2013年06月25日

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 4

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 1

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 2

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 3

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 4




児童ポルノの単純所持禁止で“犯罪者”が続出する?
      (web 魚拓)



続いて昼間氏は、

いくらなんでも、そんなバカなことは起こらないと思うだろう。実際、今回の改正案には、注意事項として「本来の目的(性的搾取、性的虐待から児童を守る)を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならない」と書かれてある。つまり、法律上では前述したような例で逮捕されることはないのだ。


と書いており、「法律上は冤罪の恐れはない」 といったん否定しておいて、
次の文章で海外の事例を持ち出して 「やっぱりヤバい」 と
ひっくり返している。これは2つの点でロジックが不味い。

一つ目は、やや揚げ足取りになるが、
「法律上では前述したような例で逮捕されることはない」 という
論証に失敗している点。

まず、第3条の適用上の注意だけでは、
「18歳未満のアイドルの水着グラビア」 の児ポ認定の妨げにならない。
また、イヤなヤツが陥れられる危険に関しても、
加害者が工作する際に、本来の目的からの逸脱がないよう
偽装してそれに成功すれば、逮捕されるし有罪にもなりかねない。

まあ一つ目はどうでもいいが、問題なのは二つ目で、
全然事情が違う海外の事例を無理やり日本と同列に語っている点だ。

だが、児童ポルノの単純所持を禁止している国では、とんでもない理由で逮捕される事件が現実に起きている。例えば2003年、アメリカのテキサス州で入浴中のわが子の写真を撮影した母親が、フィルムを現像した写真店の通報で逮捕され、「児童の性的行為」に関与したとして起訴されている。


欧米では児童に対する人権意識が非常に高いという点だけでも
日本と大きな違いがあるのだが、更に無視できない点は、
英米のようなラフジャスティスの国では、
現場の捜査官に無令状逮捕の権限が与えられていて、
逮捕 → 起訴 → 裁判 のハードルが日本より低い、という事だ。

日本の場合は警部以上の上級警察官じゃないと逮捕状を
裁判所に請求できないし、取り調べも仔細に行われるので
逮捕行動自体が軽々しく行えるものではない。
99.9%以上有罪の見込みがないと起訴すらされない。

アメリカは取り調べ時間も短く、保釈条件も緩く、
被疑者の権利・人権は最大限尊重され、
裁判は迅速に行われ、無罪判決もバンバン出る。
そのような刑事訴訟の在り方は、広く国民の支持を得ている。
「とんでもない理由で逮捕される事件が現実に起きる」 土壌が
最初から存在しており、そこが日本と大きく異なる点なのだ。

★参考エントリ★

海外の冤罪事例を盾に取った規制反対言論は意味がない




また、アメリカでは離婚裁判を有利に進めるために、妻が夫のノートパソコンに児童ポルノを仕込むという事件も起きている。イギリスでは結婚している女性を好きになってしまった男が、女性の夫を陥れるために、わざわざ留守宅に忍び込んで夫のパソコンに児童ポルノをダウンロード。結局、すぐに犯行がばれてしまい、男はお縄になるという珍事もあった。


イギリスの例ではすぐバレているし、
アメリカの例も夫が冤罪被害にあったなどとは書いていないから、
これもすぐにバレたのかも知れない。一体、なんの例示なんだ?


こうしたなかで、最もヒドいのが2009年、スウェーデンでマンガ翻訳家のシモン・ルンドストローム氏が逮捕・起訴された事件だ。当時、ルンドストローム氏は離婚した元妻と、娘の親権をめぐって争っていた。その最中に元妻は裁判を有利に運ぶために「彼はペドフィリア(小児性愛者)である」と警察に通報したのだ。

通報を受けた警察は、ルンドストローム氏の自宅を家宅捜索。パソコンに保存されていたネットからダウンロードしたエロマンガの画像のうち「バストの大きさから判断した」51枚の画像が児童ポルノにあたるとされた。だが、これらは日本のマンガやアニメの情報収集をするために集めていたものであり、しかも児童ポルノと判断された画像は、すべて不要なため削除してゴミ箱に入れていたものだった。

一審・二審では有罪判決で罰金刑を命じられ、仕事もほとんど失ったルンドストローム氏だが、昨年、スウェーデン最高裁は「マンガは児童ポルノとは言えない」とし逆転無罪の判決を下した。


この記述がおかしいのは、スウェーデン最高裁が
「マンガは児童ポルノとは言えない」 などいう判決を出している点だ。

スウェーデンの児童ポルノの定義は他国に比べても広範囲で、
アニメやCGは写実的で、
思春期の発育が完成していないと判断されれば違法になる。

このマンガは児童ポルノとは言えない」 という判決なら、
写実性やキャラの年齢が争点になった裁判であると理解できるが、
昼間氏の記事だけ読むと、あたかもスウェーデンの創作物規制が
最高裁によって否定されたような印象を受ける。

