クラシック

2006年01月27日

今日はモーツアルトの誕生日。

250年前の今日、クラシック界でとても有名な作曲家モーツアルトが生まれました。

クラシックを知らない人でも、モーツアルトの曲を聴けば、「あ、聞いたことある!」って思うでしょう。
それぐらい有名な曲が多い作曲家です。

最近では、アイネ・クライネ・ナハトムジークをカバー(?)した、KREVAの「国民的行事」が、有名ですね。

今朝のとくダネ!で小倉さんが言ってたのですが、
モーツアルトの曲って、クラシックを知らない人が聞いても感動し、
専門家が突き詰めて突き詰めて聞いてもすごいと思わせるほど、
奥深いそうです。

モーツアルトの作る曲は長調(明るい、楽しい曲調)が多いそうで、現在見つかっている(彼の作曲だと判明している)曲の8割が長調で、50ぐらいある組曲の中でも5曲(やったかな、うろおぼえ)ほどしか短調(暗い、悲しい曲調)のものはないそうです。
それは、モーツアルトは、人から頼まれて作る事が多くて、一般にわかりやすい「楽しい曲」「明るい曲」を作った事にあるそうです。
そして、タイトルのない曲が多いのもこのせいなんだそうです。

で、いろいろ混乱していたのを、作曲順に番号をつけなおしたのが、ケッヘル番号で、モーツアルトの曲には、ケッヘルという通し番号の曲があります。

これはケッヘルという人が付けたもので、「K○」という表記。
ちなみにK1は、モーツアルトが5才の時の自筆譜ピアノ曲(4曲)にあたえられているそう。
モーツアルトって3歳でピアノを弾き始め、5歳には作曲ができたんです。

じゃ、「天才」なのかというとそうではなくて(もともと持って生まれた才能もあっただろうけど)、かなりの努力家だそう。
映画では、どの手書きの譜面にも手直しがないという風に、彼の天才ぶりを表現しているそうですが、実際には未完成の曲(途中までしか書かれていない譜面)もかなり見つかっており、色々苦悩して作曲していたのがこれでわかるそうです。

これを機に、たまにはクラシックを聞いてみるのはいかがでしょう?


モーツァルト大全集(全24巻/CD180枚組)

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=

ベスト・モーツァルト100 6CD

100 Mozart Melodies

どこかで聴いたクラシック モーツァルト名曲ベスト101

Mozart Collection: 100 Masterpieces (Box Set)


0歳のはじめてクラシック

ミッキーといっしょにはじめましてクラシック!お誕生前〜0才向け

ウィーンの森の物語 / ウィーン少年合唱団

頭がよくなるモーツァルト

cano0523 at 09:20|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

2004年07月15日

倉木麻衣さんの曲を演奏されている団体

69dfdaac.gif倉木麻衣さんの曲を演奏されている団体を調べてみました。^^続きを読む

cano0523 at 14:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
コメントありがとう
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク