トヨタ ヤリスクロス 一言感想北京モーターショーでハイブリッドの優遇 2割減見込みだが日本の車に需要見込み高まる

2020年09月20日

TOYOTA GRスープラRZプロミネンスレッド感想

全体的には

BMWのプラットフォームなので

カッチリとシッカリしたなつくりに

なっている


全体的なデザインは

日本車の中のデザインでは

一番コンセプトカーに

近いスタイリングで

数十年前のカーデザインからは

想像もつかないほど

流線型の未来カーとなった


走行性能も高く

現在のスーパーカーの中でも

トップレベル


内装は つつまれ感と

ホールド性能が高く

高性能なデジタルやディスプレイを

装備

天井にかんしては

それなりの

クリアランスだが

スペースとしたは

一世代前のスポーツカーからしたら

広くなった


後部席は

なくなったが

そのぶん

車両重量も

おさえられている


後部のラゲッジスペースも

一昔前のスポーツカーに

くらべたら

圧倒的な広さ

世界のマクラーレンやフェラーリなどに

くらべたら

圧倒的な広さを

ほこる

世界のスーパーカーを

買うならば

実用性プラス

楽しさを

考慮しても

圧倒的なコストパフォーマンスが

新型スープラには

あると

断言できる




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
caracalz at 14:04│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
トヨタ ヤリスクロス 一言感想北京モーターショーでハイブリッドの優遇 2割減見込みだが日本の車に需要見込み高まる