗があるように、彼も抵抗があるに決まってます。今はいろいろ活動もしてますが、結婚したら極力ひかえるとおもいます。何より大事なのは理解しあうこと。2人の丁度いい所で生きていきたいです。
7. Posted by RB   2007年01月15日 21:47
はじめまして。
会員同士でのお付き合い、一方が会員さんでのお付き合い、またそれぞれの信仰度の違う中でのお付き合いと、いろいろな交際の様子が読めて、ためになりましたので書き込みさせていただきました。
私の場合は、元彼女が摂理にのめりこんでいるようです。それは、別れ際に分かったことです。いわゆる「恋愛禁止」らしいので、創価学会員とのお付き合いとは根本的に異なるかもしれませんね。信仰がありながらも、緩やかにでもお付き合いできる、そんな環境ですらなくなってしまいました。そして、その彼女のご実家は創価学会で、彼女は学会での活動には一切参加しなかったほど嫌悪していたそうです。
8. Posted by サクラ   2007年01月15日 22:30
すみれさんぁりがとうございます。私のカレも私の前ではあまり学会の話はしなかったのですが微妙に心はスレ違って行きました。すべて時間にまかせます。心あるお言葉嬉しかったです(^-^)
9. Posted by リディ   2007年01月16日 00:05
5 canary_windさん

お返事ありがとうございます。
お元気で何よりです。
本当に創価学会って厄介ですね。
私は3ヶ月後に就職することになりました。
もう学生である今のように、毎日早くに家に帰ってくることもなくなります。
そんな状態の私と付き合っていながら、休日に昼から会合に出かける彼女には絶望します。
それに彼女は短大に入ることになっているんですが、入学後は「バイトをせずに学会活動に専念しろ」と提案した彼女の母親にも絶望です。
と、最近は絶望づくしですが、今年も頑張りましょう。
お仕事お忙しいようですが、体だけは大事にして頑張ってください。
10. Posted by すみれ   2007年01月17日 23:55
サクラさんへ☆
ビミューにすれ違う、、、すごくよくわかります。私なんて、おバカだから、彼が浮気してんのかなって思ってました、笑
彼が言い出せなかったのは、自分が結局彼にそこまで思われていなかったからかな、とか
心を開いてくれていなかったからかな、とか
自分を責めたりもしました。けど、誰も悪くない問題って男女間にはありますよね。私たちの事例はまさにそれだと思います。彼の、彼なりの幸せを祈りながら、私たちは、私たちの幸せを掴みましょう! 
11. Posted by みき   2007年01月19日 17:58
canaryさん
今年も宜しくお願いします。
お忙しい中、先の記事でもお返事
ありがとうございます。

目まぐるしく創価が絡む暇もないとの事
ですね。

canaryさんと彼女のご家族が食事をされてる
時の、あなたの冷静さが私には欠けて
いました。
昨日の事のように思い出されます。
あなたの記事からは、私の当時の無知さや
甘さを思い出されるのですが、
私の視点からでも、恐らく「人としてどうだろう?」という視点で一緒に考えていけるのではないかと思っています。
宜しくお願いいたします。

12. Posted by マーガレット   2007年01月21日 17:30
canaryさんはじめまして。
私の彼は創価大卒の創価2世です。今、周りには別れた事にしつつも付き合いながらしばらく会うのを休憩しようって事になってます。 私も彼との結婚に悩むように彼も入信したくないと思っている私との結婚に悩んでいるようです。 この前、創価の先輩から創価の女の人を紹介してもらうと言われました。 でも私とはベースで別れたくないって・・ 
前に、創価の人と結婚した方がいいんじゃない?って私が聞いたとき、それだけじゃないからね〜って言ってたけど。やっぱりそれが
気になるんだな〜って・・

