なかなか伸びない距離

昨日は仕事を早く終えたがナイトランはしなかった。そう、今日朝ランをするため。
5時起きの予定が案の定というか起きたのは7時半でした。
それでも朝食を食べて走り出す。何だか胸焼けが‥‥

さすがに朝だと人が多い。気のせいかジョグっている人も多いみたい。
いつも10キロ走を目指しては挫折を繰り返しているので、今日の目標は
2時間のLSDと考えていたんだけど、他の人にすぐ影響を受け入りの1キロで
いきなり5分20秒‥こんなペースでは持ちません。

そんで予定を変更して、8キロ走をしてから休憩を取って残りをゆっくり走と
思い直して走り続ける。

8キロのラストは気合走!しかしすでにヘロヘロ状態で5分の壁を破れず。
その後、ストレッチをはさみながらウォーキングを1キロ少々。

「さていくか」と走り出したが、もはや足は自分の意思通りに動かず
もうゆっくり走ろうが何しようが「俺は絶対嫌だからね」とストライキ状態。
ここを乗り越えればハーフへの道も開けそうなんですが、「無事これ名馬」を
心情としている私は体の声に従って素直に帰宅しました(笑)。

走り始めたころ10キロ以上なんて全く考えていなかったこと。
ナイトラン中心で6から8キロばかりやってるから、8キロ走り終えたところで
「今日のラン終了」というか満足感が得られるようになってしまったみたい。

多分このままだとゆっくり走っても10キロ走はできないんじゃないかしら。

なんでも今週末は西湖マラソンが行われるようですが、今のままでは
永遠にエントリーできないです。

やはり東京マラソンの抽選に当たるとかいう、ビッグなイベントでも
起こらないと現状から進歩しないかもしれない甘チュアジョガーなのだ。

今日の距離8キロ。アベレージ5分17秒。
体重61.9Kg。うん、ダイエットだけは順調‥って目的が違う。

北のお土産

IMG_7101
結局、北の大地での爽快ジョグという野望を果たせず帰ってきた私。
そして、帰りの飛行機が夜ということもあって、南千歳にあるアウトレット
モールに立ち寄ることにしたのだ。

以前はこのてのものには全く興味がなかったんだけど、走りをはじめてからは
スポーツショップに俄然行きたくなっていた(単純というか‥はぁ)

そして足を踏み入れて最初に入ったのがアディダス(すぐ目に入ったから)。
しかし膨らんだ期待は見る見るうちにしぼんでしまうのだ。
「都内のショップとかわらないじゃないか」

だって、お買い特コーナーのシューズは、あまり見たことのないモデルだし
知ってるモデルは別のコーナーで値段はしっかり「高い」

ウェアもしかりで、安いのはへんてこなデザインとか、いかにも安売り専用に
作りましたという感じの代物なのが素人目にもバレバレです。

がっくりしてお店を後にし、店舗案内を開くと知ってるのはアシックスしか
残っていない(他にもあるんだろうけど知らない)。

そんでアシックスへと向かう。
うーん、高い。というか「特価」シューズは近所の大手スポーツショップ
の方が安いぞ。

ウェアは品揃えが少ないからサイズがない(私は175cmなのでL)。

疲れてきたので「もう飛行場へ行こう」と思ってたら「サンプル品
半額コーナー」というのを見つけた。
そこで見つけました、掘り出し物。

ライトトレーニングジャケットという奴で、いわゆるジャージの上ですね。
これがもう、めちゃ格好良いんですわ。貼ってあるタグは4700円
つまり2350円です。しかもサイズはジャストL! 北海道お土産決定(笑)

最後に少し幸せな気分になって機上の人になったとさ。

北の野望‥散る

週末に所用で北海道に行ってきました。
一泊二日の日程ですが、バックには何故かジョグ一式が入ってたりして(笑)。

さすがは北海道!日が照ってるときはそこそこ暑いけど、日がかげると寒い。
そんで、初日はいろいろすることがあったし疲れたのでお楽しみは後にと
テレビも見ないで(これが最大の過ち)早々に眠りにつく私。

そして翌日は午前5時という、とんでもない早起きをし
「さぁ、爽やかに北の朝ランだぁぁ」とカーテンを開けると

‥雨‥グァァン(大泣き)。

結局、こっちに帰ってから、いつものように汗だくのナイトランでした。

ダイエットに

昨日走り終えてシャワーを浴びる前に、何となく体重計に乗りました。
体脂肪率‥11.9

おぉぉ、12をきってるじゃーん。
タイムも距離もじぇんじぇんだけど、何故か体型だけが
ランナーっぽくなってる感じ。

以前は我慢していた大好きなチョコレートとかケーキ系のパンも
最近はパクパク食べてて、じぇんじぇん太らない。

やっぱしジョグはダイエットに効果抜群なんですねぇ。

梅雨のまえに

スピードラン!

