沖縄に移住したので日記でも

趣味や出来事をつらつらと書き綴る予定です。最近はバイクネタがメイン。

■予兆
佐賀出張から帰ってきた日の夜。買い物に出かけようと車のエンジンをかけるとセルの回りが弱々しく感じました。

目的を済ませ帰るときにはさらに弱くなっていて、これはやばいと感じたので応急処置として、帰ってからバッテリーの充電器を繋いで一夜を明かしました。

翌日はそこそこ復活した様に感じたので、そのまま夜勤の仕事に出かけました。これがいけませんでした・・・。

■このタイミングで・・・
夜勤が終わった夜中2時。帰宅しようと駐車場で車のエンジンをかけようとすると、カチカチカチと音が鳴るばかりでセルが回りません。室内灯は点くし、キーレスも反応するのですが、セルモーターを回す力まで残っていない様です。

幸いなことに一緒に仕事を上がった後輩が車通勤なので、とりあえず24時間営業の国際通りドンキホーテまで連れていってもらい、ブースターケーブルを買ってエンジンだけかけてもらう事にしました。

ドンキに到着すると、何やら怪しい雰囲気。看板に電気が点いていません。なんと期間限定今だけ深夜1時までの営業との事。

がーん!なんということでしょう。不運なことは重なるものです・・・。よっぽど僕の日頃の行いが悪いのでしょう。
ドンキホーテは宜野湾にもありますが、さすがにそこまで連れていってもらうのも気がひけるので、今日は車を駐車場に置いたまま家まで送ってもらい、翌日復旧作業をする事にしました。
(今考えれば家まで送ってもらうより宜野湾から会社を往復する方が近かったかも、ごめん!後輩)

翌朝、夜勤明けで眠いのを押し通してかみさんの車を運転してかみさんを職場まで送っていき、その足でブースターケーブルを買って置き去りにした愛車の元へ行きました。

■とりあえず動かせた
かみさん号の助けで愛車をジャンプスタートさせる事が出来ました。これでバッテリーが原因なのは確定です。

かみさん号を会社の駐車場に残し、愛車に乗って家までたどり着きました。かみさん号はかみさんの仕事おわりにバスで駐車場まで取りに来てもらいました。

その時はまだ充電すれば何とかなると思っていたのですが、充電器が満タンを示したところまで充電してもセルが回ることはありませんでした。いよいよ交換しなければダメな様です。

付いているのは純正のVARTA製品。整備記録では一度も交換されていないので、6年間使われていた事になります。流石にもう寿命ですね。ずいぶん保ってくれた方だと思います。今までお疲れ様でした。
DSC_7438


国産車のバッテリーはホームセンターなどにもあふれていますが、輸入車向けのものは流石に置いていません。ネットで買うと船便になるので、1週間はかかるでしょう。

義父の車を借りて思いつく場所を探し回っていると、3件目のオートバックスで輸入車用のバッテリーを発見しました。

お値段26,000円!たっけぇ!

ネットで探した時には安いもので8,000円程度、そこそこの物でも20,000円行かない位でしたが、これは純正並みのお値段です。しかし1週間も待つわけには行きません、見ればオートバックスとBOSCHの共同開発との事。ん〜・・・ならまあいいかと無理やり納得して購入を決意しました。

帰宅後、早速取り付けにかかります。

■交換作業
やっと本題に入ります。前置きが長すぎますね。

必要な工具
・10mmのメガネレンチ
・13mmのソケットレンチ

まずはボンネットを開き、カバーを外してバッテリー本体とご対面。
DSC_7439

10mmのメガネレンチで端子を外して行きます。マイナスを先に外してからプラスを外します。

13mmのソケットレンチを使用してバッテリーを固定しているステーを取り外します。
DSC_7440

周りを覆っているプラカバーを外せばバッテリー本体が取り外せます。

新旧比較。新しい物は少しサイズが小さいです。
DSC_7441


あとは逆の手順で取り付けて行きます。
DSC_7442

写真は端子が浅い部分に取り付けてある様に見えますが、このあとゴムハンマーで奥までしっかり差し込んでいます。取り付けが浅いと振動で外れてしまう事があるの要注意です。

セルを回すと元気よくエンジンがかかってくれました。これでやっと一安心。

■復旧作業
A3はバッテリーを外した後にパワーウィンドウとパワーステアリングの復旧作業が必要だそうです。
PWはオートが効かなくなっているので、一番下までおろしてそのままスイッチを押しっぱなしにして数秒、その後一番上まで上げてスイッチを押しっぱなしにして数秒。これでオートが有効になります。これを4枚分の窓に実施します。
PSはハンドルを右にいっぱい切って左にいっぱい切ってとしているうちに警告灯が消えました。

時計とトリップA、Bはリセットされていましたが、ナビの登録地や電話のペアリングなどは無事でした。

最近のバッテリーは弱まってから亡くなられるまでが早いというのは聞いていましたが、こんなにも急にお亡くなりになるとは、ちょっと油断していました。

これで数年は持つはずですが、しばらくはバッテリーチェッカーでチェックするのを習慣付けたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

出張で佐賀に行ってきました。
沖縄から佐賀に行くには福岡経由となります。福岡から特急で1時間以内の到着です。
DSC_7249


佐賀ではずっと仕事だったので特にネタはありません。
佐賀県民は日本酒を飲むんですね。九州はみんな焼酎だと思っていました。郷に入れば従う派の僕ですが、外で日本酒は新潟で懲りて以来、封印しているので、おとなしく焼酎を頂いていました。
DSC_7246


火曜日に佐賀入りして木曜まで仕事をして、金曜日は移動休みにしてもらいました。
佐賀の観光地は佐賀市内から遠い様だったので、福岡まで移動して博多周辺を観光することにしました。

博多から地下鉄で数駅の大濠公園駅で下車。駅の名前にもなっている大濠公園に行ってみました。
DSC_7250


とても天気の良い日だったので、平日の昼でしたがたくさんの人がくつろいでいました。
DSC_7254


水と花にあふれた素晴らしい公園でした。
DSC_7255

DSC_7266

DSC_7261

DSC_7258

大濠公園の本体はとても広い湖の真ん中に浮かんだ島にある様なのですが、そこまで渡るのは結構時間が掛かりそうだったので中止して、桜がたくさん咲いている方向に向かってみました。

併設されている違う公園にやってきました。舞鶴公園という公園です。
DSC_7273


桜はピークを過ぎているものの7分咲き位は保っている様に見えます。何組かお花見している人たちもいました。
平日昼間ですが、公園内の通りには出店が出ていてそこそこ盛況でした。不思議な光景です。
DSC_7274

DSC_7275


少し歩くと歴史的建造物らしき物が。福岡城というお城の名残の様です。失礼ながら、この城の名は初めて聞きました。
DSC_7285


風がそよぐと桜の花びらがどんどん散っていきます。
DSC_7309

DSC_7308


公園の中には整備された庭園の様な場所がありました。桜以外の花はまだ時期じゃ無い様でしたね。
DSC_7292

DSC_7306


ここ数年、桜と言えば沖縄の桜ばかりでこの手の桜を見る機会がありませんでしたが、やっぱり桜はこれだなぁと、改めて実感しました。
DSC_7296

DSC_7305


適当に散歩していただけですが、広いのであっという間に時間が経ってしまいました。
DSC_7316


この日は本当に天気が良く、平日昼間の適度な賑わいでとても居心地の良い公園でした。時間があれば芝生に寝っ転がって一眠りしたいくらいでした。

佐賀にはあと数回行くことになりそうなので、また良い場所を見つけて遊びに行きたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

最近どんよりした空が続いていましたが、晴れの日はだいぶ春らしい陽気になってきました。

日曜の昼下がり、息子と家の近くを探索に出かけました。
2年ほど前に引っ越してきて以来、大通りへアクセスする道くらいしか通ったことが無かったので、今回は行ったことが無い方向に行ってみる事にしました。