13. Posted by マーガレット   2007年01月21日 17:31
彼から一度も会合とかに誘われたことはありません。 他の方のコメントを見ていると
女性の方は違うみたいですね。
すみれさんが言ってたけど、会合とかがそんなに頻繁にあってるなんて知らなかった頃
私も、他にも誰かいるのかな〜ってっ不安な気持ちになってましたよ。
今後、私はどうなるか分からないけどcanaryさんは、彼女と上手くといいですね。
長くなってすみません。でわでわ。。
14. Posted by すみれ   2007年01月22日 01:18
マーガレットさん、彼とたくさんたくさん
お話して下さい。納得いくまで。男の人もそうですが、女性は時間がそうそうありません。そのことも忘れずに、、、自分の人生です。別れた後は、普通の失恋と同じです。彼に会いたい、声が聞きたい、でももうかなわない。。ただ、やり直したいと思わないとこが普通の失恋と違うところでしょうか。。。
でも、彼のことやっぱり好きですよ、心配ですよ。だから遠くから見守ります。
15. Posted by マーガレット   2007年01月22日 21:30
すみれさん、ありがとう。言ってる事よくよく分かります。
今まで、何度か別れを自分から切り出しました。でもすぐに会いたくなって元通り。
でも今回、彼から会うのを休憩しようって言われて、落胆したけど。ほっした気持ちもあって・・・
今は彼の事考えないようにしています。
このまま連絡なくてもいいように・・
今まで散々悩んで、ちょっと疲れ気味なのかも!?
こんな気持ち、同じ経験した人じゃないと
分かんないですよね。
16. Posted by よしのぶ   2007年01月22日 23:50
はじめましていつも興味深く拝見しています。僕は理由あって学会に入会して約2年くらいになります。しかし、信心しているわけではなく、「仮面」学会員です。
その理由とは新しい職場の上司が学会員で就職後に執拗に勧誘されたり取引先も学会員が多いことから断りづらく、安易に入会してしまいました。
 
入会後の初めのうちは嫌々ながら座談会にも参加したり、任用試験を受けたりしてましたが最近では本当に嫌になり言い訳をしてなんとか断っています。退会したいのですが仕事上でやりづらくなるのもどうかなと思っていて学会からうまく退会できるように勤行しようかなと思ってます。


17. Posted by すみれ   2007年01月23日 21:01
人様の掲示板でのやりとりはよろしくないと
わかっているのですが。。。canary_windさんなさい。 マーガレットさんへ。私は、彼を責めたくないと思いましたし、自分が世の中のことに無知であった。。。と思っています。自分を責めすぎるのはかわいそうだと思いますが。。彼とのことが、自分に新しい道を開かせてくれたのかな、と切り替えて考えるよう努力しています。あとから振り返れば、一生懸命人を好きになって良かった、そう思えるように。
18. Posted by すみれ   2007年01月23日 21:02
一進一退ですが、周囲に甘えながら、少しずつ前向きに、、。そうしていなければ、彼に何か意見することもできませんし。学会人との方との結婚や、お付き合いで、私のように別れを選んだり、canary_windさんのように
その状況に飛び込んでみたり、色んな人がいるなって思いました。どれもが正解だな、と思います。
 今は疲れる時期ですよ。私もネットで創価を検索しまくって、もう頭の中がそのことで一杯でした。離れることも必要、っていう書き込みもあり、意識的に離れてみたり。今でも、覗く創価関係のページは限定してます。
キリがありません。。。。でも、とにかく
ここにマーガレットさんと同じ気持ちの人間がいます!!!!!どんな選択をしてもあなたはあなたです!
19. Posted by kid   2007年01月23日 22:38
はじめましてこんにちは,まさに自分と同じ状況の人がいるんだと思いました.自分は残念ながら5年近く付き合ったのですがお互い譲ることができずに別れてしまいました.真剣に好きだったしほんとに結婚もしたかった.だけど自分が学会に入らないとそれは無理といわれました.しかし自分は絶対入りたくありませんでした.今までの人生ですごい挫折感を感じました.どうしてなんでわかってくれないんだろう.今はいい友達になれればと思っています.好きなのに別れなければいけないつらさ.創価学会の仕組みには感心致しますよ・・・
20. Posted by 創嫌   2007年01月24日 00:28
canaryさん ご無沙汰してます 創嫌です こんばんは 以前 私は canaryさんと 似たような経験をしていると レスしましたが 最近 学会員の彼女と 別れました と言う事を報告いたします 彼女の事を 少しでも 理解しようと 入会したのですが やはり 彼女にとって 私(非会員) という存在は折伏の対象でしかないというのに 気づきました。 つづき
21. Posted by 創嫌   2007年01月24日 00:40
つづき

