TOYOTAのマークXは生産終了せずに残した方がいいと考えるフェアレディZのロードスターはやめるけどフェアレディZは売り続けるということ

2019年07月10日

新型のGRスープラを見てきた感想 ボディ剛性は86の2.5倍レクサスLFAより剛性高い

車内は

広くもなく狭くもなくで

ドライビングするには

不憫を感じず

室内のインテリアは

質感が高い 

スパルタンなど

昔言われていたスポーツカーの

内装とは真逆の質感の高さ

シートもしっかりとしていて

座り心地もいい

後ろのリアラゲッジルームと

室内がつながっているので

圧迫感が

少ない

高級スポーツカーの内装

外観も流れる丸みを

帯びたフォルムで

デザイン制度の高さが

見れる

ボディーのツヤ感が

キレイ

タイヤは 大きいサイズ

をはいている

ホイールのデザイン制も

高い

乗った瞬間

欲しいと思える質感

レクサスLFAよりも

0~100km/h加速 が

速いことに

凄さを感じる




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TOYOTAのマークXは生産終了せずに残した方がいいと考えるフェアレディZのロードスターはやめるけどフェアレディZは売り続けるということ