(続き)
もし、前に歩いてる誰かが、他の誰かと話しながら歩いていたら、それこそ、絶対に話しかけられません。「お疲れ様です」その一言さえも。
二人の会話の邪魔をした事になるからね。
でも、それを無視して通り抜いたら、その二人が「あれ、カピコじゃない?なんで一声もかけずに通り抜けるの?普通挨拶くらいしない?」
って、思われるかもしれません。

矛盾してますね。
私もそれはわかってます。

挨拶してもしなくても、悪い方にしか想像出来ないのです。

だから通り抜けられません。
後、無視される。という可能性もありますよね。人と話してると聞こえない可能性もありますしね。だけど私にとっては無視と同じです。
無視は傷つきます。
それを避けるためにも、接触は裂けたいのです。

いつもそんな思いをしながら、人の背中を見て、歩調を調整しながら歩いているのです。

帰り道、駅のホームが同じなら尚更無理です。
もし、一緒に歩きでもしたら、電車が来るまで微妙な距離を保っとかなきゃ行けません。
無理です。会話が持ちません。
きっと向こうもなんでこいつ一緒にいるの?って思っているでしょう。
でも自然に離れることが出来ません。
不自然な行動は相手に嫌われると思ってしまいます。

先に相手がホームで電車を待っていて、そこを通り抜けなくちゃ行けない時は、絶対「お疲れ様です」的な挨拶が必要な気がします。
そしてその人が誰かと話してたら?

はい、さっきの"歩き問題"と同じですね。

そんな時、私はホームに上がらず待つことにします。
どんな行動が嫌われない行動なのか、ベストな行動なのかが分からないから、接触しません。ギリギリまでそこで待つのです。

優しい訪問者様は「ちょ、考えすぎw誰もそんな事考えてないし、気にもかけてないから」とか思う方もいると思います。

いえ、います。
100%居ないなんて言いきれません。
そう思う人と思わない人の見極めが出来ないので取り敢えず全て悪い方に考えます。

そんな事考えてたら何も出来ない。
そうでしょうよ。
だから、私は何も出来ないのです。
自分のやることなすこと、全て自信がないので常に受け身です。

どんな行動をとっても、悪い方にしか考えられないので、何も行動できないのです。
ネガティブを極めたらこうなります。
多分常人では考えられないほど、悪い方にしか考えられないのです。

もし、あなたの身近なネガティブな人が、上記のような失礼な行動を取っていても、許してください。
あなたが考えられないほど、頭の中は考えて考えて考え抜いての結果なのです。

本当に分からないのです。
そういう経験を積んでないから。
ネガティブさんは常人より考えられないほど気苦労が凄いのです。
その先には鬱という病気が待っているのかな。と、思ってます。
そのギリギリの所で戦っているのです。
毎日擦り切れるほど、葛藤してるのです。

社会人にもなって挨拶が出来ない大人しい人(大人しくない人は別問題)というのは思春期、話しかけて「きもw」とか、心無い返答のトラウマの所為です。
挨拶をしても無視された経験のトラウマの所為だと思ってます。
だから話しかけたら駄目だと思って過ごして来たのです。

これの克服は挨拶をされたらちゃんと返される。という経験の積み重ねですが、残念ながらこの手の人は社会人でも挨拶しても無視する相手が存在するのです。
本人、存在感が無さすぎるので気付かれない事が多々あるのです(意図的な無視もあるかもですが)なので、中々、気にせず挨拶するのは難しいですね(経験談)
やはりその度に傷つくのです。

もし貴方が自分を普通の人と思っているなら、挨拶をされなくも許して欲しいのです。
貴方より下の人を許す心を持って欲しいです。


許す。
と、言う行為は知能の高い人にしか出来ないらしいですよ!

よろしくお願いいたします。


(終わり)