こっちが どんなに想っても 絶対に伝わらない 結婚して 活動を保証され 養ってもらえれば 誰だっていいのだろう。・・と 私は はっきり 彼女に そう言った。 彼女は無言・・ それきりで終止符。 私は 早く(2年かかったが)気付けて良かった 結婚してたら 子供は 産まれた時から勝手に会員にされ 汗水たらして 稼いだ金は 財務に消え・・・ つづく
22. Posted by 創嫌   2007年01月24日 00:50
つづき

家庭内では 喧嘩がつづき めちゃくちゃだったであろうと 想像する。 バリ会員の彼女に 学会を否定しるという事は 彼女の人生を 否定するという事 だから私は彼女の歴史を壊したくない。 私は 私と同じ価値観の女性と出会う事を信じます。 皆さん 自分に自信を持って 負けないで 頂きたい。 canaryさん 本当にありがとうございました
23. Posted by やいま   2007年01月26日 18:49
はじめまして、こんばんは。やいまと申します。

皆さん同様に学会員の彼女を持つ者です。皆さんの心の内を察しますとその心痛はいかばかりか・・・

canary_windに質問なのですが、お二人が結婚されて、子供が生まれた場合に必ず福子という問題が起こるでしょう。

その際に事実両親は学会員な訳ですよね。

その場合canary_windさんはどうされるのかお聞きしたいのです。

既出でしたら申し訳ありませんが、是非お答えをお願いしたいと思います。

また、私も反創価ブログを運営しております。お暇な時にでも覘きに来て下さいね^^
24. Posted by やいま   2007年01月26日 18:53
すいません。canary_windさんを呼び捨てにしてしまいました・・・

申し訳ありませんm(_ _)m

貴ブログはいつも大変参考にさせて頂いております。陰ながら応援しています。
25. Posted by canary_wind   2007年01月29日 22:40
>やんさん
はじめまして。会合にも連れて行かず、勤行も見せないとなると何の問題もないですね。

でもやっぱり結婚するってお互いの全てを認め合うことだと思うのです。
本当に全てを隠して結婚生活を続けることができるのでしょうか?正直、一般人は学会の仏壇を見ただけで引くと思います。

でもやんさんのように許容のある人ならうまくやっていけそうですね。僕はやんさんの姿が本来あるべき姿であって、他宗を認めない排他的な宗教は正しくないのではないかと思います。
26. Posted by canary_wind   2007年01月29日 22:49
>RBさん
はじめまして。
僕もたくさんの方の体験を聞いて、なぜ宗教は恋愛を壊してゆくのだろうと悲しい思いになります。

「恋愛禁止」は創価学会の一部にもあるようです。

僕は二人の関係が宗教に壊されるのが嫌で、彼女との恋愛を優先し、他の事を犠牲にしてきました。それが正しいのかどうかはまだわかりません。
27. Posted by canary_wind   2007年01月29日 23:01
>リディさん

もうすぐ就職なんですね。本当に学生時代とは自由になる時間が違って大変になると思いますが、頑張ってくださいね。

バイトもせず学会活動というのはつらいですね。僕の彼女は学生時代にも活動していたかどうかはわからないのですが、バイト三昧だったようです。社会人になってから頻繁に活動するようになり、信仰を深めていったのです。
まだまだ彼女を目覚めさせるのは難しそうです。

学会以外の友達をたくさん作るのは良い影響を与えると思います。学会に関係のない時間が増えますから。
28. Posted by canary_wind   2007年01月29日 23:36
>みきさん

こちらこそよろしくお願いします。
忙しさの中で創価学会と絡む時間もありませんでしたが、彼女と絡む時間も少なかったのではないかと思います。

冷静さも必要ですが、彼女と正面からぶつかる感情も必要なのかと思うことがあります。

まだまだ手探りの日々を送っています。
29. Posted by canary_wind   2007年01月29日 23:51
>マーガレットさん

はじめまして。
彼と会うのを休憩してみるのは良いことかもしれません。会えない時間が気持ちを育てることもあります。

僕が言うのもなんですが、学会には関わらないのが一番です。
自分の全てで愛せる人と一緒にいることが一番の幸せだと思います。


30. Posted by canary_wind   2007年01月30日 00:00
>よしのぶさん

はじめまして。
職場の上司が権限を利用して勧誘・・・
ほんとひどいですね、それは。

断れない、断りにくい環境で勧誘することは人道に反していると感じます。
こんな勧誘方法だと悪徳商法と同じですね。
31. Posted by canary_wind   2007年01月30日 00:11
>すみれさん

