them5


この度、小坂井FCでは、3つの規程(①~③)を運用することになりましたので、保護者の皆様にはご理解とご協力を頂けます様お願いいたします。

規程に関しては以下のサイトに掲載しておりますので、ご確認の程お願いいたします。
https://www.kozakai-fc.jp/club.html

なお、本件規程に関してご質問のある方は、https://www.kozakai-fc.jp/contact.htmlのお問合せフォームよりお問い合わせくださいませ。


①個人情報に関する規程

 入団申込書および継続申請書には明記しておりますが、個人情報を管理する団体として、規程文書として運用することになりました。


②補償範囲に関する規程

●保険について
 補償範囲に関する規程を作成する以前に、サイトにて皆様が加入している「スポーツ保険」の概要を「保険について」ということでサイトに明記しましたので、ご確認くださいませ。

 次に補償範囲に関してですが規程内にも記述しておりますが、以前から乗り合わせが非常に気になっておりました。FC側からお願いしているにも関わらずです。恐縮です。

 今までに乗り合わせ時に事故等の報告はありませんが、近年ではセクションを問わず遠征等の回数も増え今後の運用を考えた時に、事故をした・された双方とも嫌な思いをしないようにするにはどのようにしたら良いかと勘案しておりました。そこで弁護士に相談をしたところ運営管理団体として必要最低限、車輛をご提供して下さる保護者車両の保険関係書類を事前に確認するようにとのアドバイスを頂き、補償範囲に関する規程作成にいたりました。

 ご厚意で車両の提供して下さる保護者の方にはお手を煩わせることになりますが、何かあってからではいけませんので、趣旨をご理解の上ご協力の程よろしくお願いいたします。


③暴力に関する規程

 昨今、国会でもパワハラ・セクハラ問題で騒いでおります。少し前は相撲協会やレスリング協会でのパワハラ問題などもメディアを騒がせ、また毎日1人の子どもが自殺をしている社会現状もあります。ご多分に漏れず小坂井FCもこの日本社会の小さな縮図である以上、同類の潜在的なリスク要因を含んでいるとも言えます。残念ながら。

 本規程の趣旨はコーチや子どもたちを罰するということではなく、世の中のスポーツ界の暴力に関する規程や現実を認識し、かつ私たち自身で暴力等に対する戒めや注意を払うことを目的としております。この点、保護者の皆様には誤解なきようご理解くださいますようお願いいたします。


●いい応援ってなんだろう
 先日、ある大会にて小坂井FCの保護者の応援に関して、大会本部より厳重注意を頂きました。事あるごとに応援時における注意事項を促してきたつもりですが、改善が見られず残念な結果となり非常に悲しい気持ちでいっぱいです。

 日本サッカー協会でもジュニア世代の応援に関しては明確な規定等はなく(ただしマナーとしての応援の仕方は伝達されています)、大人の良識に委ねる部分が多いので、よって小坂井FCとしても文言として規定するつもりはありません。しかし、何もせずに手をこまねいているのもいけないので、読み物として「いい応援ってなんだろう」という文章を作成しました。保護者の皆様方には是非ともご一読頂き、少しでも「応援の本質」を見出して頂けましたら幸いです。


<最後に>

 サッカーでもそうですが、なぜルールがあるのか?それはプレーヤーを守るためです。危険なプレーをしたらその人の命が奪われることもあります。そのためにルールがあります。よってルールの存在は人を罰するのが目的ではなく、人を守ることが第一義的な目的です。もちろん、ルールを無視して人を傷つければ罰が待っているのは言うまでもありません。

 小坂井FCでも大小様々な約束事や決まりなどがありますが、それもスタッフや選手を罰することが目的ではなく、みんなが気持ちよくサッカーをするための約束事だと思ってくださると幸いです。

 例えば、市サッカー場は駐車場が狭いので、15台×10チーム=150台が一度に集まったらなんともなりません。よって約束事等が発生します。そうなるとおのずと「乗り合わせ」をお願いせざるを得ませんし、短い距離でも自動車事故が発生する危険性がわずかでも発生します。よって補償範囲の規定や今回追加した保険等の確認をせざるを得ないという状況になるという事をご理解下さると幸いです。

 法律や規定があれば人々が気持ちよく暮らせるという方程式は成り立ちません。しかし、約束事がない社会も恐ろしいですし、ガチガチな約束事もこれまた人間味がなくなります。小坂井FCとして出来ることは、スタッフや選手および関わる人の命を失う危険性等を少しでも排除するための必要な約束事を決め、その上に良識的な大人の気持ちを上積みしていく努力を継続するという事なんだろうと思っています。

 以上の事をご理解して頂き、皆様方のお力添えを頂けます様心よりお願いを申し上げます。


小坂井Football Club 理事会