3e0f39ab.JPGそしてお次は輝きの海へ(笑)。

布市場でタクシーに乗ったのは4時半頃だったように思う。分乗した私達が向かったのは紅橋市場だ。以前は地下1階が魚介市場だったが現在は既に撤去され工事中だ(全て観光用の土産物市場になるらしい)。ここにはもうひとつのお目宛の店がある。

紅橋市場と言えばやはり真珠だろう。別名パールマーケットとも呼ばれ、3階より上のフロアはずらりと真珠を並べた店が立ち並ぶ。3階はブース式、4,5階は店舗を構えた店で、この4階に私達の行きつけの真珠店がある。とは言え値段も手頃で普段着ける様なカジュアルなものもたくさんあり、私達が買うのはもっぱら数十元の辺りだ。今回じゃすみんさんのつけていたアクセサリが余りに可愛かったので、御揃いで欲しい!との声をじゃすみんさんは快諾してくれた。いつもありがとうございます(笑)。

大きな袋からざらざらと出されたのは大きさも種類も様々の半貴石だ。様々な水晶、メノウ、淡水真珠に翡翠、トルコ石等等、全て糸を通す穴が開いている。これらを適当に選んで好みのネックレスを作ってもらうのだ。
全て違う色で作っても良し、イメージカラーで仕上げるも良し。私はトルコ石、翡翠、淡水真珠をメインに選んだ。店員の小姐達はこれに細い針金を通して丸ピン状にし、ひとつひとつ繋げてネックレスにしていく。勿論石のバランスも考えてくれ、あれこれ並び替え石を選り分けていく。30分ほどかかるので(4人で頼んでしまった!)その間に店内を物色し、気に入ったものは値段を聞いて行く。

結局私は小さなパールにトルコ石と貝の花のついたブレスレットと、シルバー製のチャイナチックなチャームでピアスを作ってもらった。数種類の中から鳥籠を選んだが、なんとこれは中に小さな小鳥が入っているのだ!
シルバーは量り売りのため、重さを計って値段を決める。値段もお手頃でこれは友人へのお土産にも良いかもしれない。…次の帰国は1年以上後なのだが(笑)。

しかしこのネックレス、私はブルーで作ったが秋冬向けにもうちょっとシックなものも欲しくなってしまった。また作りに行こうかとひそかに考えていたら、同行した友人も同じ気持ちだったらしい。また友人達とあれこれ選びつつ出かけてみようと思う。

パールショップ鳥かご