どんどん掲示板使ってください。
少しずつ前向きって、ほんと大切ですね。
僕も悩む日々が多くて暗く沈んでいることがたくさんありました。
でも、自分の選んだ道だから、後悔するのも自分だし、幸せを感じるのも自分です。

正しい答えなんてどこにもなくて、自分の選んだ答えを信じることしかできないんですよね。

僕は大切な人の悲しみを一緒に感じてあげたいし、幸せを一緒に感じてほしいと思います。
32. Posted by canary_wind   2007年01月30日 00:25
>kidさん

はじめまして。
5年・・・長いですね。どれほどの悲しみかとお察しします。
でも入会しないという選択をしたことも、ものすごくあたりまえのことですよね。
やはり学会に陶酔している人の方が異常であると言えます。学会さえなければ普通の人だったりしますよね。

創価が絡むと学会員の心は他の方向へは向かなくなってしまいます。ここにまともに立ち向かうことは難しいのです。難解なパズルを解くように学会員の心を解きほぐすことは困難を極めます。

解けたとしても心のケアも必要ですし、容易な道ではないんですよね。
33. Posted by canary_wind   2007年01月30日 00:34
>創嫌さん

僕と同じ決断をされたのですね。
悲しい結末ですが、おっしゃるとおりだと思います。
彼女の心に気持ちが届かないことが、創価が原因だったとしても、それが彼女自身の心なのですからね。

学会のための結婚ならしないほうが良いです。

創嫌さんは大きく成長したのだと思います。本当の幸せを分け合える人と出会うことを祈っています。
34. Posted by canary_wind   2007年01月30日 00:42
>やいまさん

はじめまして。
ご質問の内容は、本当に深刻な問題ですね。
学会員の子供だから学会に入れるのか。

彼女とこのことを話したことがあります。僕は「親の権利で子供を宗教に入れるのは絶対に間違っている。」と言いました。彼女はしぶしぶ納得して、子供は成人して自分の判断で入会を決意するまで勝手に入会させないと約束してもらいました。

大切なことなので、結婚の話をする前に決めてしまいました。一番大切なことから片付けておくと少し心が楽になります。

またブログも拝見しますね。
35. Posted by アユミ   2007年01月30日 14:53
こんにちは、はじめまして^^
見つけたブログのリンクでお邪魔しています。
私は、創価2世で学会員です。物心が付いた時には入会していました。
中学高校の頃は促されるものを自分の判断でやっていたりしていました。
社会人になってからは、自発的に熱心になってみようと思ったり、めんどくさくなったりを繰り返して、ここ二年ほどは全く活動をしていません。
否定も肯定の気持ちもない中途半端な学会員です。
なにかを論破できるほど、学会知識もありませんし、母を筆頭に学会員に悪い人を見たこともないので、悪い印象はもっていません。神社仏閣に思うように、「困った時の」発想では、信仰心はあると思います。悪いものではないという意識はあります。
36. Posted by アユミ   2007年01月30日 14:56
母が私達子供を全員入会させたのも、「私たちの為」という彼女の強い信念の元にあるので、責められる事ではないと感じていますし、私が抜けたくなる時がきたら、その時は遠慮なく抜けようと思うのです。判断のつかない子供の意志なく入会させてしまうのは、正しいとは少し疑問ですが、子を想う母が絶対的に信じているに触れさせていたいと思う気持ちは正しいと思うのです。
37. Posted by アユミ   2007年01月30日 14:57
「勝利」という言葉がやけに耳について、うんざりはしてくるのですが、物は言い方なのだろうなあという気持ちに落ち着いています。
「失敗したかー、そっか仕方ないねえ、今度はウマくいくと良いね!」という言葉に置き換えたら、普通だなあ、と。
大本の幹部などのことは解りませんが、熱心に会合に誘いに来る女子部の方や婦人部を見ていると「ああ、私を良い方向へ連れて行きたくて、頑張ってくれているのだろうなあ」と、うっとおしいですが感じます。そこに自分への見返りは少ないように感じます。
そう感じるからそこ、本気でないと乗れないのです。付き合いで少し出ようものなら、より熱心になってしまうし、自分に必要かどうか見極めようと頑張って経験したい気持ちも薄いから。
38. Posted by アユミ   2007年01月30日 14:58
真に自分が困って、どうにも身動きが取れない時に、身近にある自分が悪意を持っていない宗教として、熱心に始める時がくるなら、その時だと思っています。
その時に自分が幸せだと感じれたなら、それでいいというか。

