【映画パンフレット】孤狼の血 監督 白石和彌

たぎるわ〜。

以下、思いっきりネタバレしてます。

まあ、この映画をわざわざ映画館に観に行こうなんて思う輩はそれなりに、わりとアレな人なわけで。
要するに「仁義なき〜」的な興奮をもう一度味わいたいという類ね。
そういう人しか身にいかない。

で、そういう輩にとってみたら、この映画のオープニングからしばらく続くなんのひねりもない仁義なきオマージュとか、飛び交う広島弁だけでお腹いっぱいになるし。
「見たいもんを見せてくれて、ありがとう!!!」ってな気持ちで満足するわけ。

加えて役所広司だとか、江口洋介のヤクザ演技には惚れ惚れするしかないし、真木よう子はやっぱりこういう役をやらせるとハンパねえなぁとか、石橋蓮司はやっぱりやばいなぁとか、そういうヤクザ映画特有の演技合戦に舌鼓を打ちまくる。

ただ、同時に、その辺りで一端この映画を見切るというか、「まあ仁義なき〜のオマージュ(笑)だよね」「オリジナルにはかなわないよね」みたいな感じの舐めた表情にもなるわけで。
なんというか、堪能しつつも、これは「こういう映画」だと、安心して見てしまう。

ところが本作はその後、文字通り、「怒涛の展開」が待っているわけで。
自分は劇場でびっくりしすぎて変な汗が出た。(以下、ネタバレしてますよ!!!)



















具体的には、主人公だと思っていた役所広司が死ぬ。
死んじゃう。
それも、思いっきりえぐい水死体で。
そこで、見ている側は戸惑うわけ。
え??え???どういうこと???
主人公死んじゃったら、後はこの頼りない松阪桃李しかいないじゃん、どうするのよ??これ??・

それこそがこの映画の狙いで。
その後、まさに一人の男が覚醒する瞬間をフィルムに焼き付けている。
それは、物語的にもそうだけども、松阪桃李という役者の覚醒でもあったんじゃないかなぁ。
自分はこの人はずっとシンケンレッドの人だという認識で。
真面目で真っ直ぐな役の”似合う”人だと思っていたのだけども。
本作ではその真面目さ、真っ直ぐさを研ぎ澄ましていき、限界点を越えている。
で、越えた結果、すごいレベルの演技をしているように感じた。
言ってしまえば狂人のレベル。
役所広司の死をきっかけに、目付きが変わり、演技が変わる。
で、すごい目をして、人を殴り続ける獣になる。
まさに孤狼。
なんというか、殴られている側の痛みを感じつつ、殴っている側の心の叫びも感じるような、そういう演技。
こんなの堪能するしかない。

で、役者が覚醒するってことは当然それを包む映画そのものだって思いっきり躍動するわけで。
とにかく役所広司の死をきっかけに、映画が吠えまくる。
で、そのころにはすっかり「仁義なき〜オマージュ」の殻なんて破り捨てており、2018年にこそ描かれるべきヤクザ映画になっている。
ここに痺れた。

終わってみれば、「絶対にヤクザには関わりたくない」と、心の底から思いつつ、何かよくわからない熱いものがたぎっているのを胸に感じて劇場を後にするという・・・・・・・つまりは、非常に素晴らしい東宝映画でしたという話。
次回作も決定しているそうで、大いに楽しみだ。