2011年04月06日

計画停電が起きるからではないが将棋と囲碁の話をしよう

参照→東京電力
><計画停電の実施状況(4月6日 17:30更新)>
>4月7日(木)〜10日(日)の計画停電は実施いたしません。
>なお、すでにお知らせのとおり、本日の計画停電についても実施いたしません。
……だそうです。

任天堂のDSでも『ぷよぷよ』は発売されています。(私が『ぷよぷよ』を最初にプレイした時から、もう10年以上は経っています。)(最初はコンパイルが販売していましたが、今ではセガが販売しています。)ぷよを効率的に使おうとするあまり、回転させたり置く場所に迷ったりしていたのが、弱点でした。そこで私は、全く回転させずにプレイし、連鎖を組めるように特訓した事もありました。「とことん対戦」の中で7連鎖を組む事に成功した事もありました。しかし、3つのぷよを一箇所に集めて、消せる直前になるように並べておく時、どこかで見たような形になります。

今回は、2月から話題にしようとしていた、将棋囲碁について書いてみます。(電気を使えなくなった地域で、ボードゲームをしている人も、入るかと思います。)
以前にも明記した事でしたが、私は将棋より囲碁の方が好きです。シンプルで奥が深いからです。
将棋では、
・千日手禁止
・打ち歩詰め禁止
・二歩禁止
などのルールが理不尽なので、どうにも割り切れません。(「空き王手の無視禁止」は、当然です。なにしろ、そうしないと玉を取られてしまうからです。)しかも、『最後の審判』という、問題提起の詰め将棋問題には、日本将棋連盟が明確な回答をしておらず、それも理不尽に思います。

関連→もずいろ_「最後の審判」についての私見

実は、『ぷよぷよ』で、3つのぷよを集める形は、囲碁の欠け目の形に似ているのでした。4つのぷよを繋げる『ぷよぷよ』と、四方から囲む囲碁とでは、似てくるのは当然だったのかもしれません。
しかしアンケートをとってみたところ、将棋の方が人気でした。

※アンケートは2月13日(日)17時過ぎに作成し、投票期間は2月28日まで
※どのアンケートも、1票も入らなかった選択肢は無し


将棋と囲碁と、やってて面白いのは?
83票
将棋:68.7%
囲碁:31.3%


これらの将棋類のゲームの中で、一番楽しいのは?
65票
将棋:64.6%
チェス:29.2%
シャンチー:04.6%
チャトランガ:01.5%


将棋の中で、好きな駒は?
94票
飛車:55.3%
桂馬:11.7%
角:10.6%
金:10.6%
銀:6.4%
香車:05.3%


ズバリ、将棋の最強の駒は?
123票
飛車:55.3%
歩:10.6%
金:10.6%
角:09.8%
銀:05.7%
桂馬:04.1%
香車:04.1%

「好きな駒」でも「最強の駒」でも飛車がトップになりました。「将棋の中で、好きな駒は?」の選択肢に歩を入れずに「ズバリ、将棋の最強の駒は?」の選択肢に歩を入れたのは、歩を「最強の駒」として認識している人がどれほど居るのか、調べてみたかったからでした。差し手の好みの違いによって好みの駒も違ってきます。

将棋でどこまで歩が大事か。
マジック:ザ・ギャザリング』の“導師”と称される鶴田慶之さんは、「最強のカードは」との質問に「《島》《山》だな」と答えています。「基本的なものこそ最強」と考えるのなら、この発言は、「将棋では歩が最強」という話に通じるものがあります。

『マジック:ザ・ギャザリング』はTCG(トレーディングカードゲーム)なのですが、大抵のTCGは、ランダムにシャッフルしたカードを使っています。それゆえに、「シャッフルによるランダム要素」と「手札の中の非公開情報」とが混在しています。
一方、囲碁,将棋,チェス,チャトランガなどは、すべて二人零和有限確定完全情報ゲームに分類されます。これは、ゲームの全ての要素が全てのプレイヤーに公開された形のものです。
もし新しいTCGのルールをデザインするのなら、「非公開かつ確定要素」のカードをゲーム前に用意し、それも含めたうえて対戦するような形式が良いかと思います。(ここで云う「確定要素」とは、ランダム要素の入らないゲーム要素のことです。たとえば、通常のライブラリーとは別にカードを用意しておき、それを伏せたままゲームを開始する、とか。)

「好きな駒」と「最強の駒」とが殆ど一致する事から、将棋の魅力は、駒という具体的なものの魅力に支えられていると考えられます。

そういえば、『マジック:ザ・ギャザリング』以外の後発TCGは、その多くがキャラクターを全面に押し出した商品性で売り込んでいるものばかりです。つまり、それらに比べれば、ノンクリーチャーデッキ(クリーチャーの無いデッキ)を簡単に組めるのは『マジック:ザ・ギャザリング』の魅力だとする事もできます。

