カー速! ~2ch車・バイク情報まとめブログ~

過去ログから気になったスレをまとめてます。速報性皆無><




「頭文字D」のドラテクはホントに可能なのか?「溝落とし」「ジャンプ」…プロに聞いてみた

不知火(catv?)@\(^o^)/[ageteoff] 2015/12/30(水) 18:43:25.65 ID:82lw7h3A0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/imanouchi_2.gif
映画化されるなど大ヒットした“走り屋”と呼ばれる峠道の公道を車で速く走る若者たちの青春を描いた漫画
「頭文字D(イニシャルD)」(しげの秀一作・講談社)。この作品は、群馬県・榛名山がモデルといわれる
「秋名山」を舞台とした物語。主人公・藤原拓海が、車好きの親友・武内樹(いつき)や、「公道のカリスマ」と
呼ばれる高橋涼介らとの交流を通して、走り屋として覚醒、成長する過程を描いている。

今や“走り屋のバイブル”といわれる「頭文字D」は、華麗なドライビング・テクニックが作品の主軸となっている。
ここで気になることがある。はたして、作中に出てくるドライビング・テクニックは本当にできるのか。

舗装された公道の峠道で急カーブを曲がる際、降雪地域用の路肩の側溝にタイヤを落として素早く曲がる
「溝落とし」や、栃木県日光市の高低差が激しいヘアピンカーブで知られる「いろは坂」で車をジャンプさせて
早く曲がるといった“ワザ”は、素人ならずとも本当にそんなことができるのかと思わずにはいられない。

そんな率直な疑問を本作に登場するトヨタ・スプリンタートレノの製造元・トヨタ自動車やカーレーサーなど自動車
業界関係者、そして走り屋にぶつけてみた。

まずはトヨタ自動車を直撃したが、その返答は「回答は差し控える」とにべもない。しぶる担当者を説き伏せて、
どうにか得たのが次のコメントだ。

「どの車種でもありとあらゆる想定でのテスト・ドライビングは行っています。ただし、その個別具体的な内容に
ついてはお答えできません」

長文略
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151229-00000005-sasahi-life
btn_readmore

前に何台も車がいるのに最後尾にぴったり貼りついて怒り狂ってるバカって何なの??

名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 20:08:38.76 0.net
俺に怒っても仕方ないじゃん
前何台もいるんだから先頭の携帯番号を探偵にでも調べてもらって直接言えよ


btn_readmore

【動画】4万円で買った軽自動車を採算度外視でリフレッシュ

廃車にされるはずのスバルヴィヴィオにRX-Rのエンジンミッションを載せボディ補強・その他リフレッシュ



【動画】バス運転手にクレームをつける老人に乗客のバスヲタ集団がブチギレ→老人を無理やり降ろす

断崖式ニードロップ(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 16:21:47.54 ID:+/BfY+wR0?2BP(1500)
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
老害 VS イベント帰りのバスオタク
https://twitter.com/3rdJCG/status/776968773626540032
11:19 - 2016年9月17日

フル動画
https://www.youtube.com/watch?v=PsRDZpUnSVA
btn_readmore

【HV vs非HV】トヨタシエンタとシエンタHVの実燃費で比較すると、HVで元を取るには18万kmの走行が要

ネックハンギングツリー(catv?)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 17:29:04.51 ID:Nx2hwQtD0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_sii_naname.gif
今回は、TOYOTAの『シエンタ』で比較してみましょう。2015年に新型が発売され、
ハイブリッド車とハイブリッドではないタイプの2グレードがある人気のファミリーカーです。

金額差はおよそ35万円。燃費の差は7km/Lです。

ただご存知のとおり、燃費はあくまでもカタログ値で、実際とは異なります。そこで実際の燃費を、
『e燃費』というサイトで調べてみました。
もちろん乗り方によって燃費は大きく変わりますが、平均を見ればおおよその参考にすることはできます。

さて、調べてみると、2タイプの燃費差は「3.67km/L」だということがわかりました。
ハイブリッドグレードは「17.51km/L」、そうでないグレードは「13.84km/L」という結果だったのです。

レギュラーガソリンの価格が1l@108円だとすると、ハイブリッドグレードは1km@6.16円。
そうでないグレードは1km@7.82円です。1kmあたり1.66円ハイブリッドグレードの方がトクになります。

購入時の差額35万円を1.66円で割ると、210,843km。
つまり燃費だけ計算すると、21万km以上走行してはじめておトクになるのです。

でも、1台の車を21万km以上も乗るでしょうか?

■税金で比較しても大してメリットはない?
ハイブリッドグレードは、自動車取得税・自動車重量税は免税、自動車税が75%減税です。
一方のノーマルグレードは、自動車取得税が60%、自動車重量税が50%の減税となっています。

そこから計算すると、

<自動車取得税>
1,980,327円×1.2%=23,764円

<自動車重量税>
新車登録時3年 11,200円+初回継続車検 15,000円=26,200円

合計49,964円だけ税金を多く支払う計算になります。自動車税は同じ75%減税ですから税金的にはイーブンです。
つまり税金面では約5万円支払いが少なくなりますから、35万円-5万円=30万円。

30万円÷1.66円=180,722kmですから、約18万km以上乗るのであればハイブリッド車がおトクということになります。
http://suzie-news.jp/archives/17247
http://suzie-news.jp/wp-content/uploads/2016/06/hy01.jpg
http://suzie-news.jp/wp-content/uploads/2016/06/hy02.jpg
http://suzie-news.jp/wp-content/uploads/2016/06/hy03.jpg
btn_readmore

最低10年以上乗らないと元がまるで取れないハイブリッド車を買ってる奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:15:26.187 ID:PuypM/ij0.net
おまえはメーカーに騙されてるよマジ


btn_readmore