先日、シャンプーについて書いた別記事にてこのように書きました。

化学物質まみれの市販シャンプー

一般的なシャンプーは
経費毒を誘発する化学合成物質の塊であり、それらは体内を巡り巡って男性は前立腺女性は子宮に溜まります。

帝王切開の際、子宮からシャンプーの臭いがするというのは看護師の中でも有名な話ですが、雑紙などでも暴露されています。私自身も、それを経験した看護師から直接話を聞きました。

彼女が予想したのは◯◯◯◯ スーパーリッチでしたが、後日出産後の元妊婦さんに聞いてみたところ、ドンピシャだったそうです。その製品を使ってスーパーリッチになるのは、消費者の髪ではありません。製造メーカーの経営陣です。


また、資生堂のTSUBAKIは美容室業界で非常に評判が悪く、たまたま入った先の美容室でも、"TSUBAKIをお使いの方は事前にお申し出ください"という注意書きが鏡の前に目立つように書いてありました。

その理由を美容師さんに聞いてみると、TSUBAKIはキューティクル(髪の表面に存在し髪を保護してくれている物質)をはがしてしまうため、カラーリングをしても色が落ち着かず、目的の色と全く違う色になってしまう可能性があるからだそうです。

過去最大のクレーム商品だったらしく、その後少しは改善されたようですが、女優を何人も使って煌びやかなCMを打つよりも、先にやることがあるはずです。



資生堂といえば昔から悪評高く、「資生堂よ、反論せよ」などという副題のついた本が出版されています。

非常にインパクトのあるトンでもない名前であり、事実無根の内容であれば大問題です。しかし、資生堂は全くの無反応。事実だからですね。





表紙に、化粧品の恐ろしい原価率が堂々と暴露されています。

40


クリーム
定価 18,000円
原価 58円



49

口紅
定価 3,000円
原価 6円



32


メイクアップ
定価 2,500円
原価 18円


スキンローション
定価 2,500円
原価 12円


こんなの使いたいですか? 私は嫌です。




Amazonのレビューより

こんなこと書かれて、
ウソだったら、簡単に訴えられるけど、
訴えられもせず、差押えられることもなく、
こうやって販売しているってことは、
ホントに・・・・

『真実』

なのでしょうね(-_-);
あんまり本屋で見かけないのはメーカーで買い占めてるからという噂も聞くこの本。

自然化粧品の販売に携わる人には自社製品を勧めるのに役立つ販促グッズになるだろう。その意味では確実に売れているのではないかと想像できる。

出版側の下心もありそうだが、ここまで書かれてメーカーが反論しないのはやはりおかしいと思わざるを得ない。

反論しないという事は認めている事に等しいのだから・・・。
衝撃でした。

この本が書かれてから、25年の月日が経っているにもかかわらず、内容は現代に当てはまることが多いように思いました。本の中に描かれている日本の将来が現実となっているような感覚…。

それに、自分が使用している化粧品メーカーのこと、売り方のこと、思い当たる点がいくつもありました。

毎日使用している化粧品に何の疑問も持たず、広告を見ては新製品を買い求め、販売員の話をいい勉強とばかりに鵜呑みにして、いろいろ塗りたくり、出費してきた自分は著者のいう「バカ」そのものです。

文章全体が怒りに満ちた感じで読み進めるのにも気力が要りました。が、読んでよかったです。本当に無知だった自分が恥ずかしい。

この本に出会ったことで、物事の裏側の怖さを思い知らされた気がします。

確かに、この本だけを読むと、「自然派」、「無添加」を売りにする化粧品の販売促進のいい道具になりそうな内容ですが…。

このまま恐怖におびえるのでは意味がないと思うので、冷静に、もっと勉強したいと思います。




原価をここまで極端に低く抑えられるのは何故?

そもそも、ここまで原価を抑えられる理由は何なのでしょうか?
それは、水、ミネラルオイル等の増量剤を使用しているからです。

ミネラルオイルは、本来捨てられるはずだった廃油。
ミネラルというとちょっと体に良さそうと思ってしまうかもしれませんが、全く違います。日本語で言うと、鉱物油です。

石油と言えば、世界を牛耳る方々の一人である石油王ロックフェラーです。ロックフェラーが本来捨てるはずの産業廃棄物をさらに売りつけようとして目をつけたのが、医薬・健康食品・化粧品業界です。

抗がん剤やサプリメントなど、これらの業界の製品は石油が原料となっていることが多いですが、当然石油が体に良いはずがありません。それでも原料として使われているのには、このような背景があります。

某社の某サプリメントなど、水に溶かすと中から石油の匂いがしますし、また別の某社のサプリメントを燃やすと、石油が燃えているかのように黒煙を立てて轟々と燃え上がります。

そのようなものですから、以下の面白動画のリアクションも納得です。死にます。
ジョーク動画で少し話が反れますが、リアクションがあまりにリアルで面白いので掲載。笑 



サプリメント全種類混ぜてドリンク作る

 
(飲むシーンは4:04から)




何故いまだに有害日用品が世にはびこるのか?

