豆腐を「1日1丁」は食べ過ぎ?2丁、3丁は?

毎日、豆腐を1丁食べる。

森永乳業 絹ごしとうふ 290g 24個入
森永乳業
売り上げランキング: 6,543

こちらのクックパッドの「豆腐1丁は何グラム」という記事によると、「丁」の明確な定義はないようですが、大体300~400gぐらいの重さを表すようです。

1丁300グラムとしても、結構な量ですよね。

僕も昔、大きめの豆腐1丁を一気に食べたことがありますが、それだけでお腹がいっぱいになってお腹が張ってしまってちょっとしんどかったことを覚えています。。

とはいえ、一般的には豆腐は「めっちゃ健康的な食べ物」のひとつとしても知られていますよね。

だから、健康維持のため、またはダイエットのために「豆腐をたくさん食べる」ことをしている人もいるかと思います。

じゃあ、1日に豆腐を1丁丸々食べる。

これを毎日続ける。

これって食べ過ぎ?

もしくはもっと多く、1日に2丁食べる、3丁食べる。

これを毎日続ける。

これってやっぱり食べ過ぎ?

続きを読む

【レシピ】虫歯になりにくいおやつってどんなの?

子供がめっちゃ虫歯になりやすい、と悩む親御さんも多いと思います。

僕自身も子供の頃は虫歯だらけでした。

小学生から中学生、高校生にかけて卒業するまで歯医者さんに通い続けていたような記憶もあります。。

なぜそんなに虫歯になるのか。

遺伝的に「虫歯になりやすい・なりにくい」というのはあります。

ただ、「虫歯になりやすい体質」だったとしても、そうならないための努力をすれば虫歯を防ぐことは十分に可能だと思います。

じゃあ、どんな努力をすればいいのか。

やっぱり虫歯の根本的な原因は「食べ物の質」です。

歯磨きよりも絶対的に食べ物のほうが歯に与える影響度は大きいと僕は思っています。

その中でもよく言われる「砂糖」はやはりなるべく避けるべきものではないかと。


ある程度気をつけて食べ物を選んでいかないと、あらゆるものに砂糖が使われていますから、あっという間に砂糖のとりすぎになってしまいます。

もちろん体質的な違いはそれぞれあるので、砂糖を日常的にたっぷりと摂取していても、ほとんど虫歯にならない子もいます。

でも一方で、ちょっとの砂糖ですぐに虫歯になってしまう子もいる。

僕は完全に後者でした。

今現在、虫歯だらけになっている子どもたちも、人一倍糖分に弱くて虫歯になりやすい体質なのだと思います。

なので、手作りおやつを我が子に作ってあげるときには、なるべく砂糖不使用なおやつをつくりたいところ。

砂糖の代わりとなる、「虫歯になりにくい甘味料」としては「エリスリトール」があります。

これは糖アルコールの一種であり、糖アルコールの中でも唯一血糖値をあげない甘味料としてもおなじみ。

虫歯菌の餌にもならないエリスリトールでもありますから、子供のための健康的なおやつ作り時の甘味料として最適。

ということで、クックパッドで見つけたエリスリトールを使ったおやつのレシピをいくつか紹介しておきます。

続きを読む

【子供】お菓子やソーセージ、ウインナーなどの添加物、気にしすぎ?

子供の普段の食事、おやつに含まれている「食品添加物」。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1,745

ソーセージやウインナー、ハムなどは特にいろいろな添加物が含まれているとよく聞きますし、その他加工食品やお菓子類、甘いもの、菓子パンなどの裏面の材料表示をチェックしてみると、聞き慣れない言葉がずらりと並んでいますよね。

となると、こういった添加物がたっぷりの加工食品を日常的に食べるとなると、やはり親御さんとしては子供たちの健康面が心配になってくるかと思います。

でも、周りにこういった話をすると「ちょっと神経質すぎない?」と言われたりもしますよね。

僕の周りもそうですが、食べ物の添加物とかを気にしている人たちって、実はたくさんいますが、自分の周りを見渡すと、たいてい少数派になってしまっていると思います。

だから、誰にも相談もできずに悶々と悩んでしまう。

この問題、どうしたらいいでしょうか。

続きを読む
QRコード
QRコード
管理
  • ライブドアブログ