我が家は住宅地の端っこに位置していて、隣家の反対側は畑になっています。その畑の向こう側に道があるのでそちらの方向に行ってみます。

畑を越えて道にたどり着きました。小高い山を登る道の様です。
DSC_6880

登るのはしんどそうなので、下る方向に向かってみます。

途中、山の方に入っていく道無き道が何本かありましたが、さすがにそこへ入っていく勇気はありません。
DSC_6827


山に沿うように回り込んでいる道を進んでいくと、途中公園を見つけました。
DSC_6830


ここには琉球神道の施設がありました。
DSC_6829

隙間から中がうかがえます、茶碗や香炉の様な物が並べられていました。

古い石段を登っていくと、御嶽(ウタキ)と呼ばれている社がありました。
DSC_6831

御嶽と言うと有名なのは最近パワースポットとしてすっかり観光地化した斎場御嶽(セーファウタキ)ですが、小さな御嶽は沖縄中に存在しているそうです。

DSC_6835

神聖な場所とされるだけあり、不思議な空気感です。公園の周囲は民家で囲まれているのに、御嶽周辺は葉擦れの音や鳥の鳴き声しか聞こえません。
DSC_6836


パパイヤの木に実がなっていました。
DSC_6845


しばらく写真を撮っていると、あまり聞き慣れない鳥の鳴き声が、顔を向けるとフクロウがこちらを伺っていました。
DSC_6905


神聖な場所に現れたフクロウ。北海道のアイヌ民族にとってフクロウは神の使い、琉球民族とアイヌ民族の同一起源説などが次々と頭に浮かんできました。
DSC_6900

ぼんやりとそんなことを考えながらシャッターを切っていると、すぐにいなくなってしまいました。
家に帰って図鑑やネットで調べてみましたが、なかなかジャストミートする特徴が見つかりません。たぶんリュウキュウオオコノハズクではないかと思います。

粋な出会いを御嶽に宿る神様に感謝しつつ、ひとしきりダンボーで遊んでから帰ります。
DSC_6848

DSC_6852

何かにお気づきでしょうか。

そう、左腕です。

以前、海沿いに連れ出したときにうっかり腕を落としてしまいました。テトラポットの間に落ちてしまい、救出不可能な深さまで落ちて行ってしまったのです。

という事で、新しい腕として転がっていたガンプラの腕をはめてみたらなんとピッタリはまったので、そのまま連れ出してみました。
DSC_6885


ハマったときはこれだ!と思ったんですが、こうして写真にするとすごく不気味です。なんというか、ダンボーのかわいらしさが全くなくなってしまいます。何か違う手を考えないといけませんね。

家から5分も歩かない場所ですが、全く知らなかった景色があって、とてもワクワクしました。
この先も入り組んでいる道がたくさんありそうなので、また探検に出かけたいです。またフクロウにも合いに行きたいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
Clip to Evernote

3月3〜5日の週末を利用して東京ディズニーランド、国立科学博物館へ行ってきました。

週末に出発を控えた2月27日の月曜日、僕が扁桃腺からくる高熱を出してしまいました。
いつもこうなると5日は熱が下がらないので、旅行の中止を覚悟しましたが、何とか2日で熱が下がり、行けなくは無い状態まで回復することが出来ました。毎日R-1ヨーグルトを飲んでいるおかげで抵抗力が上がっているんだと思いました。

■3月3日 移動日
平日の金曜日、かみさんは仕事、息子は学校です。大学生の娘は春休みに入っているので、先行して東京の友達と会いに朝の飛行機で旅立っていきました。休みだった僕は、学校が終わった息子を迎えてかみさんと空港で合流します。

仕事はもっぱらANAですが、プライベートではJALが多い僕。行きも帰りもJAL SKY NEXT対象の機材に乗ることが出来ました。Wi-Fiサービスが使えて座席もゆったりしています。沖縄東京などの長い飛行機ではWi-Fiでビデオを見られるのはとてもうれしいです。最近のJALは本当に頑張っています。仕事もJALに乗り換えようか検討中です。

さて、羽田に到着した後はリムジンバスで舞浜方面へ移動します。今回のホテルはオフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートです。我が家御用達のサンルートプラザは今回満室で予約できませんでした。
ディズニーオフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテルは2つあって、クラブリゾートが付く方には初めてだったと思います。
DSC_5721


この日は到着時すでに9時を回っていますので、あとは眠るだけです。

ホテルは舞浜側から東京湾を望む部屋で、夜景がとても綺麗でした。東京タワーと月。
DSC_5731


■3月4日 東京ディズニーランド

ホテルでさっさと朝食をすませ、ディズニーランドに向かいます。この時期は去年同様、アナと雪の女王をテーマとしたフローズンファンタジーが開催中です。
DSC_5736


今回は「金に物をいわせないツアー」をコンセプトにしているので、ファストパスやショー鑑賞券などは一切用意していません。乗りたい物があればひたすら並びます。

まずは息子の希望で「ミートミッキー」に並びます。さすがの大人気、朝一で向かいましたが既に75分待ちでした。
DSC_5738

今まで30分以上待つ物は避けてきた我が家ですが、並んでみれば意外と待てる物だと感じましたね。

続いてこれも息子の大好きなアトラクション。「グーフィーのペイント&プレイハウス」へ。
DSC_5780


息子とグーフィーの家の塗り替えているうちに、かみさんがパレードが見えるポジションでレストランの座席を確保してくれていました。ここで「フローズンファンタジーパレード」を鑑賞します。
DSC_5796

