淡々 (マンガソムリエ廃業編)

元マンガソムリエ(自称)の淡々とした日々をつらつらと。 ★★★★★・・・大絶賛。絶賛すぎるので、逆に、誰もが100%楽しめるとは決して思わない。 ★★★★・・・是非読むべき。たぶん誰がよんでも面白い。 ★★★・・・読んで損はないかな。 ★★・・・うーん。おすすめはしない。 ★・・・逆に凄い。自己責任で読んでほしい。

カテゴリ: 「な行」の書籍(マンガ以外)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

今更、なぜ?とは自分でも思う。続きを読む

ノックス・マシン

一昨年のこのミス第一位を昨年末に。続きを読む

ねたあとに (朝日文庫)

こういう本をだらだら秋の夜長に読みふける至福。続きを読む

悩む力 (集英社新書 444C)

こんな本のレビュー書いてると、どうしたんだ??何か悩んでるのか???ってな心配をさせそうですが・・・続きを読む

3
面白南極料理人 (新潮文庫)

椎名誠的なものをビシバシ感じる南極の日記。続きを読む

3
のぼうの城

本屋でやたらと平積みされていた印象。続きを読む

野武士のグルメ

孤独のグルメの文章版と考えて差し支えない。続きを読む

3
斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

初島田荘司続きを読む

3
なめくじに聞いてみろ―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)

法月輪太郎が書いた「生首に聞いてみろ」の元ネタ。
って言っても、「生首〜」みたいなガチガチの本格じゃなくて、むしろ洒落っ気過剰のマンガみたいな小説。続きを読む

2


ミステリを読む時に、犯人探しをしながら読む人ってどれくらいいるのだろうか?
そして、そういう人の正解率ってどれくらいなのだろうか?
あるいは、そういった人たちにとって、どれくらいの正解率のミステリが、良作と呼ばれるのだろうか?続きを読む

このページのトップヘ