April 08, 2020

トクノ沸き東海岸のシーアドラー号船長へ (追記あり)

誰の船か知らんが。

あんな所に放置停泊は襲ってくれと言ってるようなもんだ。

船倉は空っぽだったが、弾薬を結構な量(弾薬各種約500発ってとこか)積んでたので頂戴しといた。

あと、そうそう、おまけにカロネード砲7門も。

だが、シーアドラー号ってどこかで聞いたことある気がしないでもないんだよな... 。



追記: 飛鳥のトリックスターへ

俺とは短い間だったけどおつかれさん。

あばよ!

 


captainzaki at 11:52|PermalinkComments(0)clip!

March 25, 2020

トクノの海 血に染めて

なんでも、トクノの秘宝がまた手に入ると聞いて久しぶりに航海に出た。

2020y02m19d_205654017


ま、ぶうちゃけた話、秘宝はいらんが、秘宝を狙いに来てる冒険者が持ってるお宝を狙う。


秘宝狙いの連中はほとんどが陸で狩りしてるだろうが、ここは無限。

もしかして人気の狩場なら、(陸の)PKからの脱出ルートとして船を接岸してたりするかもしれん。

てなわけで、海に近い人気の狩場付近を片っ端から索敵する。

まず向かったのが扇子持った姐さん達が襲い掛かってくるところ。

これが大当たりだった。

道場付近の海岸に船を接岸させて、海から狩りをしているブリタニア級を発見。

砲門開いていざファイアー!と思ったら獲物のクルーがいきなり死亡・・・

2020y03m25d_195941099


いやまだ攻撃してないんだが・・・

あきらめて自害か?

と思ったら、なんと陸から別のPKに攻撃をうけていた(?)らしい。

つまり、偶然にも陸と海から挟み撃ちにあった状況だった(?)ようだ。

幽霊船はそのまま北に逃走。

ここからは追跡しながら砲撃を加え沈めるわけだが、数発撃ちこむもびくともしない・・・

やっぱりブリタニア級の硬さは半端じゃない。

全砲門を開いて、動き回る敵船に隙あらば砲弾をぶち込むこと20発。

ようやくデカブツの船は動きを止めた。

2020y03m25d_201210025


結構なお宝を頂戴したので、追手が来る前にさっさと帰港する。



ブリタニア船はとてつもなく硬いが、図体が大きいぶん弾を当て易いし障害物に引っかかりやすい。

トクノ船なら、船の中央にマストを置いているからターン時に障害物に引っかからない。

おまけにシャープで小型だから岩礁や小群島の多いトクノの海に最適だ。

こういう海域だからこそあの船形になったのかもしれんな。

なんてことを帰りの航海でラムを呷りながら考えちまったぜ。

ま、次からは、無限の海には神出鬼没の海賊がいるってことを頭の隅っこに入れといてくれ。

んじゃまた。

ヨーホー!

















captainzaki at 22:08|PermalinkComments(0)clip!

February 10, 2020

プチっと航海

本来、この時期は海が寒すぎるので航海には出たくないんだが・・・

ちょいと海が恋しくなったんで航海に出ることにした。

とはいうものの、せいぜい30分(リアル時間)が限度だから話のネタになるようなものはない。

ま、しいて言えばこいつらくらいか。


2020y02m10d_204824693


まだいるのか・・・
頑張ってんな・・・寒いのに。



captainzaki at 21:13|PermalinkComments(0)clip!

November 13, 2019

深夜の南海でひと儲け

ハロウィンも終わっちまって海も静かになったかと思ったら。

まだあのヘンテコなカボチャ頭海賊どもがいるって噂を聞いた。

カボチャは好きだが被るもんじゃない。

海賊ならスカルキャップか海賊帽だろう。

まあそんなことはどうでもいい。

まだカボチャどもがいるっていうなら少し稼ぐとしようか。

2019y11m13d_003753711


ってことで針路はジェローム沖の南海へ。

うーんやはり南海は良い。

この海賊心をくすぐる風と波、ちょっと翠蒼っぽい海の色も実に心地良い。

なによりこの温暖な気候だ。

寒さに震えながら航海するのはまっぴらごめんだしな。

なんて考えながらラムを呷りつつレーダー眺めていたら、さっそく獲物発見。

ずいぶん接岸してるな・・・ん?