選挙活動にしても、その他の事でも、もの申したい事はたくさんあります。
真に正しい、素晴らしいものだと思うものは人に勧めたくなるというのは人間の性分だと思いますが、相手が欲した時に話せばいいのじゃないかと思っています。弱みにつけ込むではなく、勧める人間は心から相手が幸せになれる方法だと信じて勧めていて、勧められる人間は、相手の真心だと感じればいいのじゃないかと。それから自分で判断をすればいいのだと。
39. Posted by アユミ   2007年01月30日 15:00
こと宗教になるとすごく難しく感じますが、人間の基本の付き合いとなんら変わらずに捉えられればいいと。
勧められる人間は、今まで普通の生活を送っているのだから、勧める人間がより気を配らなければいけないと思います。相手にとって未知なる異物ですからね。

選挙においては、応援している人がいれば、当選させたいのは当たり前の気持ちであるのだから、久し振りの友達に「元気?最近どうしてるかなと思って」などという、希薄な友達風なのは、本心が多少あっても、それがメインではないのだから、単刀直入に謝罪をいれてさくっと話せばいいと思うのです。

とにかく、受け売りの「創価節」はやめて、自分が感じている事を自分の言葉で人に語っていくようにしていったら、もっと違う創価目線が確立されるんじゃないかなあ、と、
熱心な学会員に解って貰いたいです。
40. Posted by アユミ   2007年01月30日 15:11
すみません、死ぬほど長くなってしまいました 汗
投稿しようとしたら、文字数を制限されて、書いた物をそのまま載せたら、この回数です。ごめんなさいね。

canaryさんのお気持ち、すごく良く解ります。
私は結婚や付き合いに学会を織り込もうとは微塵も思っていませんが、学会員であることをあっけらかんと言いたい方です。
包み隠さず自分の事を、という意味でですが、堂々と言う反面、こんなことで付き合いがおかしくなったら…なんて不安になる気持ちもあります。
あなたのように理解のある彼氏が居たら、彼女は怖いもの無しだと思うのですが、なかなか折り合いも難しいのでしょうね。

愛で彼女を解き放ちたいという気持ち と
愛してるから、あなたの事を祈りたい 理解させたい、ということと、
方法は違えど心は同じ方向を向いているのではないかなと思います。

長文失礼しました!
41. Posted by pre   2007年01月30日 17:38
はじめまして、preと申します。

私は創価3世の学会員です。
中学生の頃から創価学会に疑問を持ち始め、現在まで未活動を貫いています。

今回canary_windさんのブログをすべて拝見させていただき、今まで自分の中だけでずっと悩んでいましたが、共感と感動を覚えております。

是非canary_windさんに、個別に聞いていただきたいこと、相談に乗っていただきたいことがあります。
メールさせていただいてもよろしいでしょうか?
42. Posted by すみれ   2007年01月30日 23:04
canary_windさん、ありがとうございます。
この掲示板に励まされています。
リニューアルしてとってもかわいいし、笑

お言葉に甘えさせて頂き、時々書き込みさせて頂きます。

こんなに、悩んでいる人が多いのに、なんら
問題にならない現状に怒りを覚えます。。
一体、これから先、いろんな人を巻き込みながらこの団体はどうなって
いくのでしょうか。。。?
43. Posted by みき   2007年02月02日 16:13
はじめまして。
先ほど偶然このブログを見つけてざっと読ませていただきました。

私の彼は3世です。
そして私も2年ほど前入会しました。
家庭の事情で実家にいることができなくなり彼の実家で2年ほど暮らしました。

当然折伏されて、お世話になっているし彼との結婚も考えていたので入会しました。

でも、結婚したとして私の両親と彼の両親が親戚になることに不安です。
両親は学会嫌いで特に父親には私が入会していることすら知りません。

先が思いやられます。。
44. Posted by みー   2007年02月02日 16:15
43のみきですが、同じ名前の方がいらっしゃるようなので『みー』にしました。
45. Posted by みや   2007年02月02日 16:46
初めまして。私は出来ちゃった結婚でバリバリ活動家の旦那と結婚して、まだ半年なのですが、正直かなり悩んでいます。