利益のみを追求し消費者の安全を顧みない資生堂その他多国籍大企業の姿勢は、まさに滑稽の一言です。

先ほど、「石油と言えば、世界を牛耳る方々の一人である石油王ロックフェラーです。ロックフェラーが本来捨てるはずの産業廃棄物をさらに売りつけようとして目をつけたのが、医薬・健康食品・化粧品業界です。」と書きました。

世界を牛耳る"彼ら"は、一般人に有害な食べ物や水などを買わせて病気にさせ、病院や保険でさらに搾り取ります。単なる金儲け第一主義と思うかもしれませんが、その裏には、世界を牛耳る彼らのこのような意思が存在しています。

フリーメイソン、イルミナティ、ロスチャイルド、シオニスト・・・ これらの言葉を聞いたことのある人は多いでしょうが、これらは"彼ら"を表す言葉です。完全な実態は見えませんが、"彼ら"が世の中のどこかに存在し、"彼ら"のアジェンダの一部である世界人口削減を実行していることは間違いありません。

"彼ら"にとって、「ゴイム」は死ぬべき存在です。ゴイムとは、"彼ら"の言葉で家畜を意味する言葉。"彼ら"の仲間以外の全ての人間を指します。つまり、ゴイムである私たち一般人が高いお金を払い、それで不健康になってくれるのだとしたら、それは"彼ら"にとって願ってもないことなのです。

なお、もし上記を陰謀論などと切り捨てる方がいらっしゃいましたら、黙ってこちらの本をお読みください。
Facebookユーザー数ランキング日本12位の自称「キチガイ医」内海聡先生の名著です。




花王や資生堂は、毎年広告宣伝費としてメディアに大量の予算をばらまいています。そして、その支払先の電通や博報堂は反日朝鮮企業です。GHQの時代から日本の内部侵略のために存在する反日朝鮮人たちは、使えば日本人が健康を害し金銭的に搾取される資生堂などの製品を宣伝することに、一切の良心の呵責を感じないのでしょう。

そして、GHQから送られた反日朝鮮人たちは、"彼ら"の手先です。"彼ら"は分断統治が得意です。日本人に中国・韓国という目先の敵を仕向け、自分たちの存在に気付かせない。このようなことが行われています。日本人で中国・韓国を特に敵視している人たちは、完全に"彼ら"の戦略に嵌められています。同じことが、上記書籍にも記されています。

花王など年間1,000億円もの予算を広告宣伝費にかけていますが、そんな会社が扱っている製品は何かと言えば、ミネラルオイルの含有量が水に次いで2番目に多いゴミみたいな成分のニベアハンドクリームです。

手に油を塗ると水と油が反発するため発汗機能が損なわれ、結果的に体内の水分の蒸発量が少なくなることを、彼らは「保湿」と呼んでいます。保湿のアプローチとしては、惚れ惚れするくらい間違っていることにお気付きいただけるかと思います。

しかし、このような製品を扱う企業が業界内で国内最大級であることは大きな問題です。それらの粗悪な製品を使う人口が多いため、そもそも他の製品と比べて粗悪であることに気付けないからです。

この化粧品は私に「合わない」という表現を耳にしますが、合う合わない以前に、「良い」「悪い」という根本的な問題が存在することを知ってください。そして、残念ながら、今の世の中で手に入るのは悪い製品がほとんどです。






知識は武器です。
興味のある人は、ぜひ勉強してください。
自分だけでなく、子どもなど大切な人を守れる武器になります。



0 0


お気に入り記事

ソフトバンクのスマ放題を利用!「通話し放題の携帯」と「容量無制限のネット環境」を同時に持つ最も合理的なプランはこれだ!

香川真司はサッカー日本代表を負かせるために創価学会から派遣された敗戦請負人か?自ら香川真司激似とネタにする私が敢えて書く! 香川ー!!違うと言ってくれー!! : JACK HOUSE by @CaptainJacksan香川真司はサッカー日本代表を負かせるために創価学会から派遣された敗戦請負人か?自ら香川真司激似とネタにする私が敢えて書く! 香川ー!!違うと言ってくれー!!

歌舞伎町のホストクラブで使われる一気コール集及び使用例: コール集歌舞伎町のホストクラブで使われる一気コール集及び使用例: コール集

【釣魚島x天安門】中国人のLINE乗っ取り詐欺犯を最高にバカにした究極の撃退用画像作ったったwwwwwww【釣魚島x天安門】中国人のLINE乗っ取り詐欺犯を最高にバカにした究極の撃退用画像作ったったwwwwwww



お知らせコーナー

おすすめエントリー集著者CJプロフィール
詳しく書きました
おすすめエントリー集おすすめエントリー集
ヒッチハイク指南、アフリカ大陸縦断記、歌舞伎町ホストクラブ体験記、スマブラDX、洗脳の手口実録など



今日も元気に更新中!