こんちゃ!
来年から本気出す男、さたちゃんです。

今回は、旅の服装についてです。
荷物の都合上、服装が一番悩みどころだと思います。
ぼくははじめ、一日3回着替えていました。
今思うとなぜそんなに着替えていたのか疑問です。
そのうちに適性の量がわかってきました。
着替えとかは人により違うと思います。
ぼくの場合、服は4着、靴下はその倍の8足。
これが基本でした。
靴下に関しては、途中からサンダルに履き替えたので履かなくなりましたが・・・。

①素材について
なるべく速乾性の高いものがいいです。
ポリエステル100%とかそういったものがいいです。
1
そして、中がメッシュ素材になっているものがいいです。

一番いいのはサイクルウェア。
しかし、ピチピチしているので着るのにかなり抵抗があると思います。
そういった場合はスポーツ用の綿ではない速乾性のTシャツがいいです。

綿素材のTシャツがなぜよくないかというと、なかなか乾かないからです。
汗もそうですが、洗濯した時に乾きません。
普通に干すのもそうだし、コインランドリーの乾燥機でも乾きません。
生乾きでおいておくと臭くなり、とてもじゃないけど着ることができません。

なので、服は速乾性のものを選ぶことをおすすめします。

②インナーウェアについて
服の下には、インナー(コンプレッションタイプ)を着ることをお勧めします。
今のコンプレッションインナーは、通気性の良いものから裏起毛の暖かいものまでさまざま。
夏の日焼け止めの代わりに着ている人も多いです。
季節に合ったインナーを選んで着ると、旅も快適になると思います。

③ズボンについて
ズボンはなるべく裾が締まったものがいいです。
2
裾が開いていると自転車の部品に生地が巻き込まれてしまいます。
そのことで自転車の故障や転倒につながってしまいます。
もし裾が開いたズボンを履く場合はベルトで裾を締めてください。

④レインウェアについて
レインウェアはピンからキリまであります。
いいものだと通気性もいいし蒸れないらしいです。
ぼくは比較的安めのものを買ったので通気性はいまいちでした。
ぼく自身、汗っかきなので中が結露してすぐにびしょびしょになります。
そういう場合は着替えるしかありません。
なので、雨の日は1日2回は着替えたほうがいいです。
そうしないと確実に風邪をひきます。
十分注意してください。

⑤帽子について
ヘルメットをかぶっていると髪型がぐしゃぐしゃになります。
そういった意味で、旅の途中から頭にタオルを巻いていました。
最終的には帽子になるわけですが、これは汗止めにもなります。
3
ただ、帽子の場合は1週間くらいすると臭くなるので注意が必要です。

⑥アイウェアについて
自転車に乗るときは、サングラスまたは眼鏡を付けたほうがいいです。
太陽の紫外線から目を守るほかに、虫や木の枝も大敵です。

とくに、夏場は虫が多いのでアイウェアは必須です。
また、夜間走行をするときなどは、もっと危険です。
道にはみ出した小枝や草で目を怪我したりします。
アイウェアは本当に重要なので必ず着用した方がいいと思います。

⑦靴について
靴はソールが固いものがおすすめ
100円ショップのサンダルなどは足を痛めるので注意してください。
ぼくは、それでアキレス腱をやられたので間違いないです。
おすすめなのは、トレイルランニング用のシューズです。
通気性もよく、ソールも堅いものが多いです。
自転車用のシューズかと思うくらい旅には最適のシューズです。
サンダルを履く場合もソールが固いものがいいです。
靴を履く場合は、靴下は服の2倍以上の量を用意したほうがいいです。
服は毎日着替えなくても靴下だけは毎日変えたほうがいいです。
そうしないとテント内が臭いでとんでもないことになるので・・・。
(*´Д`)


旅中の服装は人によっていろいろだと思います。
ぼくのようにコインランドリーを使う人もいれば、手洗いで済ます人もいます。
色々な考え方があるので”これが正解”、ということはないと思います。
これから日本一周に行くという方は、いろいろな人の意見を聞きつつ、自分に合った服の量を考えてみてください。

ということで、今回はこの辺で。
またね~
ノシ

↓クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村