淡々 (マンガソムリエ廃業編)

元マンガソムリエ(自称)の淡々とした日々をつらつらと。 ★★★★★・・・大絶賛。絶賛すぎるので、逆に、誰もが100%楽しめるとは決して思わない。 ★★★★・・・是非読むべき。たぶん誰がよんでも面白い。 ★★★・・・読んで損はないかな。 ★★・・・うーん。おすすめはしない。 ★・・・逆に凄い。自己責任で読んでほしい。

劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer オリジナル サウンド トラック

息子と一緒に鑑賞。以下、超ネタバレ。続きを読む

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック デラックス版)

超実写版とやらの実力を体験したくて、3DIMAXで鑑賞。続きを読む

映画ポスター スパイダーマン ファーフロムホーム マーベル US版 hi5 [並行輸入品]

今年の夏はわりと劇場に足を運んだのだけども、その中でもこれが一番楽しかった。続きを読む

【Amazon.co.jp限定】天気の子【特典:CDサイズカード「風たちの声」ver.付】


話題作ってことで、とりあえず見てきた。
結論は★1。
まずは、ただただ幼稚な主人公に心底あきれ果てた。

で、この映画が受けるなら、当然投票率なんて50%きるよなと、先の参院選を憂いた。

話が飛びすぎたか。

「なんだこのパヨク?頭のネジがぶっ飛んでるんじゃねえの?」
わかる。そう思う人の気持ちもよくわかる。
もしかしたら、今から書く批判は、世代論みたいなものでくくられ、批判されるのかもしれない。
おっさんが、若い文化にわかった顔して口出しすんじゃねえ的な。

でも、とりあえず、そう思う人にこそ以下の文章を届けたいのだ。
あと、劇場ですすり泣いていた若い人にこそ読んで欲しい。

以下、超ネタバレ。
長いので、珍しく章立てしてます。続きを読む

新聞記者 (角川新書)

とにかく、今見ないといけない映画。
今日、見に行ってほしい映画。続きを読む

マチネの終わりに

その昔、村上春樹が自身の「ノルウェイの森」を100パーセントの恋愛小説と評したことがあったと記憶しているのだけども。
本作は多分、平野啓一郎という作家にとっての100パーセントの恋愛小説にあたるのだろうと思う。
ただ、恋愛ってのを突き詰めていくと結局ある種の「人生」を語ることにもなるのだろう。
それこそ、ノルウェイの森がそうであったように。
(以下、わりとネタバレしてます)続きを読む

夜明け告げるルーのうた

ひさしぶりに映画で号泣。続きを読む

ニンジャバットマン

バットマンが戦国時代に行って、戦国武将とかしたジョーカーだのツーフェイスだのと大暴れする話。続きを読む

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

見たのはもう随分前。
劇場で鑑賞。続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

仕事が早めに終わってぽっかり時間が空いたので、鑑賞。続きを読む

このページのトップヘ