DSC_5816

DSC_5829

DSC_5843

内容は去年とほとんど同じでしょうか。ハンス王子は去年もいたかな?記憶にありません。

その後、ファストパスを取っておいた「プーさんのハニーハント」に乗ったあたりで僕は一旦ホテルで休憩することにしました。まだ一日中歩き回るほど回復していませんでした。

2時間ほど眠って再入園すると娘が友人と別れて合流していました。夕方になりますます混んできたディズニーランド。カリブの海賊が45分待ちです。
DSC_5913


ちょうどエレクトリカルパレードが始まったところで若干アトラクションが空いてきたので、ジャングルクルーズに乗りました。リニューアルしてからのジャングルクルーズは断然夜がオススメです。

夕食は予約していたポリネシアンテラスレストランのディナーです。
DSC_5921


このショーは何度も見ていますが、今回はだいぶリニューアルされていました。昔はお父さんが舞台に上げられるので毎回ドキドキしていましたが、て、キャラクターとたくさんふれ合えて子ども達が喜べる内容に変わっていました。
DSC_5935

DSC_6002


食事もとても美味しくなっていて、かなりレベルアップした印象です。
DSC_5961


メインのショーはシンデレラ城にプロジェクションマッピングする「フローズン・フォーエバー」ですが、時間も遅く息子も眠そうだったので、食後はすぐにホテルに帰ることにしました。

こうして今回のディスニーランドは終了です。しばらくあまり行けない時期が続いていましたが、またコンスタントに来ることが出来ています。次は夏にも来たいです。

■3月5日 国立科学博物館
翌日はディズニーには行かず、上野の国立科学博物館へ向かいます。

上野駅にパンダ柄のペッパーがいました。
_DSC4481


博物館へは駅から徒歩5分で到着。
DSC_6029


とても半日では時間が足りませんでした。
息子の好きなトリケラトプス。
DSC_6051

新しい発見があるたびにかっこ悪くなっていくティラノサウルス。
DSC_6057

これ、恐竜じゃありません。昔いた巨大な哺乳類です。
DSC_6065


今回は実験的に連休でも何でも無いただの週末に旅行を敢行してみましたが、なかなかうまくいったと思います。今後プランを立てる上で幅が広がりそうな予感がしています。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

2/4、久しぶりに一人の休日。今帰仁城跡まで足を伸ばして日本一早い桜を見に行きました。

出足が遅れてしまったため道が混んでおり、2時間近くかかって今帰仁城跡に到着です。さすがに混んでいて第4駐車場まで回されました。

DSC_5114


桜祭りの会場では今帰仁の特産品を売る屋台がたくさん出ていました。
チケット(大人1枚400円)を購入して今帰仁城に向かいます。
DSC_5206


こちらが沖縄の桜「緋寒桜」。
DSC_5130

DSC_5138

1月から2月にかけて咲きます。ソメイヨシノに比べるとピンク色が濃いので一般的な桜のイメージとはだいぶ違いますね。

案内板によると桜は五分咲き。緋寒桜は一定の気温よりも低くなると咲く準備を始めるそうです。今年は寒くなるのが遅かったので、咲くのが遅い様です。
DSC_5144

全体を見るとすこし寂しいです。

桜並木の通りを越えると今帰仁城跡が広がっています。石垣が広大な範囲を囲っていて、当時の城の大きさがうかがえます。
DSC_5154

DSC_5163

DSC_5178

DSC_5180

DSC_5188



暗くなると桜がライトアップされて美しいそうです。
DSC_5202

もう少したくさん咲いていれば暗くなるのを待って撮影してから帰ろうかと思いましたが、また次の機会にしようと思います。

お出かけ前に洗車とワックスがけをしたのでピカピカです。車が綺麗だと気分の乗りが全然違います。
DSC_5218


せっかく北部まで来たので帰り道にふらりと本部にある瀬底島に寄ってみました。この島は橋が架かっているので車で行くことが出来ます。この時期はビーチが閉鎖されているので閑散としていますが、夕日スポットとして有名なせいかちらほらと観光客らしき人たちがいました。
DSC_5225


