2010年04月

2010年04月30日

大阪におります。

大阪に帰る度に集まるメンバーがいます。

9年半前に一度だけ、
いろいろな大学の30人弱で
一日100万円の劇場を大阪市援助により数万円でお借りして
芝居を打ったメンバーです。


そのときのビデオがあるという話は毎回出ていまして、
メンバー宅でやっと観ました。

が、舞台公演の映像は今日いなかった子が持っていて、
稽古の合間の映像集だけがありました。


一人一人のインタビュー形式で、誰か映る度に

 若けぇ若けぇ

とはしゃぎながら、まぁそんなに僕は変わってないだろと思っていましたが
川末が映った途端、



12c833e0.jpg



愕然としました。

なんだこりゃ。
これ22歳か。

太っているように見えるのは、ウソです。
体重は変わっていませんので





この公演の3週間後に他の公演があり
髪を少し茶色に染めましたが、
あの頃が人生のピークでした。

何の苦労も知らない顔。



次、夏に集まるまでに
この頃まで若返ることな。

と、別れました。






今日は劇団の先輩後輩と飲みです。
なぜか通天閣下集合です。
一回しか行ったことない。
怖いもん。あの辺。

2010年04月23日

素晴らしい映画。


主演  西田敏行
助演  渡辺 謙


 「陽はまた昇る」


監督の佐々部清さんは
一昨年の舞台のお仕事で演出をしてくださった。
才能を持ちながら、非常に謙虚で心優しい方。






三十年前の実話に基づいた作品。


何回泣かせるねん。
と思った。





挑戦することの意義。

夢を実現させようとする誇り。

成し遂げることの偉大さ。

共に闘う仲間の尊さ。




これを素直に描く映画には
否応なしに涙が流れる。


「タイタンズを忘れない」
「フラガール」
「ミュージックハート」
「ユナイテッド93」


挙げていくと
実話の物語ばかり。









劇団に、繋がる。

劇団なんて無くても誰も困らない。

でも。
挑戦する。

挑戦するからには
全てを注ぐ。

一人では無理でも。
みんなで向かっていく。










仲代達矢氏演じる

松下電器創始者
松下幸之助氏

のラストの言葉が
この作品を総括している。



  なにごとも

  ひと

  ですなぁ。

2010年04月19日

誕生日から2週間が経ちました。

素敵な誕生日会でした。







そして今。

脚本が行き詰まりすぎて
元気がありません。
顔が険しくなっているのが
自分でわかります。
そんな毎日です



僕が大好きな、テレビドラマなども手掛けていらっしゃっる劇作家さんのblogも
苦しんでいる日記が多いです。

でも稽古の日記は
楽しそうです。

すげぇわかる。




行き詰まったので
登場人物の名前を考えることにしました。
一先ずは仮の名前で書いていました。

一人一人に、かなりの時間がかかります。
そりゃそうだ。
命を吹き込む。


この前のヒロインの名前も
3時間考えて決めて
でもまた後日考え直しました。









そして。
知り合いの放送作家さんや、おもちゃ会社の社長さんが企画する

 大人の運動会

の企画のお手伝いをしています。

エロスではなく、
大人が子供のように楽しめる運動会です。
競技名だけでワクワクするものもあります。

リハーサルなどもあるので、
本番は7月を予定しています。
その運動会の名前も、考えねばなりません。


とりあえず。
来月、全員がアフロのカツラで集まって
渋谷の白木屋で大勢で飲もうと企んでいます。

飲み会だけの参加も大歓迎ですので
ご興味ある方はお気軽に








今稽古中の公演
「ごめんね龍馬」
も。

公演2か月半前にして
相当な作品になる自信があります。


先日、初めて稽古するシーンがありましたが、
観ていて危うく泣きそうになりました。

僕は。
その素敵なシーンには微妙にしか関わっていません。

準主役ですが。
準主役ってのは自分で言ってるだけですが。


チケットぴあでも取り扱っています。
Pコード…403・141
です。

是非お越しください








そんなこんなの日々です。

相変わらず
週に7本くらい、家で映画を観ています。

最近のヒットは。

「感染列島」

こんな邦画がたくさんあればいいのに。





世の中のほとんどの作品はおもしろくない。

でも時々、素晴らしい作品が存在する。

だから、創る。

2010年04月01日

台詞を言っていたら、前歯が欠けた。

そして飛んでいきました。
それでも台詞を叫び続けたので
誰も気付きませんでした。


というくらいに、
6月末から7月頭まで出演する舞台公演
身を削ってがんばっています。





子役も含めて50人以上出演する作品で
準主役を戴きました。
まぁ勝手に準主役って言ってますけれども。


いい役です。
稽古が多いのは基本的にキライですが
稽古場では楽しくやらせてもらっています。
今のところ、好き勝手やってます。

男前がどう振る舞うのかを、男前映画で研究中です。






平行して脚本を書き始めました。
その途端に体の調子が悪くなり
一人で追い込まれています。

日々、心と体がおかしいです。

毎回のことですが。






明日の夜は
我が家で久々の小パーティーなので、
片付けねばなりません。

と宣言しないと片付けませんので。








以下、簡単に
3か月後の公演情報です。


テアトルアカデミー公演
 「ごめんね、龍馬!」

脚本・演出
 西村太佑(グワイニャオン)

上演日時
6月30日(水)19:00
7月 1日(木)19:00
   2日(金)14:00
       19:00
   3日(土)14:00
       19:00
   4日(日)13:00
       17:00

場所
 品川六行会ホール
  東京都品川区北品川2-23-2
  京浜急行線新馬場駅徒歩2分です。

料金
 前売 3800円
 当日 4300円


です。

チケット販売始まりました。
お越しいただける公演がお決まりになりましたら
ご一報ください

おもしろいと思いますよ