と、気合を入れて走り出しました。
入りの1キロが4分39秒。

もはやこの時点でATラインを突破(笑)
帰りの1キロは、みるみるスピードが落ちて5分。

しかもここで完全にガス欠。

暫く休むも、全く回復の兆しなし。
そこからの2キロは、走ったり歩いたり(情けない)

最後は街灯も消えて喰らい夜道をとぼとぼ歩く私でした。

少しづつ

ここんとこ6キロ走が続いたので、昨日から8キロ走に戻したのだ。
そんでタイムを見たら、昨日が43分30秒で今日は42分55秒。

じぇんじぇん変化がないなぁと思っていたけど、3月のタイムを見ると
平均で45分から46分かかってた。

ランナーズとかに登場する人たちからすれば、じぇんじぇん亀タイム
なんだけど、地道にちょこっとづつタイムが縮むのを見ると嬉しい。

ペースも5分30秒以内をきちっと守ったし(3月は結構乱れてました)
後半に少しだけペースアップして走りきれたのが何より。

これで足痛さえ出なければ、夏場にかけて充実したナイトランが
楽しめそう。どうか痛みが出ないように。

そんで10キロチャレンジは?
‥‥うーん、もう少し後で(笑)。

TIMEX IRONMAN O.V.A

DSC00251


今日は今の私が一番愛用している時計をご紹介。それは「TIMEX IRONMAN O.V.A.スリーク」です。

最近はナイキのトライアックスに押されてすっかり精彩を欠いているアイアンマンシリーズですが、私には必要不可欠のモードが搭載されてます。それは「ナイトモード」。これはバックライトボタンを長押しすることで切り替わりますが、このモードにすることで「どのボタンを押してもバックライトが点灯する」状態になります。

これはナイトランがメインな私にはとても便利です。私が走っているコースはラップを取る場所が全て街灯の下ではありません。だから他の時計だとラップボタンを押した後、確認するには更にバックライトボタンを押さないといけません。ナイトモードならラップを押せば自動点灯。この便利さは格別です。ラン終了後モード解除をし忘れても、8時間で自動解除されるのもよく考えられてます。

それとボタンを押したことが「目で確認できる」、これが良いです。音楽など聴きながらのジョグだとラップボタンを押した音が聞こえません。そんでもナイトモードなら液晶が光るので確実に押したことがわかる。ナイトランでボタンが押されたかどうか判らないと気になってしかたがない人にはアイアンマンが最適です(笑)。

ラップボタンもセイコーのスーパーアスリートと同じように外周ではなく中央に独立配置。昼間はとにかく手元がほとんど見えない夜ランでは何より「押し間違い」リスクの少ない時計が便利です。

DSC00252


そしてo.V.Aならではの特徴がその装着スタイル。
装着すると文字盤の位置が普通の時計より90度内側になるんですね。
メリットはタイムを確認するのに「手首を返す必要がない」こと。

使ってみるとわかりますがこのスタイル「めっちゃ便利です」。
というか、このスタイルに慣れると手首を返すというほんの僅かな動作が何とも煩わしいものだったと思えます。それくらい便利。

それにこのスタイルはランニング以外でも有効です。まず普段腕時計を見るとき大概は手首を返してます。デスクワーク以外はほとんどといって良いと思います。

ナイトモードというアイアンマンならではの機能とO.V.Aだけのランニングに適した装着スタイルにもかかわらず、このモデルはマイナーなんですよね。

一番の理由は「高価格」。

定価が1万5千円近くします。心拍系付のランナーズウォッチに手が届く価格です。また実用上問題ないにしても75ラップというのは1万円以下で100ラップが当たり前のご時世では見劣りしてしまうでしょう。私もこれが理由で手を出せませんでした。たまたまリサイクルショップで見つけたので手に入れられたのです。

もうひとつの理由は「地味」なカラーリング。
女性向けにはパープル系もあったと思いましたが、とにかく「地味」。今時のファッショナブルランから完全に遅れています。

しかし最大の理由はあまりにも強烈なスタイリングでしょう。
90度内側に文字盤がくるというスタイルは実用的には素晴らしいのですが、やはりアンバランスというか一種「異様」な雰囲気です。なんていうかですね「手首にエイリアンがからみついた」という表現がピッタリ。