これから先のこと、子供のことを考えると離婚したほうがいいのかとも思っています。


結婚の際に私も、子供は生まれるとすぐに強制的に入会させられ、大げさですが、ほとんど私の人権は無視です・・・。


デフテックはうちの旦那もある日突然好きだといいだし、一時期は毎日聞いていました。


もう、学会員との生活に本当に疲れました。
46. Posted by acura   2007年02月04日 19:56
はじめまして ACURAと申します。私も学会員の彼女と4ヶ月前に別れたものです。度々canary_windさんのブログを拝見させていただいています。私と全く同じ境遇で別れを選んだ人・悩んでいる方の多さ驚いています。 私も別れて4ヶ月たちますが、私が選んだ道がほんとに正しかったのか今でもわかりません。 創価問題で悩んでいる全ての人が良い方向に行くよう願っています。
47. Posted by やまがら   2007年02月05日 19:51
canary_windさん 今OOは はじめまして
現在、長男が学会員の彼女との結婚を望んでいます。仕事も辞めるといっています。
学会については、若い頃から色々な嫌な面を見てきていますので 私としては100パーセント受け入れる事は出来ません。
長男が何故学会が駄目か理由を聞いてきたので説明すると そんな事は学会以外でいくらでもあるという論法を連呼します。
そこでお聞きします。もしcanary_windさんのお父様が親子の関係を絶ってまで反対した場合どうされますか?
48. Posted by アサコ   2007年02月05日 20:34
anary_windさんこんにちは、アサコと申します。

私は生まれた時から創価学会でしたので、
創価学会が一番正しいと思ってきました。
現にかなりの活動家でしたし、家族も(父以外)
熱心な信仰をしていました。

でも今の彼に出会って、私の創価学への信仰心は消えました。彼は創価学会がかなり嫌いで、付き合い当初はかなり言われました。

やはり好きなだけでは乗り越えられない壁だと思います。母には彼が創価学会を嫌っているというだけで
別れろと何度も言われました。学会じゃなければ
絶対に幸せになれないからと。
49. Posted by アサコ(上の続きです)   2007年02月05日 20:35
でも、本当の幸せって「学会だから」ではないな、と
思えた事が私が信仰をしなくなった理由です。
学会にいれば安心、幸せ、と幼いころから言われ続け、私が少しでも創価学会を離れたら「もう子供ではない」と突き放す親が信仰しているものを、
私は信仰して幸せにはなれないなと思いました。

皆さんが本当に幸せになれる(傷つかない)人生を
今真剣に考えることはとても大切です。
50. Posted by canary_wind   2007年02月05日 22:30
>アユミさん

はじめまして。
創価2世でアユミさんのようにニュートラルな受け止め方をされている人もいるのですね。創価の「うんざり」な面も見習うべき面も両方理解しておられるように感じます。活動熱心でまわりが見えていない活動家が皆あなたのようになってくれれば学会も大きく変わると思います。

僕と彼女はお互いに「理解してほしい」と願いながら、違う方向を向いているようなものですね。彼女があなたのようだったら、理解しあえたのかなと思ってしまいます。
51. Posted by canary_wind   2007年02月05日 22:35
>preさん

はじめまして。たくさん読んでいただいてありがとうございます。僕もたくさん悩んでいろんな方のブログを読んできました。

メールしていただいてぜんぜんかまいませんよ。
canary_wind@brown.livedoor.comにお送りください。
ただ、忙しいこともあって返信は遅くなってしまうかもしれません。
あと、僕は学会にそれほど詳しいわけでもないので、良いアドバイスができるかどうかはわかりませんが、それでよろしければいつでも送ってくださいね。
52. Posted by canary_wind   2007年02月05日 22:43
>すみれさん
こちらこそありがとうございます。気まぐれでリニューアルしてしまいます。
悩んでいる人の数と解決策の少なさがあってませんよね。公明党の力、創価の資金力は言論封鎖を生みます。恐ろしい力です。


>みーさん
はじめまして。
彼のために入会されたのですね。確かに親族の問題は大きいです。学会員の親族が非学会員である場合、一切交流のない事が多いようです。お互い寛容性がないからこうなるのでしょうね。

