アソビゴコロ。 Canvas-Ishii

冷凍・冷蔵トラック用保冷ツール製造の株式会社 石井
製品試作や、遊びゴコロを交えたモノづくりをご紹介。

カテゴリ: 製品試作

まだまだ暑いですね。
ということで「続・暑さ対策」のご紹介です。

弊社工場内にて、空調効率を上げるために間仕切りカーテンを取付け
空間を仕切っているのですが、どうしても天井(折板屋根)や外壁から熱が侵入してきます。

1.折板屋根用「ルーフシェード」(2016年設置)
180810-DSC_7253

折半屋根の上にメッシュ生地を張り屋根に対して直射日光が当たらないようにするためのシート。
メッシュなので雨、風も抜けます。
折半屋根の60度前後まで上昇する屋根の温度上昇を日陰によって抑えます。
180810-DSC_7255

さ・ら・に室内の天井にアルミ断熱シートを張り込んでおります。(不格好ですが)
効果は・・
IR_0393

サーモグラフィーで確認すると差がはっきりと分かりますね。

2.空調室外機
180810-DSC_7241

上記ルーフシェードで使用した材料を転用。
イレクターパイプとメッシュ生地を組み合わせ、直射日光が当たる室外機をカバー
180810-DSC_7243
効果は・・
IR_0387
色ではっきりわかりますね。

3.個人宅シェードセイル
180810-DSC_7237 - コピー
知人宅の玄関に設置させていただきました。
午前中の日差しのせいで玄関が暑いそうです。
IR_0381

完全に覆ってはいませんが、玄関内の蒸し暑さはなくなったそうです。

まだまだ暑い日は続きますが、どうぞ残りの短い夏をお楽しみください。

弊社夏季休業は 8月11日~19日 となっております。

よろしくお願い致します。


お久しぶりです。寒いですね。

もともとはテント屋と呼ばれる加工業だったのですが、現在は物流をターゲットにした
製品づくりにて活動しています。

ただ、最近は「重縫製業」という立ち位置でもっと幅広くものづくりができればなと思っております。
“重”はテント生地や重たい・厚い素材の縫製加工を指します。

そこで原点回帰ではないですが、かなりスポット的な用途ですがシャッター用のシートを作ってみました。


とある工場様で見かけたのですが、シャッターしか出入りが出来ない場合、ビニールシートを半開きのシャッターの下部に貼り付け、そして出入りできるように短冊状にカットして防風・防寒しているのを見かけました。

とても良いアイデアだなと思い、我々専門家がブラッシュアップしてみました。(パクりましたとも言う)

しっかりと隙間を埋めるようにシートにて空間を区切ることで最低限の防寒対策は実現出来ます。
そして作業者様の使い勝手のように工夫を盛り込んでいきます。

環境整備にいかがですか?

汎用品よりも専用品
これでいいではなく、これ“が”いいをモットーに。

カーゴハット4S-S 30セット製作。
DSC_0233

なんだかウルトラマンの様なカラーリングですね。

お久しぶりです。暑いですね。
夏季休業(8/8~8/16)の前に保冷カバーを1件製作しておりました。
アルミ質のターポリンシートにて大きめのカバーです。前面はファスナーで開閉。
このシートは直射日光に対して非常に有効です。

IMG_5070
結構ギラギラです。

IMG_5069
ファスナーオープン

copyDSC_2054


屋外試験を行ってみました。
中に2kgの-18℃タイプの保冷材のみを挿入し、庫内の温度変化を計測しました。
続きを読む

↑このページのトップヘ