せっかく素敵な機能を持っているのだから、せめてデザインだけでももう少し「すっきり系」にすればもう少し人気が出ると思うんですが。


DSC00253


小学生の走りに脱帽

昨日は上尾で行われたKIDS陸上に行ってきました。
会場は上尾総運動公園陸上競技場。前にも書いたけど、競技場の周りが
ジョグコースとなっていてとても走りやすい。

なんで子供の応援がてらジョグをしようと思っていたんですが
当日は朝から土砂降りの大雨。ジョグを楽しむどころじゃないです。

それでも少しずつ天候は回復して、午後には雨も上がりました
うーむむ、やはりシューズとパンツを用意してくればよかったと悔やむ私。

子供は短距離なので、以前ならそれ以外の種目には興味がありませんでしたが
今は1000mとかも見ています。

それにしても「速い!」
そりゃ1000mだから速いのは当たり前かもしれないけど、だからって
小学生が3分台で走るんですからねぇ。
これ実際見てると、ほとんど最初から最後まで「全力疾走」状態。
特にスタートから50m辺りまでは短距離ダッシュ。

すぐに影響を受ける私は、その日のナイトランで早速「チャレンジ1000」を
やってみましたが、あっというまに息が上がってスピードダウン。
結果は惨憺たるものでしたわ。

ちなみに子供は短距離の部で優勝しました。

やっと週末

今週は仕事がきつかった。
昨日は胃が痛くなるという状況になり、とても走るどころじゃなかった。
(どっちみち雨で走れませんわね)

今日も今から走る気はないですわ。
私にとってランニングはストレス解消になってるんだけど
ストレスも限界を超えると、走る気力すら萎えてしまうようです。

そうそう、最近、ジョグメニューを変えたのだ。

以前は「通し」で8キロだったのを、4+4キロにして間に2分の休憩を
入れるようにしました。

前半はハイペースで息が上がるまで、後半はのんびりジョグです。

本当は休憩を1分にするつもりでしたが、とてもじゃないけど
1分では回復しなかったので2分(笑)。

週末は仕事を忘れてジョグを楽しみたいけど、二日とも
家庭の用事が入っているんですわ。

走れるかなぁ。

やはり基本は正しい姿勢

木曜日は休足日、金曜日は仕事の疲れがピークに達してダウン。
土曜日は子供たちの運動会。
帰ってからも子供の相手をしてたら疲れて寝てしまった。
起きて晩御飯を食べ、さぁ走るかと思ったら妻が「大雨注意報出てるよ」

んな馬鹿な、天気予報は明日から雨だったはずだと用意をしてたら
ドシャーっと雨が降ってきた。夜半まで待つが止みそうになく中止。

今日も朝から雨。
予定もないので子供の相手をしたりCDを聴いたりしてすごすが
何とも「心ここにあらず」という感じ。
sのうち、どうにも眠くなってきた。

「もうだめ、寝る」と布団にもぐりこんだら晴れてきた。
しかし外に出るとこれがもうれつに「暑い」
日差しが突き刺さる感じ。

日が沈むまで待とうと決め、やっぱしというか寝てしまった。
そして日も暮れてドラキュラランナーは目覚めるのだ。

しかしいつの間にか空には分厚い雲が垂れ込めてる。
しかも遠くで稲光がしてるじゃありませんか。

しかし既に三日もお預けをしてしまったので
「雷は通そうだし、まだ少しは天気も持つ」と決め走ることにした。
自宅を出るとき妻が「大雨注意報でたわよ」という言葉を後にして。

最初の5キロを5分30秒ペースで走る。
実際は平均20秒くらいでした。
二分休んで3キロを6分ペースで走る。

この休んでいる時に雨が降ってきた。
しかし走り出してしまえば少々の雨は気にならない。
むしろ火照った体を冷やしてくれる。

むしろ怖かったのは頭上で光る雷様。
光ってから音がするまで時間があるから、かなり高いとは思うが
やはり真上というのは怖い。

「馬鹿なランナー、落雷で死亡」なんてことになったら
洒落にならない。追い立てられるように走る走る。

まだ脚力不足なんでしょね。後半では右足にランナーズニーの
兆候が出ました。

痛いから思わずへっぴり腰になる。スピードが落ちる。
しかし雷が怖いから、スピードを上げなきゃならない。
それで背筋を伸ばしフォームをきちんとして走る。

すると痛みが引いていくではありませんか。

痛い→腰が落ちる→更に痛みが増す
という悪循環になるんですね。

痛いときこそきちんとした姿勢で走る。ひとつ賢くなりました。

自宅に戻ってシャワーを浴びてたら「バシャー」っと雨が降ってきた。
まさに間一髪。

  • ライブドアブログ