2011年04月

2011年04月02日

劇団川末公演。と、その先。

いろいろとありました。
32歳。


そして劇団川末の一区切りとなる公演も
無事に終えることができました。

ご来場くださった方
応援してくださった方
ご協力くださった方々

本当にありがとうございました。




震災からちょうど一週間後の公演、
思うことがたくさんありました。




約八割のお客様がアンケートを書いてくださり、
その中で、これだけ多くの再演希望がある公演は初めてでした。
そして被災地で上演してほしいというお声も、驚くほど戴きました。





それらを受けて、無力さを実感していました。
その力がない。





でもいろいろな方々のお力添えにより、
夏に被災地でのボランティア上演が可能になるかもしれません。

そして他のかたちでも、今回の作品を広めたいとおっしゃってくださる方々がいます。

これだけの人たちが動こうと思ってくださる作品を劇団として届けられたことを、本当に嬉しく思います。









大阪でも。
腐ることなく、がんばってまいります。

やるべきことが山積みです。




上演記録のDVDも作っていただき、
たくさんのご予約も承りました。







次回作。
の前に。

本作品をもっと意義のあるものに。


あと、引越準備がんばります。