ってカボチャ海賊船じゃなくて、冒険者の船じゃないか。

毎回言ってるが、こんな所に船を放置したら危ないぜ?

船上にクルーの姿は無し。

接岸綱を見ると1/6。

ってことはちょこっと放置船か?

喫水線がずいぶんと沈んでる。

船倉は・・・ほう、10000ストーン越えとは久しぶりの獲物だ。

期待は高まるが、文字通り開けてみないとわからないのはいつものこと。

既にだいぶ痛んでるが、さっさと沈めて甲板へ乗り込む。

2019y11m13d_003130450


積荷は魚がメインであとは資材。

いわゆる武装漁船だった。

こいつはなかなか悪くない!

魚と資材は証書化して、持ちきれないものは置いて行く。

2019y11m13d_004955126


ざっと魚類6000匹、インゴット6000個、皮類2000枚、木材2000枚ってとこか。

2019y11m13d_003431009


前に沈めたヴェスパー沖のブリタニア級ほどの量じゃないが、今回は出航して20分弱でこれなら大儲け。

俺のツキもまだ落ちちゃいないね。



captainzaki at 02:17|PermalinkComments(0)clip!

October 25, 2019

海賊 IN 飛鳥(後篇)

今回の飛鳥訪問にはある目的があった。

俺は以前からある1冊の本を探している。

先日、「飛鳥には豊富な蔵書を有する冒険者運営の図書館があるらしい」

そんな噂を耳にした。

どうせ暇・・・ぁ、いや、たまには違う破片世界の海を航海するのも悪くない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ほれ、酒だ!」

その男はそういうと俺に酒瓶を放ってよこした。

うむ、ラムではないが悪くないな。

その男、海賊帽に骨鎧姿はキャプテンジョーダンと名乗った。

『おいあんた、ちょいと聞きたいことがある』

見ず知らずの俺に気前よく酒を奢るくらいだ、情報収集の相手としては最適だろう。

『この飛鳥に図書館があるって聞いたんだが、場所知らんか?』

「図書館だと?ああ、図書館ならあるぜ」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2019y10m23d_231831772


案内されてついて行った先は、森に囲まれた大きな一軒家だった。

目的の本こそ無かったが、置いてある本はどれも面白いものばかりだ。

ここは飛鳥を訪れた際はちょくちょく覗くとしよう。

せっかく飛鳥まで来たのだし、ここで帰るのも何か惜しい。

そこで俺は・・・

『ジョーダンさんよ、どこか良い酒場はないか?』

「あるぜ、アンタ好みの酒場がよ!」

『あるのか!』

「おうよついてきな」

・・・・・キャプテンを名乗っちゃいるが、偉大なるトレジャーハンターだという。

それにしても打てば響く男だなコイツは・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ユーのムーンゲートに程近い大森林の中にその酒場はあった。