53. Posted by canary_wind   2007年02月05日 22:51
>みやさん
はじめまして。
深刻なお悩みですね。一人で悩んだり、離婚を決めたりする前にたくさん話しをしましょう。お互いが良い方向に向かうことを願うのは間違いないのですから、たくさん話して打開策を見つけましょう。あまり深刻になって旦那さんを追い詰めるとより悪い結果になるような気がします。

まずは家庭から笑顔がなくならないような生活を送ってほしいと思います。
わかりあうには途方も無い時間がかかりますが、全てを一瞬で終わらせてしまうより良いのではないかと思うのです。

そして自分の意見を旦那さんと穏やかに話し合えるようになるのが理想です。難しいですが、大切なことです。
54. Posted by canary_wind   2007年02月05日 23:09
>acuraさん
はじめまして。
同じ境遇だけど、悲しい結果になってしまったのですね。いつも思いますが正しい結論なんてなくて、誰だって自分や相手のために最適な結論を選ぶんですよね。

>やまがらさん
はじめまして。
息子さんの気持ちもわからないでもないのですが、仕事を辞めるというのは極端すぎますね。恐らくやまがらさんは創価が嫌いな気持ちが強すぎて、息子さんは彼女が好きな気持ちが強すぎて、お互いに反発してしまっているのではないかと思います。息子さんが学会の悪い面を十分理解していないとしたら、洗脳されてしまう危険があるので注意が必要です。でも、息子さんに伝えるときは言葉を選ばないと反発心しか生まないので気をつけてほしいです。
ご質問の件ですが僕は父と断絶されても彼女を選ぶでしょう。生涯の伴侶は他の何にも変えられないです。
55. Posted by canary_wind   2007年02月05日 23:31
>アサコさん
はじめまして。
学会が一番正しいという思いから、「学会だから」幸せなんじゃないと気づくことができるという体験を聞かせていただき、とても心強いです。

僕の彼女の母親も創価に入ってないころの僕を拒絶しました。学会が絶対条件の幸せなんて、あまりにもおかしいと思います。

幸せは親が子に押し付けるものではないですよね。
56. Posted by やまがら   2007年02月05日 23:36
早速のご返事ありがとう御座いました
良く解りました。
息子もその覚悟は出来ている様です
私は今までに親の死・勤め先・友人等 創価学会との関わりにおいて色々経験してきました。その結果どうしても受け入れ難い物が体の中にあります。無論皆さんがここで述べられている事柄も含まれます。

息子も皆さんのコメントを見てくれればいいのですが・・・・・・・
では失礼します

57. Posted by えりこ   2007年07月26日 00:57
4 みなさんはじめましてこんばんはー^^
私は埼玉の女子部員です。大変興味深いブログ いつも拝見しています。実は私5月に彼を 祈伏し 彼を入会させることができました今の彼とは付き合って半年になります^^
こんなにスムーズにいったのは 彼の近所の
おばさんが熱心な学会人であるからです
 でも彼は私が学会人であることをまだ

母親に話せてないみたいなのでそれが
不安ですが祈るしかないと思ってます
もちろん彼とは結婚も考えています^^
58. Posted by 創価瓦解   2007年07月26日 11:13
どうして折伏などという不幸の拡散を自慢するのかねえ?

えりこさんは池田大作個人崇拝を異常だと思いますか?
毎日バカみたいに池田大作を礼賛する記事を載せている聖教新聞は、金正日を将軍様と呼んで毎日礼賛記事を載せている北朝鮮の労働新聞と同じ・・・それが非学会(「反学会」ではない)の人が聖教新聞を読んで感じる典型的感想だってことを承知してますか?

創価学会に入会したことが親に言えないのは、世間の学会への偏見や嫉妬があるからではなく、創価学会がカルト個人崇拝組織であり、過去に言論出版妨害・盗聴・写真偽造などの反社会的事件を起こした「事実」がある危険な組織だからです。