ビーチの背中側は崖になっていますが、洞窟がたくさんある面白い地形が広がっています。
DSC_5231

DSC_5247


結構広い洞窟もあります。内部から伊江島が臨めます。
DSC_5250


獣の足跡が・・・。
DSC_5267


シロツメクサはこんなところにも咲くんですね。あっぷあっぷしているようで応援したくなります。
DSC_5288


夕日を待とうとしばらくぼけーっとしていました。冬の閑散としたビーチは大好きで、いつまでも波の音を聞いていられます。

残念ながら雲が厚くなってきて夕日は見られませんでした。
DSC_5311

僕がカメラを持って出かけるとたいていは空が真っ白の様な気がします。桜前線はだんだん南下してきているので、近くでもまた撮りに行きたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
Clip to Evernote

愛車A3(2011年式)のオイルレベル警告が付いたので、オイル交換を実施することにしました。
DSC_0224

欧州車はエンジンオイルを消費しながら走るので、減ってきたら足すそうです。日本車には無い感覚ですよね。

このランプはだいたい1L減ると付く警告の様なので、購入時に交換してもらっている事を考えると、約10カ月で点灯という事になります。これが早いのかどうなのかわかりませんが、これからのために記録としてここに書いておこうと思います。

本当は足すだけでも良かったのですが、オイル交換くらいは自分でいろいろとやろうと考えて、道具を揃え始めていた矢先の事でしたので、まさにベストタイミングでした。せっかくなので交換まで行おうと思います。

このAudi A3はオイルフィルターがエンジンの上側に突き出るように配置されているのでジャッキアップしなくてもオイルフィルターが交換できます。下に潜り込む必要が無いので、それだけで作業が大幅に楽になります。
DSC_0216

赤い矢印の部分がオイルフィルターです。

■準備する物
DSC_0225

・手動式オイルチェンジャー
・フィルターレンチ(76mm)
・トルクレンチ
・オイルジョッキ
・エンジンオイル(Castrol Edge 5W-40)
・エンジンオイルフィルター(MANN FILTER W712/94)

■エンジンの暖機
まずはオイルを柔らかくして抜けやすくするため、暖機運転を行います。あまり温度を上げすぎるとやけどしたりオイルチェンジャーのホースが耐えられなくなるのでほどほどに。
DSC_0226

今回僕は40℃で作業に入ってしまいましたが、少し抜けが悪かった様な気がします。60℃くらいまでは上げた方が良いかもしれません。

■古いオイルを抜く
オイルチェンジャーに抜き取り様ホースを取り付け、オイルレベルゲージが刺さっていた穴に突っ込みます。いわゆる上抜きという方法ですね。
DSC_0227

上に付いているポンプでタンクの空気を抜くと圧力が下がり、使用済みオイルがどんどん吸い出されてきます。
このときオイルフィラーキャップを外しておいた方が抜けが良くなるようです。
時間が経つと圧が戻ってくるので定期的にポンプで空気を抜いてやると良いです。全て抜けるまでには結構時間が掛かるので、この間にオイルフィルターの交換作業を行います。

■オイルフィルター交換
フィルターレンチを使用して古いフィルターを外します。このときにフィルターからオイルがこぼれるのでボロ布でフィルターを包んでおくと良いでしょう。フィルターの取り付け口に古いオイルが溜まっているので、これを掃除しておきます。

新しいフィルターにはOリング部分に新しいエンジンオイルを塗布しておくとオイル漏れが防げるそうなので、しっかり塗っておきましょう。

※ここまで一気に作業してしまって写真を撮るのを忘れていました。

新しいフィルターを取り付けます。まずは手で回していき、回らなくなったらトルクレンチを使って規定のトルクで締め付けします。規定のトルクはフィルターに記載されています。このフィルターは22N/mです。
DSC_0228


新しいフィルターが付きました。
DSC_0231


■新しいオイルを注入
古いオイルが出てこなくなったら垂れない様にホースを抜きます。古いオイルは真っ黒ですね。

タンクの縞模様一つが1Lだそうなので、3Lと少しでしょうか。規定のオイル量が4.5Lで1L減ったという警告が付いているという事は、3.5Lは抜ける計算です。0.5Lくらい残ってしまったみたいですね。やはり暖機が足りなくて抜けが悪かったのでしょうか。それとも上抜きではこれが限界なのでしょうか。これも次回以降確認していきたいポイントです。
DSC_0232