石と漆喰の壁に藁を葺いた屋根。

そんな素朴な雰囲気の建物に掛った木製の看板には

―森の黒熊亭―

そう記されていた。

2019y10m23d_233611606


カウンター越しの丸椅子に腰を落ち着かせるとほどなく、灰色のスカルキャップの男がやって来て―

―「俺はここの店主グレンだ」

―『無限の海賊、キャプテンザキだ』

お互いに名乗りをあげる。

ラムを所望したが、
「ねえっつってんだろ!」
「ブランデーかウイスキーか選べ」と言う。

ユーと言えばワインじゃないのか?
と、突っ込みたかったがブランデーなんてこの数年味わってない・・・
まあ、海にでたら波に従えとも言うしな。

特製ブランデーの芳潤な香りを楽しんでいると、わらわらと客(?)がやってくる。

偉大なる(?)トレジャーハンターに紫のユー首長、緑ローブのエルフやくま帽子の娘、トクノのクノイチまでいた。

うーむ、キャラ立ってるというのかこれ。

悪くない。良い意味で驚いた。

個人的に言えば、ネオン色や流行りの奇妙に光る色ってのは正直好きじゃない。

町の住人(NPC)の格好が一番しっくりくる。

なんかこいつら良いな・・・

なんて考えながら飲んでいると、話題はウサギの話になっていた。

どうやらボーパルバニーを見たことが無いらしい。

流石に、偉大なる(?)トレジャーハンターは知っていたが、緑のとげを畑に刺すと現れるあのすばしっこい碧いウサギだ。

実際見てみようと言う事で向かったのは

2019y10m23d_235156388


みんな大好きムーングロウはコットン畑だ。

俺とトレジャーハンターとで緑のとげを刺しまくると・・・

・・・・畑は碧ウサギだらけになっていた。

(久しぶりに見たなカラ―たまご・・・)


ウサギ狩りを堪能しているとあっという間に時間がたっちまった。

ぽつりぽつりと人数が減って来た所で俺も戻ることにした。


美味い酒に愉快な連中、たまにはこんな航海があっても悪くないもんだな。





captainzaki at 22:43|PermalinkComments(2)clip!

October 24, 2019

海賊 IN 飛鳥(前篇)

昨夜はちょっとした用事がって飛鳥に行った。

なにしろ降り立ったばかりで金も無ければ船も無い。
が、そんなことは海賊である俺にとっちゃ問題にもならない。

2019y10m23d_220957924


まずは船を拝借してトリンシックまで航海だ。

トリンシックには俺の古い友人が住んでる。

こいつのセキュアを漁れば装備くらいあるだろう。

2019y10m24d_203116976


お、このランタン悪くないな。
抵抗値も25・50・51・44・51・・・ま、まあなんとかなるだろ。

ここで装備を整えた俺は船を王都ブリテインに向けて出航した。

2019y10m23d_221026122


途中、カリュブディスの討伐船とすれ違ったが・・・・いつ見てもデカイねブリタニア級は。

俺が王都に来たのはイヤリングを手に入れるためと情報収集のためだ。

ん?何のイヤリングかって?

タダで綺麗な碧いイヤリングが貰えるクエストがあるんだ。
俺は乞食クエストと呼んでる。誕生したばかりでも出来るのでコイツはお勧めだ。

2019y10m23d_221337691


お宝も手に入れて、あとは情報収集。

2019y10m24d_001159580


キャッツレアには誰もいなかったので、銀行前に座っていると・・・

「海賊っぽい人がいる!」
「海賊?」
「海賊流行ってるなあ」

などと言われるが・・・

『海賊っぽいてのは心外だな』
『俺は海賊さ。俺を知らんのか?』

「知らないな」

『そりゃそうだろ、今知り合ったんだから』

「・・・・」

なんて雑談を交わしていたら

「おいこれを恵んでやるぜ」

と、あやしい格好で海賊帽をかぶったやつがGpを放り投げてきた。

『おいちょいと待ちな、なんだこれは?』

俺が今欲しいのは金じゃない。

『酒だラムをよこせ』

「おう酒か待ってな」

その怪しげな奴は「ほれ」と言って最新の酒の瓶を渡してきた。

うむ、ラムでこそないが悪くない。
なんといっても手に持てるってのが気に入った。

この怪しい奴の名はCaptain Jordan

俺と同様、名前に「Captain」の称号を持つ者だった。

                                    つづく


captainzaki at 21:17|PermalinkComments(0)clip!

October 12, 2019

海賊とカボチャとハロウィンと

ヨーホー!

ハッピーハロウィン!!
(というには少し早いが)

トレジャーオブザシ―とやらが来たと言うので短い航海ではあるが出航した。

さて、今回の航海は目的地がばっちり決まってる。

行く先はジェローム沖の海賊多発地帯だ。

何でもこのあたりの海域に、カボチャのマスクを被り、カボチャの飾りを付けた海賊船が出没しているそうじゃないか。

そんなふざけた海賊がいてたまるか。

きっと目撃した奴は質の悪いラムでも飲み過ぎておつむがイカれたんだろう。
なんてラムを煽っていると・・・

いた!

