2018年02月15日

TOYOTA GRスーパースポーツコンセプト発売予定年

現在 WEC/ルマンカーに参戦している

レーシングマシンTS050 HYBRIDと

ほぼ同じ主要パーツを使用し

エンジンは

V型6気筒直噴ツインターボチャージャー

2400cc

パワーユニットは

最高出力735kw/1000ps

THS-R=トヨタ ハイブリッドシステム・レーシング搭載

(高効率EVシステム×希薄燃焼エンジン

2018 2月現在熱効率50%を実現

この50%は驚異的でプリウス カムリで41%

火力発電所をつかって生み出されたピュアEV

と同等。

短時間で大電流をバッテリーに貯められ

モーターのブーストとして出せるようになった。現在ブレーキ回生とのバランスの調整の研究開発中)

ホイールは前後18×13J

乗車定員数2名

2020年発売予定で

価格は7000万ほどではないかと

いわれている。

シュミレーターなどで研究開発しているとのことで

トヨタのAI技術力も活かされているのではない

かと思われる。

市販化が楽しみである。

CARトップ (カートップ) 2018年 3月号 [雑誌]
CARトップ編集部
交通タイムス社
2018-01-26










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
caracalz at 22:31|PermalinkComments(0)

2018年02月09日

レクサスGS F 10周年特別仕様車

全体的にカラーは

マットで 渋く 個人的に

感じるのは究極の和のイメージ

日本の伝統工芸のような

洗練されたカラー。

食物連鎖のような三角形の

図の中には

頂天がレクサスLFA

ついで レクサスGS F   RC F

その下にF SPORTとなっている。

内装はブルーの本革をあしらって

あったりFのシンボルマーク。

チタンマフラーは

軽量で この特別仕様車に

特別なマフラーサウンドを

奏でてくれる。

リヤデイフューザーは

カーボン製。

ホイールは鍛造アルミホイール

ブラック塗装。

ブレーキキャリバーもブルー。

ブルーステアリング。

ブルーシフトノブ。

アルカンターラブルーの

運転メーター上部のスペース。

シートベルトもブルー。

パフォーマンスダンパー。

価格は消費税込み1550万円(2018 年1月)

しかし25台限定販売なので

既に売りきれている

可能性があり。

レクサスのホームページを

確め 確認してもらえれば。

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
caracalz at 23:54|PermalinkComments(0)

2018年01月27日

次期 フェアレディZ35

グリルは NISSANが最近 強調

している シルバーのブイモーショングリルが

採用される見通しである。

トヨタは強調的なグリルを

使用しているが

NISSANは シルバーの

グリル ガーニッシュで

強調するようだ。

新型のGT-R も この

Vモーショングリルを

採用されるもよう。

現在はNISSANエックストレイルの

グリルがそれである。

基本は悪魔のゼット

S30Zをテーマに

最新のスタイリッシュスタイル

マッチョでありながら

コンセプトカーに近いフォルム

個人的には次期フェアレディZは

トヨタのスープラを

ライバルとしているとのことで

スタイルやカラーは

相当 煮詰めてくるのではないかと

思われる。

一時期はトヨタ以上に

近未来的デザインやフォルムで

他を圧倒していたが

レクサスの最高級クーペなどに

あきらかに 遅れてしまったニッサン全体のデザイン

今回のフェアレディZ 次期型で

デザインも確実にレクサスや

ホンダNSXなどのデザインに負けない

洗練されたフォルムデザインとして

登場させると 感じている。

馬力は400馬力前後

価格は現在シビックタイプアールなどの

価格設定やスープラと

価格を合わせてくるとみて

やはり500万円前後ではないかと

個人的に予測している。

またスバルもWRXstiを近く 

フルモデルチェンジして

登場させる予定で

GT-Rも そろそろ チェンジ近いと思われ

スポーツカー全流れが また熱い!♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
caracalz at 22:29|PermalinkComments(0)

2018年01月19日

ヴェルファイア インプレッション(ショールーム)動画

驚いたのが これほどまで 豪華な内装だとは

知らなかった。

今までの印象では 中はエスティマなどの

感じだと思っていたが

まるっきり高級車の内装。

手をのせれる左の収納ボックスをかねた

左手をのせれるコンソールボックスは

大人の手が二人ぶんのせれる大きさ。

シートもどっしりと していて

座ると まるで 応接間のシート

ウッドもパネルで使用されていて

上にはサンルーフがついている。

しかも 後部席の方にもサンルーフが

ついている。

ハンドルから前のフロントガラスとの

間はかなり 広く

そこに ものでも置くことさえできそうな

スペース、実際は危ないので

置くことは絶体ないが

スペースがあり

フロントガラスとの間の圧迫感はゼロ。

ハンドルの右横には

そのスペースの広さからか

ドリンクホルダーが

棚の上に置かれたように

設置されている。

手を置くコンソールボックスの中はかなり

奥行きがあり深さもスペースも広い。

後部席も専用のエアコン設定のできる

パネルがついていて

室内を明るくする照明はボタン調節LEDランプである。

後部席 上部には後部席一帯を常に照明がある

ブルーライトのラインが光り

イルミネーションのごとく

洒落ている。

当然、後部席は広さも抜群で

これは ベンツの広さなどよりも

広い上部

個人的に例えるなら、

ほぼ、飛行機で言えば一番高級な

クラスのシート

なんの不満もない。

この後部席に座ると

ベンツなどの後部席では

不満になるほど 広い。

エンジンもガソリンレギュラー車(実用的パワー)と

ガソリンハイオク車(ハイパワー車)、

レギュラーガソリンのハイブリット車(エンジンと電機でハイパワーと同等)

とある。

燃費はやはり ハイブリット車なので

今後、実用的に

のり続けるならば

ハイブリット車の燃費18ほど(ガソリンエン

ジン車の燃費は11ほど)のが良いか。

なぜ、アルファードやヴェルファイアが

人気あるのか

理解できた 内装であった。

https://youtu.be/HStzdutw7LM

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年01月15日

車の後ろに貼る 家に猫がいます マグネット

よく車の後ろに

赤ちゃんのってます

などの

マグネットステッカーを

見かけるが

こちらは猫好きには

たまらない かわいい

マグネットステッカー♪

家に猫がいます♪

はじめて Twitterで見た時

かなり 面白いと感じたアイテム♪





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
caracalz at 22:21|PermalinkComments(0)