抜いたオイルは廃油ポイに入れて燃えるゴミとして破棄します。

交換するオイルはCastrol社のEdge 5W-40にしてみました。
DSC_0229


ジョッキに移すとすごく粘度が高い様に見えますね。泡が全然登ってきません。色も濃くてコーラみたい。美味しそうにみえますね。
DSC_0233


先ほどの計算から4Lは入るという見込みで缶の中を全て入れる事にします。こぼさないように注ぎ、全て入ったらエンジンを始動させます。なんだかエンジンの掛かりが良いように感じます。

■オイルの量を確認
10分ほど暖機させたらエンジンを切り、5分ほどおいてオイルがパンに落ちてきてからレベルゲージでオイルの量を確認します。足りなければ足し、多すぎたら抜きます。足すのは簡単ですが抜くのは一苦労なので、はじめは少なめに入れて足していく方が良いでしょう。

適正な量に収まっていればこれで作業は終了です。

■オイル交換の効果は?
土曜日に交換してまだ2日しか経っていませんが、停止からスタートするときの吹け上がり方がすごくスムーズになりました。
バイクのオイル交換時も回転の上がり方が気持ちよくなりましたが、数時間でその感動が終わっていました。今回この車では2日経った今でも気持ちよい吹け上がり方を感じています。ガソリンスタンドで安いオイルを入れてもらっていた前の車では、あまり変化を感じていなかったので、オイルの性能の差でしょうかね。いつまで効果が続くのか、楽しみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

先週11/25、東京で会議に参加しました。
前日は観測史上初の11月に積雪があったと大騒ぎでしたが、その影響はほとんどありませんでした。

金曜の午後から夜まで会議なので、僕は必然的に泊まりになります。そこで土曜日を利用して紅葉真っ盛りの小石川後楽園を撮影してきました。

■快晴の後楽園

気温は低かったものの、天気は快晴で絶好の撮影日和に恵まれました。

東京ドームの近くというイメージだけで水道橋駅から歩いて向かったのですが、入り口がぐるっと回った反対側にあり、思ったより歩かされました。帰りに利用した飯田橋の方がよほど近かったです。

休日なのでさすがに混んでいて、チケットを買うのに10分くらい並びました。(僕が出る頃には列が5倍くらい伸びていました!)

大人1名300円を払い入園します。
_DSC4382

_DSC4365

_DSC4389


入り口が狭くてボトルネックになっていましたが、中は広大なのでゆったりと回れます。狭い道が所々あるのと手すりなどが無い橋も多くあるので、混雑時は子どもやお年寄りは大変そうでした。
_DSC4390

_DSC4458

_DSC4462

明暗の差が大きいところは難しいですね。家で見返すと空がほとんど白とびしています。

真っ赤に紅葉したカエデには多くの写真家が群がっていました。僕も混じって何枚か。
_DSC4477

_DSC4478

_DSC4480


たまたまシャッターを切ったところに水鳥が水しぶきを上げていました。魚でも捕まえたのでしょうか。向こう岸にはこういうシーンを撮るために多くのカメラマンが三脚の前で待ち続けていました。
_DSC4529


小石川後楽園の渡月橋。なんとなくここが一番有名なアングルのように思ますが、あまり綺麗に紅葉していませんでしたね。
_DSC4564


ひとしきり歩き回ったところで空港に向かう時間がきました。
革靴で一泊分の荷物も担いでいたのですっかりヘトヘトになりましたが、カメラと旅することで今まで思いつかないような場所へ行くことが多くなりました。
今までは東京が一番つまらない出張先だったのですが、これからは色々と楽しみが増えそうな気がします。

使用カメラ:Nikon D750
使用レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

会社にカメラを持って行く用事があったので、会社から駐車場までの帰り道に夜の街角スナップを撮ってみました。普段毎日のように歩いている道も、カメラを持って歩くと違った視点で物が見えますね。

会社近くにあるデパートリウボウのイルミネーションが始まっていました。
毎年この時期になるとクリスマスツリーが立ちますが、今年はハローキティとコラボしている様です。
_DSC3825


