December 14, 2018

ふたご座流星群。

20181212-00107404-roupeiro-000-7-view

(Yahoo!ニュースより拝借)

星空のキレイな季節になりました。
冬の楽しみは夜空を眺めること。
なんて言ったって空気が澄んでいますからね。

毎年楽しみなふたご座流星群ですが
今日は生憎の曇り空。
明日の夜も雪模様のようで
土曜の夜に期待することにします。

山に登ったり海に行ったり田んぼの真ん中に行ったりと
その時の気分次第なんですが
…忘れもしない、震災の年。
あの時のことはたぶんずっと忘れないでしょう。


友人とその前年も一緒に行っていたんですが
「今年は海の方に行こう」と言われかなり動揺しました。
沿岸地域はたくさんの痛ましい命が失われた場所でもありますし
まだまだ爪痕が残るところ。
そして何より私は“感じる”体質なのでとても行く気にはならず
山にしよう、とずっと拒んでいたのですが
ハンドルを握る友人はまるで呼ばれているかのように
海へとクルマを走らせました。

近づくに連れ、動悸と胸を締め付けられる感じが。

某海水浴場に続く一本道に入った途端、加えて肩に重みと吐き気。
さすがにもうこれ以上はムリで、半分叫びながら「戻れ!」と言い
「せっかくここまで来たのに」と文句を言われつつも
引き返してもらいましたが
幹線道路まで来ても動悸と胸の圧迫感と重みと吐き気はおさまらず。
車を止めてもらって外の空気を吸っていたら
パトロールの警官に尋問されました。
その地域一帯は津波の被害が大きかったところで
不審者と思われたみたいです(;´∀`)

早く帰りなさいと注意されましたし具合も悪かったので
その日は帰宅したんですが
その日から約1ヶ月、体調不良に加え身辺に良くないことばかり続きました。
(友人はなんともないようでしたが。)

・・・だから行きたくなかったのに。

たしかに、あの時、海に近づいたあたりで
「来るな!」と脳みそに直接言われたような感覚がありました。



あれからふたご座流星群の時季になると
その時のことを思い出しますし
その前後は何かしら起こります。。。
半分トラウマになってるかも。


ココ最近もホント、参ってます。



うん、やっぱり
ふたご座流星群を観るのやめようかな。
今年だけじゃなく来年以降も。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