淡々 (マンガソムリエ廃業編)

元マンガソムリエ(自称)の淡々とした日々をつらつらと。 ★★★★★・・・大絶賛。絶賛すぎるので、逆に、誰もが100%楽しめるとは決して思わない。 ★★★★・・・是非読むべき。たぶん誰がよんでも面白い。 ★★★・・・読んで損はないかな。 ★★・・・うーん。おすすめはしない。 ★・・・逆に凄い。自己責任で読んでほしい。

カテゴリ: 「か行」のマンガ

ごほうびおひとり鮨 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

彼氏に振られたOLがやけになって高級鮨店に行き、鮨にハマるというマンガ。
まあ、最近毎回書いてることだけども、ここまで飯マンガが飽和してくると細分化すらもままならないことになってきていて。
こうなると、今度は組み合わせの妙を求めるようになってくる。
本作だと「忘却のサチコ」的な振られグルメ+将太の寿司から脈々と続く鮨マンガ。
まあ、新しい仮面ライダーであるビルドも組み合わせの妙で変身するみたいだし、いいんじゃないでしょうか。(なんだこの感想)

ただ、本作に関しては妙齢のOLというにはロリロリなビジュアルの主人公に感情移入ができず。(する気だったこと自体がおこがましい気もしますが)
また今後数十年は銀座のお寿司を食べる予定もないわけで。
自分にとっては、なんともかんとも、遠いところにあるマンガではあった。

まあ、東京に住むOLさん達には「いつか、このお店いこう!」なんて思いながら読むというHanako的な楽しみも含めて楽しいマンガなんじゃないかしらん。

・・・・・・Hanakoってまだあるのかな?最近とんと見てない気がするな。

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)

ナウシカの同人誌と言われても信じちゃいそうな絵柄で語られるドラゴン飯マンガ。

ただまあ、絵柄はともかく話で使われるガジェットはどちらかというとラピュタっぽいかなぁ。
飛空艇の設定とか。
そこで暮らすドラゴンハンター達の海賊(空賊)っぽい感じとか。

まあ、なんににせよ明らかに宮崎作品に”寄せて”きている。
それもかなりの近距離戦闘。

続きを読む

黒博物館 ゴーストアンドレディ(上) (モーニングコミックス)

昨年末に読んだモノを今更。続きを読む

鴉 (幻冬舎文庫)

神様ゲームを読んで興味をもったので、読んでみたうちの一冊。続きを読む

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

年末にやっと読了したのを、これまたやっとレビュー。

時期をはずしまくっているのはわかっているので、さらっと。続きを読む

ゴハンスキー 1

清野とおるのグルメマンガ。続きを読む

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)

「このマンガがすごい!」で第四位。続きを読む

ケンガンアシュラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

刃牙です。
それも、一番面白かった頃の刃牙です。続きを読む

銀河パトロール ジャコ (ジャンプコミックス)

カツラアキラを読んだ後、読み直したくなって購入。続きを読む

カツラアキラ (桂正和×鳥山明 共作短編集) (ジャンプコミックス)

すっげー今更ではある。続きを読む

このページのトップヘ