そのデパートリウボウ。夜はカラフルに照らされています。
_DSC3826


那覇市役所前のガジュマルの木。なぜこれがライトアップされているのか・・・。有名な木なのでしょうか。
_DSC3828


市役所。最近とても綺麗に建て直されました。(以前はひどかった!)
_DSC3838


駐車場から見渡す工事中の那覇バスターミナル。ここから舞い上がる埃のおかげで車を洗車してもすぐにドロドロになります。早く終わってくれぇ。
_DSC3829


スーパームーンの一日前に撮影した11/13の月。スーパームーンは事情により撮れそうもないのでこの日に家の屋上で撮影。これだけは三脚使ってます。
_DSC3852


全て手持ちでISO感度に任せた撮影をしています。ほとんどがISO12800ですが、十分に見られるのがすごいですね。(市役所の写真はちょっとざらつきが目立ちますかね。)

これからいろんな風景を撮影したいので、この場で披露していけたらいいなと思っています。

使用カメラ:Nikon D750
使用レンズ:Tamron 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
Clip to Evernote

去年の4月から、ウチの娘は熊本大学に通っています。
熊本地震は初日の震度7が直撃したあと、翌日には沖縄に帰したので本震とされている2度目の震度7は回避する事が出来ました。

■震災直後は

GW明けに学校が再開するときには一緒に熊本まで行って掃除を手伝ったのですが、部屋を開けるとこのありさま。
DSC_0126

幸い、割れ物は低い位置に置いていたので破片が飛び散るような事はありませんでした。冷蔵庫は開けっ放しになっていて中身はほぼ全滅、壁際に置いていたはずなのに部屋の真ん中に鎮座していました。
ベランダでは洗濯機が倒れていて給水ホースを引きちぎっていました。蛇口を閉めておいて良かったです。
アパート自体は建物がしっかりしていて大きな損害はありませんでした。

1カ月近く学校が休みになっていたため、夏休み返上で授業の遅れを取り戻している様で、沖縄に帰ってくる事が出来ずにいました。

そこで、こちらから家族を連れて出向くことに。いつものかみさん、息子に加え、義父母を連れて熊本大学の学園祭に行ってきました。

■熊本へは福岡経由

沖縄−熊本便は夕方に到着する便が1便しかないので福岡から新幹線で向かいます。
沖縄から福岡へ行く朝一便はスターウォーズジェットでした。前回娘を見送った時もそうだったので、この便はいつもそうなんでしょうか。すっかりSWマニアに育て上げた息子は興奮してました。
_DSC3518

ヨーダがお見送り。

■熊本はやっぱりヤツだらけ

福岡から新幹線で45分程度で熊本に到着。相変わらず、どこを見てもくまモンがいます。
_DSC3521

_DSC3520

息子もくまモン仕様です。

駅で車を借りて行動しました。大人4人と小学生1人にデミオはきつかったですね。
_DSC3750


■熊本大学へ

熊大祭に到着。
_DSC3748

ちょうどミスコンの舞台をやっていたのでしばし鑑賞。僕が投票した人は選ばれなかった様でした。

■ジブリの立体建造物展

僕と娘は他の連中を学園祭に置いたまま別行動。娘たっての希望で熊本市の美術館で開催されているスタジオジブリの立体建造物展に行ってきました。

スタジオジブリ作品に登場する建造物がたくさん立体化されていました。
さつきとメイの家やラピュタに出てくる地下坑道などが立体化して展示してあります。特に巨大な油屋は存在感や造形の美しさが飛び出ていて圧巻でした。

非常に心をくすぐったポイントとしては、入口と出口に千と千尋に出てきた、トンネルの入口にある石像が置かれていた点でした。違う世界への入口という意味合いが強調されていてナイスな演出でした。
背景原画も多数展示されていて、写真の構図という点でも非常に参考になりました。

これだけ撮影OKのラピュタ城。
_DSC3752


■あれから半年

市内から見た熊本城。天守閣はまだボロボロです。
_DSC3755


こちらは去年の3月にアパートを探したときの熊本城。
DCIM0627

またこの姿が見られるのはいつになるでしょう。

午後に熊本に着いて翌日の午前中に帰るという弾丸スケジュールでしたが、義父母も孫の顔が見られて喜んでいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