こいつは驚いた・・・

確かにカボチャ海賊だ・・・

思わず我が眼を疑っちまった。

ふむ、豚くさいオーク共より笑える分ましかね。

と言う事で戦闘開始。

2019y10m12d_173318932



お前さんところのクルーは全滅した。降伏しろ・・・って、無理だよな。


ま、笑わせて貰った分、海賊として弔ってやるよ。

2019y10m12d_180207779




カボチャ海賊船は沈めたが、肝心の冒険者の船がまったく見当たらない。

海域の狭いトクノの海が人気だというのなら行こうじゃないか。


うーむ、いつ来てもこの海は狭いし、孤島は多いし、岩礁はたくさん突き出てるし・・・

!?!

ほほうさっそく冒険者の船発見だ!

2019y10m12d_171100649



船名無し。

孤島に接岸し休憩中ってとこか。

それならさっさと船倉のお宝頂戴しようじゃないか。

砲撃開始!

2019y10m12d_171308122



積荷は頂戴した。あばよ!
2019y10m12d_171406123


まあ、こんなもんだな。

インゴット数千個、弾薬少々・・・・



久しぶりの航海にしちゃ悪くなかったね。



では近いうちにまた!

2019y10m12d_172648975


ヨーホー!!








captainzaki at 19:20|PermalinkComments(0)clip!

September 13, 2019

海賊再び



ほう、今年のハロウィン、なにやら海がアツくなりそうじゃないか。

トレジャーオブシ―とは政府もなかなかどうして粋な事してくれる。

しばらくの間、まともな航海してないから、ちょいと肩慣らしってことで海へ。

航路はアジトからジェローム経由。

今回は商船やらオーク海賊どもはスル―だ。

特筆すべき事態も起こらず、目的地であるジェロームに到着すると・・・


2019y09m13d_163849231



・・・Red Bull号の船長君、こんな所に停泊放置するのは危ないぜ。

それじゃまた。ヨーホー!


captainzaki at 17:48|PermalinkComments(0)clip!

March 24, 2019

海賊とオウム

2019y03m24d_172205121



なにやら海が騒がしいと思ったら

新しい政策(PUB104)が始まったらしい。

ということで出航したのだが・・・

・・・・うむ、オウムだ。



今回は中身が忙しい様子なので、結果だけ航海日誌に綴ることにする。





captainzaki at 21:24|PermalinkComments(0)clip!

January 15, 2019

今年の初航海2019

ちょいと遅れたが、明けましておめでとう?

俺はいつだって出航準備できちゃいるが、中身がリアル多忙でなかなかこっちに来れない。(INできない)

さすがに、前回の記事から半年近く(もっとか?)更新してないってのはアレなので
今回は少しばかり航海することにした。

と、いうわけでいざ!
2019y01m15d_143958270


うーん、いつもながらにブラック・エルの舳先に立って浴びる潮風は最高だ。

せっかくの航海だから、お宝の1つでも持ち帰りたいとこだが・・・

なんて水平線を眺めていたら
2019y01m15d_144440147


いた!

まあ、たしかに船はいたが。

船倉空っぽなうえに、見覚えのある船名だったのでスル―。

この船、去年もここらに停泊してた気がする。

積荷がないから、わざわざ弾薬無駄にしてまで沈めようと思う奴はいないだろうが、

gpが船底にくっついてるフジツボ程度の価値しかない一般の破片世界ならともかく、

物価の高い無限では、ガリオン級1隻って結構なお値段だとおもう。

海賊の俺が言うのもナンだが・・・
せっかく船名まで付けてあるんだから腐らせないようにな!

とまあ、そんなお節介なことは置いといて、今年の初航海だが・・・

海の女神は微笑むことなく、何事も無く、ほんとにまったく何事も無く!・・・帰港。

ま、それなりに楽しかったので良しとしよう!


追記

2019y01m15d_151954165


海賊砦のストレージがちょいとヤバい状況になってきた。
倉庫に溜めこんだお宝(?)を、ベンダーで売りに出したいんだが、海沿いで店やってる美人オーナーさんで、俺のベンダー立てさせてくれる人を募集中。

もちろん謝礼はするよ!







captainzaki at 16:22|PermalinkComments(2)clip!
Profile

Captain Zaki

カテゴリ別アーカイブ