ところで、有名碁打ちよりも有名将棋指しの方が、マスコミが話題にする事が多いと感じるのは、私だけでしょうか?スポーツ新聞は勝負事なら、スポーツ以外の事でも記事にしています。それがたとえ、将棋でも選挙戦でも。
もし、マスコミにとって将棋が報道しやすいものだとしたら、それは
・「○○九段は一手損角換わり戦法」
・「ここで飛車が動く」
・「○○名人は居飛車穴熊で防衛に成功」
などと、人物名と駒の名前や用語を同列に扱う事で、キーワードを並べるだけでニュース記事を書く事ができるからかもしれません。(そういえば、少し前に、朝日新聞の記者が羽生名人に、対局中にサインを求めるという、公私混同かつタイミングの悪い事をしていましたね。)(ちなみにゲーム脳仮説は疑似科学なので、知っておいてください。)


「将棋を好む者は具体的なものを好む」としたら「具体的か抽象的か」で考えるのなら、
将棋は文系で囲碁は理系
あるいは、
将棋は物理で囲碁は数学
という対比で論じる事が可能なのかもしれません。

参照→2chニュー速クオリティ 飛車と角行は無能な王の下に甘んじてないで自分たちで国を興すべき(2011年02月14日公開記事)

参照→とある岩手県民の将棋日記_暗闇に堕ちる街並み 人はどこまで立ち向かえるの(2011年03月14日公開記事)

参照→ニコニコニュース 棋士・羽生善治はなぜ負けないのか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
棋士・羽生善治はなぜ負けないのか?
新刊JPニュース 3月21日(月)22時25分配信

 「勝負強い人」とは、どのような人でしょうか。
 生まれついての天才、努力家、幾多の修羅場を潜り抜けてきた人。タイプは色々あれども、共通しているのは「きっちり準備をして臨む」ということではないでしょうか。

 『結果を出し続けるために』(羽生善治/著、日本実業出版社/刊)には、棋士・羽生善治さんが、勝負に勝つために実践してきたことや、学んできたことがまとめられています。
 羽生善治さんは、もはや説明不要の天才棋士。史上最年少で竜王位獲得(当時)や史上初の7大タイトル制覇を記録。現在も6つの永世称号の資格を保持されている方です。

 本書において羽生さんは、結果を残す勝負をするためのポイントとして、
・「恐れない」
・「客観的な視点を持つ」
・「相手の立場を考える」
 この3点を大事にしているといいます。

1、恐れない
 経験や実績を積むことで、思い切った決断が出来なくなったり、自信が鈍ってしまうことがあります。
 こういうときは、必要以上の恐れを持たずにいることが鍵になりますが、そうなるには、不要だと思うものを手放すことが重要だといいます。例えば、「実績」などは捨ててしまうにこした事はないのだとか。
 新しいことに挑戦する時は、「必要・不要」を見極めて、不要なものを捨ててしまうことが恐れない心につながるのです。

2、客観的な視点を持つ
 局面を中立的に、他人事のように見ることで、熱くなった思考のリズムを整えたり、切り替えたりすることが出来るようになります。客観的な視点を保つことが、大事な局面を見失わずミスを減らすことに繋がるといいます。
 例えば羽生さんは、「扇子を閉じたり開いたりする動作」で自分のリズムを作りながら対局しているそうです。

3、相手の立場を考える
 将棋の“三手の読み”のように、「自分が指し、相手が指し、それを返す」という駆け引きにおいて、自分の手ばかり考えず、相手はどんなベストな手(自分にとっては不利な手)で返してくるかを、相手の目線で考えるのが大事だといいます。
 それに対して、さらに自分のベストな対応を模索するのは辛いことですが、相手に追い詰められるという不利な状況をシビアに捉えることで、新しい局面を生み出せるのだそうです。

 これら3つの心構えが、結果を出す勝負への第一歩になるのです。

 本書は、羽生名人流の負けないための準備が、自身の体験を元にして語られた一冊。
 「勝負への準備や心構え」「プレッシャーやミスに対するフォローのポイント」「ツキ・や運に頼らない判断力」に重点をおいた内容なので、実践していきなり勝負強くなるものではありませんが、「勝ち続けるための準備」を考えるにはぴったりです。
 天才・羽生善治さんのアドバイスをぜひ参考にしてみてください。
(読む新刊ラジオ1372回:本書をダイジェストにしてラジオ形式で配信中!)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参照→YouTube_北島三郎 − 歩

↓今日もアンケートを作りました。



cancerkiller173 at 23:38│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by fifa 15 coins   2014年10月24日 15:53
cancerkiller173のブログ『AD173丁目』:計画停電が起きるからではないが将棋と囲碁の話をしよう
2. Posted by fifa 15   2014年10月24日 15:53
cancerkiller173のブログ『AD173丁目』:計画停電が起きるからではないが将棋と囲碁の話をしよう

コメントする

名前
URL
 
  絵文字