2008年11月

2008年11月18日

成長

今日の稽古後のバイトが始まって1時間くらいで


  やべ。
  立ってらんねー。


と、物にすがる状態に陥りました。






現段階では稽古中ずっと演出として座ってるだけやのに、終わった後にどわっときます。
疲労感が。


稽古中は大丈夫です。
アドレナリン。
座ってるだけやし。









今日。
ぶち切れるところでした。
あと一歩で。



全体的に慣れてきて、
役者の自由度が増したり
発想が出やすくなったりしている中で、
逆にダレてくる人間がいると、ものすごく目立ちます。





で、
ぶちんといきそうなところを、
2年前なら確実にぶちんなところを、
ぐっと堪えました。


なぜなら
ぶちんの後は、稽古場の空気が悪くなるからです。


なのでそこはぐっと堪えて、稽古後にこっそり

  おれさっき切れるとこやったから。

と伝えました。





やー。大人になったな。

でもぐっと堪えるのん、めっさエネルギー使うねんな。

終盤に3回くらいあったしな。



さすがに稽古場全体の空気に腹立ったらいきますけど。

それはどの公演でもないな。
今回もないやろし。




成長したな。と思いました。














……という前フリがありまして。


先日知人から


  僕にとっての成長とは何か。


という問いがありました。






常々

  成長したい
  成長するには

とか言っているのですが、
いざ問われると即答できず。




考えた結果、


  自分のなりたい人間に近付く現象


ということになりました。

考えた結果、
といいますか、
問われてすぐに頭に出てきた答えが結局結論となりました。

普通ですみません。






  理想とする要素を身に付け、
  廃除すべき要素を除去する。


ということでしょうか。
それらしく言えば。










公演2か月以上前で意識が遠退きそうになる。

早い。



体は健康ですので。
キャパオーバーしそうなだけです。

うまく時間を使わなければ。

2008年11月12日

東京

いろいろと、考えます。




大阪1か月。
  ↓
九州2日間。
  ↓
東京2週間。




大阪。


役者としては出来る限りのものを出してきました。
全体的にも個人としても、多々誉めていただきました。


そして学生時代の友人と会い
あの頃にほんま戻れて、
戻りながら、
今の変わってしまった自分に気付いて。




家族とも久々に何日かを共にし、
この人たちのおかげで自分の人格が形成されたことを知る。

感謝。


役者仲間たちを家に招き、
いい家族だと言ってもらえた。
そう言ってもらえる家族なんや。
よかった。


しかし子供の頃からのおれの短所はそのままらしく、
親からは心配され
妹からは説教をくらう。
ごもっとも。




そんな想いを胸に、帰京。




何かを変えてやる。




何も変わらない。




現場と劇団の稽古場でのみ
自分の存在意義を感じる。




それだけが救い。




それだけでいいや。




何も変わらない。




結局変えられない。




今は。


今も。




芝居のことしか抱えられない。




もっと。


容量のある人間になりたい。




人として。


成長したい。