2014年11月03日

実情を踏まえた上で、厳罰化や運用強化を強行したらどうなるか?




児童虐待 - 児ポ法規制反対派の欺瞞 全記事一括表示

「児童ポルノ規制よりも本当の児童虐待を先になんとかしろ」 という欺瞞
児童虐待発生件数は実質的に減少している
すでにかなりの部分まで強化されている虐待防止法
児童相談所が強権的運用を回避する理由
実情を踏まえた上で、厳罰化や運用強化を強行したらどうなるか?
児ポ法反対派は、児童虐待冤罪の可能性を否定できるのか?



それでも

 「本当の児童虐待を先に何とかしろ」

という要求に無理にでも応えようとするのであれば、
家族再統合優先主義を後退させて、虐待親懲罰主義への
転換を図るしかない。児童相談所の体質自体を見直して、
虐待親から児童を隔離することを優先させるのだ。

ここで、児ポ法規制反対派が

 「単純所持規制で冤罪が多発する」

と言っていたことを思い出していただきたい。

それと同じことが、児童虐待防止法で起きようとしている。

児童虐待の通告を受けて、相談所が保護者の元を訪れたとする。
玄関先で、その保護者が虐待の事実を否定したらどうなるか?
ひょっとしたら、その保護者に虐待の認識が薄かったのかもしれない。
あるいは、通告自体が勘違いか、悪意による虚偽であったかもしれない。

原因はどうあれ、保護者に否認されたら相談所職員がやることは一つだけ。
強制的に家屋内に立ち入って、児童を "救出" し、隔離し、保護するのだ。
場合によっては玄関のカギを破壊しなければならないだろうが、
躊躇は許されない。

家族再統合を優先していた今までの職員だったら、
否定されればとりあえずその場は引き下がっただろうが、
懲罰主義に転換した今となっては、そんな甘い対応は許される事ではない。
万が一取り返しのつかない事になったら、
マスコミや世論に徹底的に叩かれるだろう。
だから、保護者が反省の色を見せない限りは、
強硬手段に打って出るしかない。

最初に保護者への聴取があるならまだいい。
下手をしたら、児童相談所は保護者の元を訪れず、
いきなり学校で児童の身柄を確保するかもしれない。
ある朝、いつものように登校した我が子を見送ったその日を最後に、
子どもが成人するまで会えなくなってしまうという事態に
突然陥るのかもしれないのだ。

これがどれほど恐ろしい事かお分かりだろうか?

虐待の事実があろうとなかろうと、いったん疑いをかけられたが最後、
虐待していたことを認めて相談所の指導を受け入れない限り、
自分のこどもは隔離されたまま家に帰ってこないのである。
親権停止の期限は2年以内と定められているが、
虐待の事実を否定すれば、反省の色が無いとみなされて
親権停止期限はいくらでも延長されるだろう。

もちろん、虐待容疑をかけられた保護者の社会的信用は地に落ちるだろう。
近所、会社、学校の非難の視線に耐えられず、
仕事を辞めて逃げるように遠くへ引っ越す必要に迫られるかもしれない。


そして、それは単なる未来予測ではなく、
 現実に今起きていると訴えるサイトが複数存在する。


児ポ法規制反対派による
 冤罪の危険性などと言った
  根拠の薄い主張とはわけが違うのだ。




captain_nemo_1982 at 15:31│Comments(0)TrackBack(0)児童虐待 | 規制反対派の欺瞞

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字