2014年11月03日

児ポ法反対派は、児童虐待冤罪の可能性を否定できるのか?




児童虐待 - 児ポ法規制反対派の欺瞞 全記事一括表示

「児童ポルノ規制よりも本当の児童虐待を先になんとかしろ」 という欺瞞
児童虐待発生件数は実質的に減少している
すでにかなりの部分まで強化されている虐待防止法
児童相談所が強権的運用を回避する理由
実情を踏まえた上で、厳罰化や運用強化を強行したらどうなるか?
児ポ法反対派は、児童虐待冤罪の可能性を否定できるのか?



児童虐待冤罪を訴えるサイトやブログを紹介する。
引用している文章はいずれも要約であるので、
全文はリンク先を参照していただきたい。

児童相談所冤罪.com
      (web 魚拓)

(長女に対しての性的虐待の容疑)がきっかけで妻は、
私に対しての不信感から子供達を連れて
家を出て行ってしまいました。

本当に?と思われる方も多くいると思いますが、
これ全て実話で現在進行形の話です。



市民は児童相談所に不服を申し立てる「権利がない」
      (web 魚拓)

信じられないかもしれないが、実は日本には、児童相談所ほどの
強権を持つ公的な機関は他にはないのである。

児童相談所は警察よりも、検察よりも、裁判所よりも
強大な権限を持っており、その権限で有無を言わさず
「保護」 と称して、家庭から子供を連れ去ることができるのである。

つまり人権に関わるこれほどの大きな権限を、
児童相談所長の判断だけで自由に好きなように采配できるのだ。




「虐待していなくとも…」 親の同意なしで一時保護、
 親子の面会禁止のまま長期間隔離、子どもへの危険な薬物投薬
   ~医師・弁護士らが児童相談所被害の実態を報告


      (web 魚拓)

この問題に多く携わっている南出喜久治弁護士は、
児童相談所が 「一時保護」 制度を濫用し、
実際には虐待が行われていないケースでも、
子どもを親の同意なく突然保護し、その後数ヶ月から最長数年間、
一切の面会・通信 (手紙・電話など) を禁止し、
完全な隔離状態に置いている、とその実態を報告。

さらに施設内では、殴る蹴るなど職員による虐待や、
依存性の高い向精神薬の投薬などが行われているという。



児相被害110番/ウェブリブログ
      (web 魚拓)

児童相談所のポリシーは、 「一人の真犯人を見つけるためには、
十人の無辜 (むこ:無実の人) をも罰する」という現状です。
虐待事例でなかったと後で分かった親子分離も
システムとして出口がなく、一度手を挙げた児童相談所は
その手を下せば、社会的な責任追及がされるため、
これを恐れ、社会的に 「虐待捏造」 がなされています。

児童福祉法も年々、児童相談所の権限を強化する方向で
改正 (改悪) されています。「絶対権力は絶対腐敗します」。
それが現に起こっているのです。


「児童相談所の怖い話~あなたの子供を狩りに来る」

母親はGちゃんの怪我の本当の原因を何度も説明したが、
どんなに母親が事実を説明しても、児童相談所は
母親の言い分を一切聞かず、
「自分の虐待を認めない、自覚のない虐待親」 と決めつけた。
さらに児童相談所は 「お母さんが自分の虐待を認めないなら
今後、子どもさんとは会わすことはできない」
と脅迫を行なったため、母親は 「自分が虐待を否定している限り
子どもは返してもらえない」 と判断し、
子どもを返してもらうためだけに
自分が行なってもいない虐待を認めることにした。
そして児童相談所には一切逆らわず、従順に従うことにした。

冤罪を認めて従順でなければ、
この母親は子どもが成人するまでこの子に会うことはできない。

これはニホンジン全員にいつ訪れてもおかしくない悲劇である。



児童相談所が令状も証拠もなしに子ども拉致!
      (web 魚拓)

児童相談所による児童 「保護」 相談件数が年間4万件あり、うち、
実際に家庭に置ける行き過ぎた体罰が確認される、
保護が必要なケースは 「わずか1%!!!!」
残りの99%は、児童相談所の強権により虐待認定され、
我が子を拉致されたもの!