ヘンだなと思ってちょっと調べたら、昼間氏は去年
こんな記事を日刊サイゾーに書いていた。

【速報】スウェーデン「非実在青少年」裁判 
スウェーデン最高裁が起訴自体を批判し無罪判決

      (web 魚拓)
裁判所は、検察側の訴えを「却下」あるいは「忌避」(日本語の法律用語でどれが正当かは確認中)し、「(問題となった39点のイラストのうち)1枚はリアルなので有罪になる可能性も考えられる」としながらも「犯罪として成立しえるものではない」と、ルンドストローム氏をイラスト所持を事件化し起訴したこと自体を批判しているという。

「東方のクリアデータを返せ!」
スウェーデン<マンガ“児童ポルノ”裁判>元被告が悲痛な訴え!(1/2)

      (web 魚拓)

──最高裁が、1枚だけは児童ポルノに該当すると
    示唆したことについては?

スウェーデンの裁判所は違憲審査の権限を持たない。そのため、明らかに法律が誤っていることに言及するのを避けるための政治的な方便だと思う。穿った見方をすれば、法律に対する議論を喚起する狙いがあるのではないかとも考えている」


やっぱり争点は写実性じゃないか。
しかもスウェーデンの裁判所に違憲審査権はない、ときた。
昼間氏はそれを知った上で

スウェーデン最高裁は「マンガは児童ポルノとは言えない」とし
逆転無罪の判決を下した

などと誤解を招きかねない記述をしていたことになる。
しかも、Yahoo! のトップページに紹介されるような
影響力の高い記事内において。

まあ、悪気のないミスであったというなら
そういうこともあるだろうけど、即刻訂正はしておくべきだな。
またダマされやすい、特に海外の恣意的な翻訳記事には
あっさりダマされやすい可哀想な規制反対派の被害者を
これ以上増やさないためにも。


★ 追記 ★

 この裁判は1,2審では有罪だったわけで、最高裁で無罪といえ、
 違法性に関してはかなり議論の分かれる案件であったと言える。
 また、そのような表現を所持していた元夫の性的虐待を元妻が懸念し、
 親権を渡したくないと考えるのもある意味仕方ないのではないだろうか?
 

 となると、「最もひどい」 などという昼間氏の評価は
 かなり偏っていると言わざるを得ない。
 日本では異常に見えるかもしれないが、
 これは事情が全く異なる外国の話なのである。



★ 追記 2   2014/2/16 ★


 うぐいすリボン: スウェーデン最高裁 漫画絵所持無罪事件

 これを見ると、写実性・違法性が争点となった
   「リアルなので有罪になる可能性も考えられる1枚」 に関しては、
   
    通常は違法になるところだが、
      ルンドストロム氏の職業上の背景に鑑み、
       1枚のみの絵の所持は
          正当と認められるべきである。」


   という事のようだ。これが正しい翻訳であるならば、

    スウェーデン最高裁が 「マンガは児童ポルノとは言えない」
        という判決を出した 


    などという昼間氏の記事はいったいなんなんだ?という話になる。





 

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 1

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 2

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 3

Yahoo! トップニュースの規制反対記事に反論 4



captain_nemo_1982 at 21:43│Comments(4)TrackBack(0)児童ポルノ法関連 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月26日 03:50
馬鹿じゃないの?
実際スウェーデンで、漫画は児童ポルノか?という裁判の結果
児童ポルノではない、って判決が出たのは事実
その容疑者が、児童ポルノ容疑で捕まってなく、釈放されたのもまた事実

>やっぱり争点は写実性じゃないか。

関係ないでしょ
難癖付けてるだけだね

>しかもスウェーデンの裁判所に違憲審査権はない、ときた。

いや、あるから
 
2. Posted by あけぼの   2013年08月03日 22:00
>その容疑者が、児童ポルノ容疑で捕まってなく、釈放されたのもまた事実


スウェーデンの裁判所より日本の裁判所がバカという根拠が思い当たらないので、
児ポ法が改正されてもエロマンガ如きで逮捕→有罪とはならないわけですね。
安心しました。
3. Posted by 匿名   2013年08月19日 18:18
>99.9%以上有罪の見込みがないと起訴すらされない。
起訴はしないが、誤認逮捕はばんばんするよね。
そして逮捕されただけでも世の中白い目で見られてしまうのだよ。
4. Posted by captain_nemo_1982   2013年08月20日 05:33
バンバン誤認逮捕するということは、白い目で見られている人間が
そこらじゅうにたくさん存在しているということになりますが、
私は人生この方、誤認逮捕で白眼視された人間というものを、
自分の周囲で見たこともなければ聞いたこともありません。
テレビやネットでたまに知る程度です。かなり珍しいケースなのでは?
それこそ、10万人に一人くらいの。

そうでないというなら、信頼できるソースを提示してください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字