2011年06月03日

映画の歴代BEST100。

大阪へ移って2か月弱。

特に意味もなく、今まで観た映画の独断BEST100を発表します。
11位からの発表です。あら中途半端。



11位から20位

ライフイズビューティフル
きみに読む物語
容疑者Xの献身
アバター
陽はまた昇る
サマーウォーズ
蛍の墓
ユナイテッド93
アイアムサム
モンスターズ・インク


21位から30位

ルワンダの涙
ラブ・アクチュアリー
ノッキン・オン・ザ・ヘブンズドア
ディープ・インパクト
シルミド
カリオストロの城
ミスト
武士の一分
クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
ウインド・トーカーズ


31位から40位

シュリ
オールドボーイ
悪人
エターナル・サンシャイン
ザ・マジックアワー
もののけ姫
バトルロワイヤル
ノーマンズランド
感染列島
es


41位以降(順不同)

ドッグウィル
アマルフィ
ノーカントリー
第9地区
コーチカーター
つみきの家
クラッシュ
ドリームガールズ
ヒックとドラゴン
街の灯
CUBE
ラストサムライ
ミスティックリバー
サッドストーリー
JSA
川の中からこんにちは
イングリッシュペイシェント
河童
リリィシュシュのすべて
ポリスストーリー
プロジェクトA
フェイス・オフ
ジョンQ
ソラチネ
ラジオの時間
十二人の優しい日本人
歩いても歩いても
奇跡のシンフォニー
ノッティングヒルの恋人
トレーニング・デイ
少林サッカー
アメリカンヒストリーX
真夜中のピアニスト
インセプション
愛と青春の旅立ち
スタンドバイミー
ボーン・コレクター
マーシャル・ロー
メメント
グラディエーター
17才のカルテ
12モンキーズ
アイアンジャイアント
善き人のためのソナタ
闇の子供たち
バベル
ウォーリー
戦場のピアニスト
アメリ
PSアイラブユー
パルプフィクション
アウトブレイク
ナイロビの蜂
ザ・ロック
奇跡のシンフォニー
クリムゾン・タイド
天使のくれた時間
アポロ13
サイドウェイ
ALWAYS三丁目の夕日
バック・トゥ・ザ・フューチャー1・2・3
ポリスアカデミー
タイタニック
ターミネーター2
風の谷のナウシカ
紅の豚
となりのトトロ
魔女の宅急便
私の頭の中の消しゴム
告白
天使にラブソングを1・2
レオン


です。

1位から10位は、以前書いたものをお載せします。



10 ゴースト〜ニューヨークの幻〜

 失って気付く、普遍的な愛。
 その儚さ。温かさ。
 恋人が、
  そこにいて当たり前
 になってしまったときに観る。
 観終わる頃には、手を繋いでいる。



9 U571

 潜水艦映画の極み。
 自分もそこにいるかのような
 圧倒的な感情移入。
 その空間に引き込まれていく。
 登場人物たちと一緒に大拍手してたもん。



8 ダンサー・イン・ザ・ダーク

 唯一。電源から切りたくなった映画。
 観ているのが辛くて仕方なかった。
 そこまで思わせてくれる作品は秀逸。
 多分、二度と観いひんけど。



7 タイタンズを忘れない

 個人競技が青春だったことを後悔する。
 この団結を劇団で味わいたいと、いつも願う。
 涙が滲んで仕方がない。
 一つの事へ向かう、成し遂げる美しさ。



6 ラスト・プレゼント

 今までで一番泣いた映画。
 最後は、涙と鼻水とよだれを垂らしながら
 「なんでや〜、なんでや〜っ!!!」
 と叫んでいた。
 少し異色の、切なくも心地良い恋物語。



5 戦火の勇気

 戦場という極限状態で露呈する
 人間の本質的な弱さ。そして強さ。
 その美しさ。
 デンゼル・ワシントンの正しい強さと
 メグ・ライアンの賞賛すべきかっこよさ。



4 スワロウテイル

 賢い。
 奇妙な異世界感の中に
 シンプルな深い愛と、切なさが混在する。
 何といっても、役者がいい。
 それらを含めた世界全体が、天才的。



3 シンドラーのリスト

 初めて、
 神
 と呼べる人物を知る衝撃。
 あまりに残酷で、あまりに美しい史実。
 魂を揺さぶられる。
 導入のだらだら感を差し引いてもこの順位。



2 天空の城ラピュタ

 夢
 信条
 勇気
 正義
 愛
 
 人が気高く生きるために不可欠なものが
 全てそこにある。



1 ショーシャンクの空に

 希望。
  生きることは、すなわち希望である
 と、強く感じさせられる傑作。
 一点の曇りもない、完璧な作品。




です。

でもこの中の8位から10位は、今では11位以下になっていると思います。





なんでこれが入ってないねん。

とか

これのどこがおもろかった??

とかあれば、教えてください。




今日はCMのオーディションでした。
なかなか良い感じでした。
candonow at 21:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