児童相談所や婦人相談所の悪業を知る
      (web 魚拓)

子供が児童相談所に拉致されたら、永遠に会えないのです。
子供の様子を知りたい親に、一切子供の状況を説明されません。
逆に、子供に対しては、「お父さん、お母さんが今日来たよ」など、
そんな情報ですら一切子供に伝えられる事が無いようです。
本当の完全隔離です。

 しかも、児童相談所と学校とが逐一連携を取って、
少しでも児童の腕に痣があっただけで現場の教師が、
「親から暴力を受けたんだね?そうだよね?
そう言っても大丈夫だよ~。」 と子供に対して誘導尋問をし、
無理やり児童相談所に送致させる例もあるようです。

 子供はまさか拉致されるなどと思わないのですから、
嘘でも間違っても「うん、まあ。。」と答える子供もいるでしょう。
しかし、もうそれで親による虐待認定されてしまうようです。
現場の教師も、子供に厳しく接する事が出来ないような
教育環境になってしまっため、対応に苦慮されておられる方々も
たくさんいらっしゃるとは思います。



娘2人にわいせつ、父に無罪…「証言は不自然」
  (読売新聞) - Yahoo!ニュース
      (web 魚拓)

判決は 「約2時間半もの間、隣で寝ている次女に気づかれずに
被害を受けたという長女の証言は不自然」 などと指摘した。




いずれも生々しくリアルな冤罪被害を訴えており、
中には児童相談所職員の実名を挙げてまで
被害回復に取り組んでいる保護者の実例が紹介されている。


正直私は、このような煽動的な主張に関しては、
常に懐疑的な視線を送らなければいけないと考えている。
  (最後の yahoo ニュースは除く)
少なくとも、児童相談所の言い分も聞いてからでないと、
どちらが正しいのかの判断を付けることができない。
個別の案件でも、こっちは保護者が悪い、
こっちは児童相談所が悪い、とそれぞれ分かれたりするのかもしれない。

しかし、児ポ法規制反対派にそんな疑問を差し挟む資格があるだろうか?
彼らはさんざん  「児ポ法で冤罪が多発する」 と言い続けてきた。
実際には起きてもいない冤罪を  「多発する、多発する」 と
煽ってきた彼らが、なんで実際に起きている (との主張がある) 
児童虐待冤罪を否定できるのか?


児ポ法規制反対派は、児童虐待冤罪が
実際に起きているという事実を認めなければならない。

そして、

「児童ポルノの単純所持規制やマンガアニメ規制よりも、
  本当の児童虐待を先になんとかしろ」 


という主張は、
 単なる浅知恵から発せられたこっ恥ずかしい厨二病的世迷いごと
として撤回されなければならない。

しかし今回のエントリを見てなお、
そう言い続ける規制反対派がいるのであれば、それは

自分たちの主張のために、日本中の親たちを生贄にする行為

であり、

冤罪により親元から引き離された子供の
  人権侵害を容認する行為


でもある。

児童の人権範囲の拡大を無批判に
 容認してきた規制反対派が、
   一方で児童の人権侵害を容認するなら
     それはあきらかな論理矛盾だ。



そしてその時こそ、

「児童虐待をなんとかしろ」 との主張は、
 ロリエロ表現を守るために
  児童の人権を利用していただけ


という彼らのあられもないホンネが白日下に晒されるだろう。







captain_nemo_1982 at 15:48│Comments(2)TrackBack(0)児童虐待 | 規制反対派の欺瞞

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Atc   2015年03月06日 14:37
根拠のない悪意バリバリ、かつメチャクチャな脳内論と現実逃避で規制反対派を「キモオタ」扱いし糾弾する姿勢はまさに「ヘイトスピーチ」そのままではないか?
2. Posted by captain_nemo_1982   2015年03月07日 23:19
根拠はちゃんとあり、現実と向き合ってますよ。
悪意とキモオタ扱いに関しては否定しませんけどねw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字