京都大阪の旅、2日目朝の京都観光を終え、京都駅から電車でUSJへ向かいます。
うまく快速に乗れて、乗り換えも良く、50分ほどで到着しました。

ホテルに荷物を預けて、息子は着替えタイム。
ハロウィーンシーズンのUSJは毎日コスプレ何でもあり状態。息子はハリー・ポッターに扮してパークへ向かいます。

■初めてのUSJ

僕にとっては初めてのUSJですが、実はかみさんや子どもたちは何度も来ています。
_DSC2351

今年は15周年イベントで盛り上がっています。ディズニーシーも今年15周年です。同い年というのは初めて知りました。

まずはハロウィーン期間中に実施している。「やりすぎ・トリックオアトリート」に向かいます。小学生以下の子どもを対象にお菓子詰め放題のイベントです。

キティちゃんやセサミストリート、ピーナッツのキャラクターたちが出迎えてくれます。
_DSC2365


指定の袋にお菓子を詰めまくります。
_DSC2378

これは詰めすぎ。あふれてる分は当然アウトです。
_DSC2384


続いてはアトラクションを堪能します。
ディズニーリゾートでファストパスに当たるものはUSJではお金で買います。さすがは商売の街。
息子のお薦め、ジョーズ、ジュラシックパーク、スパイダーマンの3つに乗れるチケットを購入していたので、それらに乗りました。ジュラシックパークはシンガポールの方が楽しかったかな。スパイダーマンはめちゃくちゃ良かったです。次に来たときも是非乗りたいです。

スパイダーマンのアトラクションを出るとちょうどパレードの時間でした。

紙吹雪や泡などをまき散らす、ど派手な物でした。停止してゲストをパレードルートに招き入れる参加型の物で、子どもたちも大変楽しんでいました。
_DSC2433

_DSC2435

_DSC2441

_DSC2452

_DSC2457

_DSC2458

_DSC2464

_DSC2470


パレードのあとは道が紙吹雪で一杯。
_DSC2482


■ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

ハリーポッターエリアに入れる時間になったので、早速向かいます。

娘と僕はハリーポッターシリーズを本まで読み込むほどのポッタリアンなのです。娘はいつもハリーポッターエリアに入っても反応が薄いかみさんと息子にうんざりしていて、僕と来ることを楽しみにしてくれていました。ついにそれが実現します。

森の中を進みます。途中でロンのお父さんの車が!
_DSC2505


ホグズミードへの入口。
_DSC2507


ホグズミードの町並み。映画で見たまんまです。
_DSC2510


バタービールのお店。後で飲みましたがめちゃくちゃ甘くて頭が痛くなりそうでした。
_DSC2543


ここでも子どもたちを対象に、お菓子が出てくる魔法を体験するコーナーがあります。
_DSC2535

あふれてきたお菓子はつかみ取りできます。

ホグワーツ城が見えてきました。
_DSC2545

ホグワーツ城では3Dライドでハリーポッターの世界に入れるアトラクションがあります。
魔法の椅子に座って、箒に乗ったハリーたちと空を飛ぶんですが、本当に空を飛んでいる感覚に引き込まれてめちゃめちゃ最高でした。

オリバンダーの杖屋に行きます。
_DSC2553


映画第一作でハリーが杖を探しに行くシーンを再現してくれます。観客の中から一人が選ばれるのですが、息子が大抜擢。緊張して固まっていました。
_DSC2575


せっかく選ばれたので、杖を買ってあげました。専用の杖で、魔法が使えるようになるスポットがたくさんあります。これは風をおこして旗を揺らしているところ。
_DSC2580


残りの時間は魔法界を散策しながら過ごします。

ホグワーツ城。別角度から。
_DSC2563

郵便局。フクロウがたくさん。
_DSC2517

魔法グッズのお店。
_DSC2565

ネビルのサボテン。
_DSC2587

お菓子屋「ハニーデュークス」
_DSC2631

3作目で登場した魔法生物の教科書。怪物的な怪物の本
_DSC2650

ハリー歴代の箒とマルフォイの箒。
_DSC2651


おなかが空いたのでホグズミード村にあるバー「三本の箒」へ。
_DSC2585

なかなかボリュームがあり、おなかいっぱいになりました。
_DSC2629


夜はもっと雰囲気が良くなります。
_DSC2657

ホグワーツ特急。
_DSC2670


ハロウィーン期間中。夜になると村には死喰い人が登場します。街の中で暴れまくり、魔法使いたちと戦闘が発生します。
_DSC2646

娘は大興奮でしたが、息子は結構ビビっていました。

ハリーポッターエリアでは死喰い人が現れますが、他のエリアはゾンビであふれかえっています。
これがなかなかリアルなゾンビなので、小学生以下にはトラウマものになります。我が家は安全なゾンビに会わないルートを通ってパークの外へ。ホテルに向かいます。

初めてのUSJでしたが、期待以上に楽しめました。また京都と絡めて来ることが出来ればと思っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄お出かけスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