親が学会員で生まれてすぐ勝手に入会手続きされた2世学会員には同情の余地はあるけど、いい歳した者が彼女に折伏されて入会するなど、まったく同情の余地はない。

創価学会は社会悪である。
59. Posted by 和歌   2007年10月06日 14:11
盗聴事件の真実を調べたくてネットをみていましたが、反学会ジャーナリストが書いたものばかりで真実が不明でした。そこからcarry windさんを知りました。はじめまして(^^;)なぜそこまで彼女にこだわり努力できるんですか?彼は私に流れている学会の血を嫌っています。私は学会2世ですが組織に馴染めず板挟み。組織のやり方に疑問はあるものの自分の夢や目標を叶えるパワーになったり生きる歓びは湧くので棄てきれません。でも彼も憎しみに近いくらい学会が嫌いで、私は身が引き裂かれるほど苦しんでいます。
60. Posted by 和歌   2007年10月06日 14:12
盗聴事件の真実を調べたくてネットをみていましたが、反学会ジャーナリストが書いたものばかりで真実が不明でした。そこからcarry windさんを知りました。はじめまして(^-^)なぜそこまで彼女にこだわり努力できるんですか?彼は私に流れている学会の血を嫌っています。私は学会2世ですが組織に馴染めず板挟み。組織のやり方に疑問はあるものの自分の夢や目標を叶えるパワーになったり生きる歓びは湧くので棄てきれません。でも彼も憎しみに近いくらい学会が嫌いで、私は身が引き裂かれるほど苦しんでいます。
61. Posted by 創価瓦解   2007年10月06日 15:49
和歌さん、盗聴事件については東京地裁の判決が出て確定して、共産党に金を払っています。
したがって、真実不明などということはありません。
それでも疑うなら、東京地裁の判決を自分で調べたらいいでしょう。
それでも怪しいなどと主張するのなら、それは学会擁護のために都合の悪いことは無視するという態度になります。

2世の人は生まれた時から創価教育をされているので、世間の非創価の感覚がなかなかわからないと思う。
非学会員の恋人が学会を嫌う場合、多くは「個人的信仰で留まらない」からだと思います。

学会は恋人への折伏を要求する。
結婚した場合に、親兄弟に折伏をしてこられることがある。
子供が産まれたら勝手に創価に入れられることがよくある。

こういったことをどう話し合えるかですね。

62. Posted by マッキー   2008年08月27日 02:45
5 なんか、ドラマになるような話しで読んでて楽しかったです。弟が学会で自分を含めて家族は反対でしたけど、別にその程度なら警戒する事はないただ、おふせだけは、気違いの人は何百万と納めて破産する家族がいるので、その事は話した方がいいと思いますよ
学会はあと数年で崩れます。ここだけ覚えといて下さい。その時、本当の日蓮大聖人の事がわかります大聖人と選挙はなんも関係がありません 聖教新聞はデタラメです。
63. Posted by マッキー   2008年08月27日 03:00
5 広宣流布は選挙の票を集める用語ではないです。日本一同が大聖人を信じてお題目を唱えると生命力が湧き自分の悪い性格がかわり宿命転換が叶う。いずれ上は天皇から子供までもが唱えると日本は仏国になって今の日本がひっくり返る事でそれも、あと10数年で事実になります。《日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ》仏法〔ぶっぽう〕が表紙になっている本をみかけたら読んでみて下さい。
64. Posted by あ   2008年08月30日 00:59
おっと、顕正会
65. Posted by 常勝関西人   2009年10月18日 16:13
1 私は結婚するまで 学会人ではありませんでした。 でも 結婚して 家内の話を いろいろと聞いてると為になることもかなり有ることに気が付きました。 宗教は心の拠り所と思っていませんか?
66. Posted by 惨敗関西   2009年10月18日 23:09
関西でも惨敗だった公明党は、選挙区の議席が0だったね。
それでも常勝関西とは、お笑いHNだな。

都合の悪いことは無視するのが創価学会だから、公明党が議席を減らしたことも頭にはいってないのかもねwwwww

宗教ったって創価学会のような危険なものは論外だ。
67. Posted by きい   2013年01月01日 11:14
1 私は学会員です。創価学会を批判する方は、だいたい嫌な学会員と接した方です。外の方が活動を見られても、それは一つに過ぎません。
一を見て十知った気になりネットに批判を書く方が多いですね。
無理矢理、学会活動に参加させるようなら断ってもよいと思います。
強制は間違った行動です。
学会員としては、まず自分が信心に励み、変わり、初めて周りの人を説得し活動に誘えると思います。
彼女さんへ話してみて下さい。
間違った勧誘は、創価学会を汚します。
68. Posted by 麻原   2015年01月01日 21:24
1 今日潜入捜査してやったおまえら気ずけマインドコントロールされたボケカスが

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
最新記事
Profile